フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2004年12月 | メイン | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月31日 (月)

1月31日の日記

職場で担当しているいろいろな世話役に圧迫されて
ぜんぜんトークの準備ができません_| ̄|○
非常にヤヴァいかもしれない。
今週いっぱいはやることが多すぎて、また不眠の日々が続きそう。
節分祭にお参りに行けるかも心配になってきました。
今日で1月もおしまい。はやいもんですね_| ̄|○
そういえば、「実録鬼嫁日記」が今日発売でした。
「電車男」みたく結構ヒットする予感。

2005年1月30日 (日)

1月30日の日記

来月2日に別件でまたトークをすることになりました。
月・火しか準備期間がないやん!!
他にも用事がいろいろあり、また地獄の日々が始まります。
・・・なんとかならない?_| ̄|○

競輪祭最終日レヴュー

内林が優出して俄然気合も入る競輪祭(GI)の決勝。
久々に向日町競輪に出かけてきました。
選抜から参加し、3Rはアテネ組を切って外したものの
4R、5R、6Rと2車単を3連続的中。
ところがその配当はすべて1番人気で580円、590円、470円と
まったく浮上せず_| ̄|○
そうかと思えば、7Rは大荒れで3連複が84通りの84番人気で決定。
こんなの当たるわけがない_| ̄|○
そして再び8R、9Rがそれぞれ810円(2番人気)と590円(1番人気)。
押さえてはいるものの、7レース中5レース当てているのに
トータルでマイナス
という散々な状態でした。
まあ、10Rは吉岡→岡部をクリーンヒットさせてようやく浮上。
これが1,850円もつきました。今日の目玉商品ですた。
さて、決勝11R。脚見せから�内林が不穏な動きを見せ、混戦必至。
予想は、まあ�神山次第かなと。神山がGP権確保のために勝ちに行くか、
それとも、�後閑のタイトルのためにドカンと行くか。
�山田が�加藤に「勝つ競走をしろ」とのコメントだったので
(かつ、加藤は昨日のレースで�幸二に義理は果たしたので)
加藤が捌きのレースをすると考えると
�慎太郎や�望月にも勝機が出てくるわけで
・神山が勝ちに来た場合
 �→�、�→�、�→�、�⇔(���)
・神山がドカンの場合
 �→(����)
と考えたのですが、やはり神山も今年のGP権が欲しかろうってことで
前者を採用しました。
結果は・・・、神山も大人になったなあ・・・(しみじみ)
�神山渾身のドカンでヤ○ザ顔�後閑がとうとう特別(GI)初制覇!!
2着に�加藤。�→�かあ・・・獲れてたなあ・・・_| ̄|○
�内林は・・・ジャンでの�慎太郎発進に合わせて
加藤の番手を獲りにいったが�山田と絡んで自爆しますた_| ̄|○

そんなところで、群馬の後閑が悲願のタイトル獲得。
過去に共同通信(GII)を2勝(昨年の内林とおんなじだ)。
いつタイトルを獲ってもおかしくなかったのですが、
内林の13度を超える特別優出14度目の正直となりました。
“競輪王”本当におめでとうございます。

2005年1月29日 (土)

1月29日の日記

15年来乗っている愛車があるのですが、
最近ハンドルを切ったときに物理的な異常音がするので、
今週の頭に修理に出しました。
原因はフロントのドライブシャフトが壊れているとのことで、
ドライブシャフトの交換をしてもらいました。
もうそろそろ車を買い換えたらどうですか?と言われましたが、
今日修理から帰ってきてはじめて乗ってみてもまだまだ快適。
やはり愛着もあるしどうしようかなと思案しています。

競輪祭3日目レヴュー

そして本日の競輪祭(GI)3日目は準優戦(準決勝)。
10Rはきれいな3分戦。
ここまで捌いて勝ち上がってきた加藤が果敢に先行。
岡部の踏み出しが遅れ、佐々木則幸の捲りも不発。
結局、加藤の番手・山口幸二が差し切り勝ち。
加藤が2着に残り、加藤−幸二の岐阜ラインにつけた川口が3着。
川口はこれがGI初優出。岡部は惜しくも4着敗退。
11Rは混戦模様。
ホームで稲垣が逃げ、吉田が先行追走。
このとき吉田の番手・山田が大きく離れてしまい、
山田が吉田と別線から捲るかたちとなる。
山田の後ろにつけた神山が漁夫の利を得て1着。
神山の番手・後閑が2着、山田3着に残る。
12Rは3分戦、地元の声援を受けて吉岡登場。
ジャンから市田が果敢に逃げるも、このとき吉岡の3番手・望月が
市田のラインに切り替え。これで吉岡は一瞬行き場を失い、
結局は市田からのラインが上位独占。
逃げた市田は力尽きるも、市田の3・4番手の佐藤慎太郎と望月が1,2着。
最後まで市田を庇った番手の内林が3着に滑り込み、
昨年の全日本選抜に続くGI2連勝の権利を得た。
吉岡は惜しくも4着敗退。主催者は青褪めたことだろう。

