フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2005年8月 | メイン | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月29日 (木)

もう先走っちゃう

いま外出先から職場に戻る。
5-0でリード。
ネットが混む前に叫んでしまおう。
優勝バンザーイ!!

2005年9月26日 (月)

へなちょこセカンド

6wrnxle3 久しぶりにこのブログのアクセス解析を見ると
エントリー別アクセスランキングで
へなちょこの話がベスト10にランクイン。
今月14日に2ndアルバムが出た影響が
出ているのかな?と思っています。

さて、Hazel Nuts Chocolate
その2ndアルバム「Cute」なんですけど
なぜここまで話題にしなかったというと、
個人的には“イマイチ”やったんです。
1曲目の「ハロー」はかなりいい曲で
ものすごく期待をしたんですが、
最後まで、この曲を超える印象のある曲がありませんでした。
ちょっと残念。
1stでは「人生讃歌」で号泣したほど心にくるものがあり、
それと比較するとやはり2ndは評価が難しいなあという感じ。
ちょっとハヤシベ色が強すぎるようにも感じました。
でもゆっぱちゃんの歌う「ハロー」はよい。
この曲だけでもけっこう満足。


ハロー ハロー ハロー
ぼくからきみにおくる
ハロー ハロー ハロー
ちいさなプレゼントさ

世界中のたからもの
全部きみにあげたいけど
そりゃあ無理だから
うたうよ 愛のうた

ハロー ハロー ハロー
ぼくからきみにおくる
ハロー ハロー ハロー
さいごのプレゼントさ

世界中の歌っていう歌
全部うたっても足りなくて
へんてこな歌詞で
うたうよ ぼくのうた

2005年9月25日 (日)

9月25日の日記

ボケーッとしてる間に3連休が終わってしまいました。
23日は朝一で墓参りに行き、そのまま仕事。
24日は朝から散髪。2度目の美容院。
夜からアプレ会総会。中華は美味い。
25日は職場で資料整理といろいろな思惑。
そして明日への憂鬱。
伝わらない想い。

2005年9月23日 (金)

ライトコーン

A0dcppb4

日本物理学会も昨日で終了。
今年は「奇跡の年」から100年を祝う、世界物理年
ライトコーンのロゴ、いいっすよねえ。
いかにもアインシュタインて感じで。

2005年9月22日 (木)

9月22日の日記

午後からずっと外出し、多くの距離を移動。
いろいろな迷いのなかで、踏み出す一歩の選択肢の多さと
それぞれの行く末のあやふやさが迷いを加速させている感じ。
ただ、多くの人がこんな自分を応援してくれている。
けして忘れないように。
苦しいのは自分だけじゃない。
身近にいる幾人かも、まだ見えない先について
真剣に闘っているんだ。
みんな、頑張りましょう!!

2005年9月20日 (火)

初芝を知るファンが泣いた日

私が思うに、プロ野球ファンには2種類あります。

すなわち、初芝を知るファンと、初芝を知らないファンと。

初芝は数字で測るものではなく、感じるものです。
チームの順位がどうであろうと
チームと共に戦い、笑い、泣き、怒ることをしないファン、
巨人戦しか見なかったり、
プロ野球は7球団しかないと思っているようなファンに
その魅力は伝わりません。



昨年、プロ野球再編で球界が揺れたとき
“マリンブルーの風”さんが記した至言です。
プロ野球関連のウェブを巡回している方なら
誰もが知っていることばです。
そして、自分はいつまでも初芝を知るファンであろうと
誓ったものです。

初芝が引退することになりました。

長嶋茂雄の一挙手一挙足にマスコミが注目したのと同じように
(正確には「注目する」と現在形にしなきゃいけないところが
 ある意味悲しい話だが・・・)
初芝清の一挙手一挙足に球場に脚を運んだファンが注目する。
それが過去形になってしまうのが本当に哀しい。

幕張のファンタジスタ。その思い出を永遠に。

2005年9月19日 (月)

がんばれヨシオカ

昨日の予想は全然ダメでしたorz
内林も準決勝Bで2着止まり。
ここまで来たら何が何でも吉岡に頑張ってもらいたい。
グランドスラム期待しています。

[追記]9/20 19:12
結局、神山でしたね...
中野浩一が最後まで宮杯を勝てなかったことが
思い出されました_| ̄|○

2005年9月18日 (日)

オールスター準決勝A

11R
グランドスラム狙う�吉岡に頑張って欲しいが
後ろに�小野が付くということで感情的にどうか。
やはり本線は格上の�小嶋−�加藤慎平。
今場所好調の�矢口−�手島で決まる可能性も。

12R
地元の�金子貴志が人気しそうだが、
準決勝の安定感はやはり�武田。
番手の�神山のほか、捲って�海老根、
差し脚鋭い�佐藤慎太郎に注意。

オールスター準決勝B

8R
�小橋vs�兵藤が見ものだが、�渡邉一成はいい迷惑。
しかし1着権利ということで
�佐々木則幸・�松岡も仕掛けが遅いだろうし、
渡邉からの車券が配当的に妙味かも。
個人的には�内林を応援。

9R
昨日無様な競走をした�岡部だが、
それでも3着に入るあたりは脚ができている。
無難に岡部から�山崎。�三宅−�室井が不気味。

10R
�永井−�山内で決まると予想。
これに�坂本の後位から来る�渡邉晴智を絡めて。

2005年9月17日 (土)

ボーダーは24点と20点

オールスター3日目終わりました。
結局、準決勝Aのボーダーは24点、
準決勝Bのボーダーは20点。
内林は予選2走とも2着で24点だけれども
たぶん順位20位ということで
準決勝A(順位18位まで)には残れないようですね。
明日の番組でたら追記します。

[追記]
番組でました。
準決勝Aに進んだ18人のうち、
ドリーム組は7名、オリオン組は2名と
結構な差が出ちゃいましたね。
とくにボーダーの24点ではドリーム組の武田と山田が無事に準決勝A、
オリオン組の岡部とノーシードの内林が準決勝Bということで、
昨年までなかったドリームとオリオンの違いが
今回は如実に表れたようです。
内林も2・2で準決勝Aに上がれないのはつらいところ。
準決勝Bのボーダーは20点で
ドリームからは村上と伏見が準決勝を前に敗退。
またオリオンからも後閑と鈴木が準決勝に上がれず、
稲垣と吉田が失格お帰りと不発でした。