フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« さあ、決まった!! | メイン | 10月20日の日記 »

2005年10月19日 (水)

天一祭り2005・炎の激闘記

10月1日からはじまった天一祭りも、昨日の18日でお開き。
今年はミニミニドンブリプレゼントの復活ということで、
一昨年の実績「ドンブリ2個」の再現をめざして激闘いたしました。

ただ、親しき仲(?)にも礼儀あり。
単にくじが当たればいいというわけではなく、
くじ引き当選は天下一品をリスペクトする過程の結果であり、
その過程を蔑ろにしてはならない。

自分の心の中での厳格なルール、すなわち

1. スープは“こってり”を注文 かつ
2. “全汁”(スープを飲み干す)

天下一品をリスペクトした上で天一祭りに参加するには
この2つのルールは決して譲れないのである。


        てんいちワッショイ!!
     \\  てんいちワッショイ!! //
 +   + \\ てんいちワッショイ!!/+
       ___  ___  ___      +
.   +   \_/  \_/  \_/  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
       (_)し' し(_) (_)_)



10月1日(土)
天下一品の日当日は「並」の無料券配布。
昼は石山店で「大」を食する。
無料券配布ということで店は超満員だったが
1つ席が空いており待ち時間なしで注文できた。
夜は草津店に向かうも、テーブル満席の上
さらに待っている人もたくさんおり、
草津店は諦め、栗東店へ移動。
「よくばり定食」(コロッケ・ミンチカツ・唐揚げセット)を注文。
実はこの日が“1日天一2食”初体験で、
なんとか無料券2枚をゲット

10月5日(水)
“健康食品”と銘打ってはいるが、
やはり“1日天一2食”は厳しいと身をもって実感。
しばし胃腸の調子を崩すが、5日よりくじ引きに参戦。
一昨年にドンブリを2個(石山店と銀閣寺店)当てたこともあり、
くじ引きを多少舐めていたことも間隔が開いた原因の1つ。
夜に“ホームグラウンド”である銀閣寺店にて「ワンタンメン」。
ファーストドローはハズレ
ハズレくじは次回以降100円割引券として使用できる。

10月7日(金)
昼に銀閣寺店にて「ワンタンメン」。
天一のワンタンメンは本当に美味い。
こってりスープとワンタンがよく絡んで美味いのだ。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月8日(土)
1日に席に着くことができなかった草津店で昼食。
この日も「ワンタンメン」。
銀閣寺店のワンタンメンはワンタンのなかに少し挽肉が入るが
草津店のワンタンは具がない。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月10日(祝)
昼に銀閣寺店にて「ワンタンメン」。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月12日(水)
夜に銀閣寺店にて「ワンタンメン」。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月15日(土)
ハズレ続きであせってきたが、
胃腸の調子が悪いため“中2日”開ける。
昼に御殿浜店に行くが、
注文までの店員の対応が拙く少し不機嫌となる。
御殿浜店は相当大きい店舗なので仕方のない部分もあるが。
(デザートなんかも各種置いてある。)
「大」を食する。
100円割引券使用、くじはハズレ
切羽詰って夜は石山店。2度目の“1日天一2食”。
しかし一昨年ドンブリを当てたゲンのいい店だ。
今回はじめて無料券を使用し「並」を食する。
くじはハズレ。本当にあせってきた。

10月16日(日)
昼に銀閣寺店にて「ワンタンメン」。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月17日(月)
胃腸がダルいが、気を振り絞る。
気分と流れを変えるため、この日は夜に今出川店へ。
銀閣寺店とは違い、かなり客が多い(同志社の学生?)。
「大」を食する。
100円割引券使用、くじはハズレ

10月18日(火)
ラスト一日。せめて1個でも(あるいはストラップでもいいので)
ゲットをめざして最後の闘い。
火曜は銀閣寺店の定休日なので、昼は仕事を抜け出し知恩院前店に出張。
しかし、店内は席の空くのを待っている人たちで溢れている。
(リュックサックを背負った観光客が多かった。)
仕方なく、近くの祇園店に移動。
ところが祇園店は閉まっている。
あとで調べたら、祇園店は夕方6時より開店らしい。
途方に暮れるが八千代館の前に天一があるのを思い出してさらに移動、
その京極店で「並」を注文。
まさに“場末の天一”という感じで、
エロ映画を見るついでに立ち寄るオッサンの様子が目に浮かぶ。

しかし様子がおかしいことに気付く。
先に食事を済ませた人がくじ引きをしてないのだ。
そういえば、店の周りに天一祭りののぼり旗がない。
どうも、この店では天一祭りは終わってしまったらしい。
ああ、まさに無駄飯(意味がぜんぜん違うが)。
100円割引券は使えた。京極店は並が600円と他店より安いので
ここで無料券を使う必要はない。(セコい?)
そして最後の夜。
3度目の“1日天一2食”、満を持して知恩院前店へ。
「並」を注文。知恩院前店の並は680円、ここで無料券を使えばよいのだ。
金を払わずに食うのもなんなので、ついでに単品の餃子(280円)を注文。
メニューを良く見ると餃子定食(並+餃子+ライス)が950円で
並と餃子だけの単品の和(960円)より安いことに気付く。
こんなとき店員は定食の方を勧めたりしないもんなんだろうか。
そういや隣のテーブルの3人組は
“並3つ、餃子2つ、ライス2つ、・・・〜”のように適当に頼んでたが
こんなんを単品で計算されたらたまったもんじゃないな。
食事を終え、無料券を渡してお勘定。
こちらは餃子代280円を払えばいいだけのことだと思うのだが、
店員はレジで680円に280円を足して、
ここから680円を引こうとして苦戦している。ちょっと考えれば・・・
(おかげで帰りのバスに乗り遅れた。)
そして、ついにラストドロー。
ハズレ。店を出てしばしヘタリこむ。激闘は終わった。

18日間で食した天一は13食。
とりわけラスト4日間で6食。本当に疲れた。
スピードくじは10回引いて、全滅。

反省とまとめ
◎くじ引きを舐めてはいけない。
 自分の“引きが弱い”ことを十分自覚すべきだ。
◎やっぱり“1日天一2食”はきっつい。
◎連闘もきっつい。藤川球児の偉大さがよくわかった。
◎こんなに食っても、毎回天一は美味かった。
 それだけ天下一品は素晴らしいということ。
本当に健康食品かどうかは疑わしいと思ったり。
 あ、でも胃腸は鍛えられたかもしんない。
天下一品へのリスペクトはますます深まった。(お世辞臭プンプン)
◎これを見た天一関係者さん、こっそりドンブリを2,3個まわして下さい。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/366942/16133754

天一祭り2005・炎の激闘記を参照しているブログ:

コメント

もちろん初日(てんいちの日)に無料券ゲットです。その日は、なんと無鉄砲〜天一という、関西最強こってりwヘッダー!鉄腕・稲尾も真っ青のラーメンはしごでした。(翌朝までこってりゲップがでて気持ち悪かったです)

to maaさまコメントおおきにです。無鉄砲は食ったことありません。こんど挑戦してみたいと思います!!

コメントを投稿