ということで、明日の優勝戦(決勝戦)の面子が決まりました。
岐阜勢が�加藤−�山田−�山口幸二と並び、
関東も�神山−�後閑−�川口で問題なし。
問題は�内林�佐藤慎太郎�望月の位置がない。
内林は中部の4番手からのレースとなりそうだが、
明日は激しい展開となるでしょうね。
個人的には10Rの特別優秀のほうが面白そうに思いますが。

“競輪王”の称号、
そして今年最初にグランプリレーサーの座を手に入れるのは誰か?
ただいま、どこで見ようか検討中です。

競輪祭2日目レヴュー

昨日の競輪祭(GI)2日目についてです。
二次予選6Rは気風よく逃げた伏見の番手・後閑が
4角手前であっさり伏見を捨てて1着。
伏見は4着となり脱落。やはり地区が違うと容赦ない。
このレースは滋賀の渡辺一貴も出場、
全日本で内林をタイトルホルダーへと導いた高城の番手につけるも、
高城が伏見に完封され、一貴も8着敗退。
7Rは注目のスケート武田がまったくいいところなく脱落、
番手につけた小橋がその煽りをもろに食って敗退。
中国ライン、中部ラインそれぞれの番手の三宅伸と山口幸二が1,2着。
8Rは捌くレースが非常に上手くなった加藤が関東の後ろから差し切り。
神山は3着に残るものの、山口富生、齋藤登志信が敗退。
9Rは先行日本一・村上義ボンが大逃げするも最後タレて4着。
番手の内林は2着で準優戦へ勝ち上がり。勝ったのは星島。
10Rはお膳立て番組を吉岡が快勝。
11Rは小野が落車お帰り。今場所、ベテラン坂本勉が大活躍で
この日は望月と連携し、望月が差し切り勝ち、坂本も3着。
こんな感じで、二次予選組の昨年グランプリレーサーのうち
準優戦に勝ちあがったのは内林と神山のみで、
吉岡のいる10R以外で1人ずつ敗退するという波乱。
12Rのダイヤモンドレースは佐々木則幸が強烈に捲り切って1着。

2005年1月28日 (金)

1月28日の日記

朝の電車・バスで寝過ごしまくり、
いつもより通勤時間が2倍強ほどかかってしまいました。
今日も雑用で忙しい一日。
PCの調子も悪いこともあり、結構ストレスがたまっています。
まあ、今日から裸婦ラフな服装で、その点はリラックスしてますが。

競輪祭初日レヴュー

小倉戦線異状あり!!ってことで盛り上がってきたのかどうなのか
よくわからないですが、ただいま競輪祭(GI)真っ只中です。

初日は一次予選(1R〜9R;4着までが二次予選進出)と
特選予選(10R〜12R;3着までがダイヤモンドレースへ)。
重いのに高速なバンクは先行有利に動いて、先行が残る残る。
1Rの矢口(2着)、2Rの高城(1着)、3Rの坂上(3着)、5Rの中川(1着)、
7Rの稲垣(3着)、8Rの伏見(2着)、11Rの吉田(1着)、12Rの松岡(1着)と
逃げた者が車券に絡み、二次予選はかなりの先行が揃うことになった。
そんな中、一次予選組では地元の英雄・吉岡が
番組屋が気を利かせたお膳立てレース(9R)を快勝。
我らが滋賀勢は内林・渡辺一貴とも薄氷を踏む4着で二次予選進出。
本日の2日目は二次予選(6R〜11R;3着までが準決勝進出)と
全員準決勝進出のダイヤモンドレース(12R)。
二次予選は波乱の連続となりました。
続木_| ̄|○続きはまた明日に。

コーヒーメロン食いたい

昨日、道案内係(って書くとまた怒られる)に連れていってもらって
梅田スカイビルのシネ・リーブル梅田
「銀のエンゼル」を見に行ってきました。
一応ハートウォーミングなお話で、
年齢だけは確実にオッサンに近づいている者にとっては
なんとなくうだつの上がらない父親の心情がわかるような気もして
非常に面白く感情移入して見たわけですが、
よくよく考えてみると蛇足なサイドストーリーも多くて
(コンビニにはいろいろな奴がくるというのを
 表現したかったんだろうが)
実は小日向文世氏の演技だけでもっていた映画だったのでは?とも
思ってしまうような作品でした。
そう結論してしまうくらい、小日向さんは素晴らしかった。
頼りなさと誠実さが滲み出ていました。
映画初主演だそうですが
   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//


個人的には村上ショージ氏もツボでした。
あと、ローソンがどれだけお金を出しているか
ものすごく気になりました。どうでもいいですが。
映画の帰り、高いビル(阪急?)の上で鰻をご馳走になりました。
道案内役だなんてむっちゃ失礼ぢゃないか。
むちゃくちゃ美味かった〜

2005年1月27日 (木)

1月27日の日記

今日締切の原稿は少しタイムオーバーしたとはいえ何とか仕上げ、
夕方から梅田に出て映画を見てきました。
その内容や評価についてはまた明日にでも。
今日からいよいよ競輪祭(GI)。
滋賀勢は内林、渡辺一貴とも一次予選が4着で、
初日早々薄氷を踏む思い。
ぜひとも頑張って欲しい。