フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 10月31日の日記 | メイン | 第2回FLASH・動画文芸祭 »

2005年11月 2日 (水)

高安カップ麺

本日11月2日、風邪はずいぶんよくなりました。
やっぱり、風邪薬は素晴らしいですね。

そんな風邪を拗らせたのは、ひたすら仕事をしていたからでして、
日曜の深夜2時半ごろ(日付は変わって31日の月曜日)、
遅い晩飯を食いに、百万遍の松屋あたりをうろうろしてました。
けっこう薄着で_| ̄|○

帰りにお茶でも買おうとローソンに寄ったところ
入り口すぐにカップ麺が山積みしてある。
なにかしら新しい商品でもでたんかいなと見てみるや、
なんと高安の文字(しかも提灯に書いてある書体)が
書いてあるじゃないですか!!

古参(?)のファンとしては感激してしまいました。
いまや行列ダダダーンで知る人ぞ知る高安ですが、
小生がたびたび足を運んでいた頃は
もうすでに人気店でしたがちょうど座れるくらいの混み具合でした。
行列がすごいでー、という声を聞くようになってから
めっきり食いに行くことがなくなりました。
それでも「ラー革」はこまめにチェックし、
隙あらば(?)と様子をうかがっていたのですが
ちょっとしばらくラー革をみてなかったら、
カップ麺発売のことなど全く知りませんでした_| ̄|○
余談ですが「ラー革」の
あかつき・いいちょ・高安の3店は本当に美味い。
もうちょっと職場から近ければいいのにね。

さてさてカップ麺、大将の写真付き。
大将はいいから由美ちゃんを映せって。
まずは
「 ま た 十 勝 新 津 か 」
という突っ込みから入るわけですが、
これまで京都関係では、
天天有、珍遊、新福あたりをみたことがあります。
さすがに松屋のあとすぐに食することは無理なので、
お昼前の休憩時に食ってみました。
十勝新津の麺は技術的にはすごいものらしいのですが、
こちらのお湯の使い方が悪いのか
コシがなく美味しいとは思えません。
スープは似ているようで、ぜんぜん似てないです。
高安のスープは豚骨が強くもっとミルキーだと思いますが、
毎度のことながら、これを食べると
本家のラーメンが食いたくなります。
それが狙いだとすると、十勝新津のシリーズは
店側にとって結構あたりなのかもしれないですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/366942/16133816

高安カップ麺を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