フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月30日 (土)

ありがとう、吉岡

各紙でも報じられていた通り、今日のグランプリを最後に
「日本のセナ」と呼ばれた吉岡稔真が引退した。
今日は競輪場に居たのにも関わらず、
おそらく引退発表があるというのがわかっていたのにも関わらず、
ライブで吉岡の挨拶を見ることができなかった。

小生の世代にとって、中野浩一や滝澤正光より
やっぱり吉岡なんだ。
「吉岡」といえば「競輪」(これは当たり前か)であり、
「競輪」といえば「吉岡」なんだ。
走りに華があるのは、なんといっても吉岡なんだ。
今年のダービー、オレは泣いたさ

グランプリの舞台が引退レースなんて、
なかなかできるものじゃない。
それが吉岡の美学なんだろう。
いかにも吉岡らしい。
まるで、内林の引退レースが「失格」だったように。

2006年は内林だけでなく、吉岡も脚を止める年になった。
本当に寂しい。
吉岡には、あとオールスターだけ
なんとか獲らせてあげたかった。

・・・あと、オールスターだけ。

アタマの中が異様に熱い日

12月30日

28日の夜、友人えいあさんより電話があり
「鍋をするのでぜひ」とのお誘い。
車を使っていたので、あだ名が会長さんを乗せて
鍋をご馳走になりに行く。

えいあさんの愛娘とはじめて対面。
6ヶ月でこんなに大きくなるもんだと感心する。
そこらへんのイメージが全くないのな、オレorz
生まれた日に電報を送ったくらいしかしてないのだが
(あと、イラスト(下掲)を描いたが彼に送ったわけではない)
ご丁寧に内祝いまで頂き恐縮。

鍋は「とりやさいみそ」を使ったもの。
そのときは誰も知らなかったのだが、
秀吉が賤ヶ岳の戦いで勝家を破る源となった
滋賀県特産の味噌らしい。美味。

この日、携帯電話をどこかに置き忘れたらしく
いまだに手もとにない_| ̄|○

昨日は一日中シュレッダー作業。
外に出してはいけないものがバカバカ出てくる。
夜になって気分が悪くなったので、早めに休む。

今日も午前中はシュレッダー作業の続きを行い、
昼からはびわこ競輪場へ。
結果的に、大やけどを負う_| ̄|○
グランプリは�有坂�手島�慎太郎の順で決まり
3連単は6万車券。こりゃとれんわ。
今年はえいあさんに愛娘ができたということで
記念車券�→�→�も買ったのだが
この車券が最も着順に近かったorz
グランプリのあと、表彰式と“吉岡選手より挨拶”があったのだが
競輪場がさっさと店じまいを始めてしまい
“吉岡選手より挨拶”が見られなかった。
これについては次エントリーでも。

いやいや、本当に大やけどした。
・・・ちゃんと年を越せるのだろうかorz

Yqdfnb0r

2006年12月28日 (木)

野菜炒めが美味しい日

12月28日

金本アニキの契約更改、球団の提示額はもっと高かったらしく
一部を裏方に回すように頼んでカットを申し出たとのこと。
ちょっといい話。

それにしても高額年俸選手の契約額が高すぎる。
今週の週べ「オレが許さん!」でも豊田さんが書いていたが、
プロ野球選手を評価するのに
年俸額を尺度にしている場合ではない。
なんかプロ野球界全体に危機感みたいなものが感じられないorz

本日発売の将棋世界2月号を購入。
「谷川×羽生」の付録、里見さんのインタビュー、その他。

12月は大量に書籍を購入した。
買ったらすぐに読了してしまうのだが、
お正月はゆっくりできそうなので再度精読したいと思う。

2006年12月25日 (月)

来来亭のチャーシューが美味しい日

12月25日

クリスマスのこの日、JB死す。
ご冥福を祈ります。
そういえば、ネロとパトラッシュも
亡くなったのは12/25だったよな。

本日、仕事道具が壊れる_| ̄|○
OS (Linux RedHat)が立ち上がらないのだが
HDにきちんとアクセスできていないような感じ。
よりによって年末に・・・
さあ、どうしよう。

週刊将棋の年跨ぎ号は、今年の棋界10大ニュースの発表。
ランキングは以下のとおりだった。

第1位 激震!名人戦 〜主催紙移管問題が社会的ニュースに
第2位 疾走!羽生善治 〜王座15連覇で通算獲得数歴代2位に
第3位 開放!プロ制度 〜アマチュアと女流棋士に編入試験
第4位 熱闘!佐藤康光 〜棋聖5連覇で永世称号獲得
第5位 独立!女流棋士 〜新法人設立に向け準備委員会発足
第6位 猛追!森内俊之 〜名人3連覇で十八世レース首位に並ぶ
第7位 復権!関西勢力 〜順位戦を席捲 女流は里見旋風
第8位 怪物!糸谷哲郎 〜勝率1位の18歳が新人王に
第9位 待望!千葉涼子 〜女流55年組で初のタイトル防衛
第10位 脅威!ボナンザ 〜ソフト世界チャンプが渡辺と対戦へ

先日まで行われていた竜王戦7番勝負は
締め切りに間に合わなかったようなので
これらのエントリーで無難なところ。
個人名としては、羽生・佐藤・森内の3強はもちろん、
このブログでもしばしば取り上げた怪物・糸谷や、
里見せんせい(14さい)も名前が挙がった。
ハッシーも7位の“順位戦を席捲”のメンバーの1人。
矢内ちゃんの女流名人奪取はランク外ですかそうですか。

2006年12月24日 (日)

クリスマス・イヴ

12月24日

Wikipedia、現時刻での「クリスマス・イヴ」の項が
あまりにアレだったので思わず画像コピー。

メリー・クリスマス


Vfstvrmz

2006年12月23日 (土)

おこた祭

slashup03「おこた祭」

明日スタートです。

フライドチキンが美味しい日

12月23日

昨日は120分トークショー(?)があったりなど何かとバタバタ。
久しぶりに長時間のトークだったので疲れた。
背負っているバックグラウンドがそれぞれ違うので
意志の疎通がなかなかうまくいかない。
とりわけ、逆格子空間を用いた話。
実空間と逆格子空間の対応は
数学的には単なるフーリエ変換そのものなんだけど、
逆格子空間のphysical meaningを掴んでいない方がかなり多い。
電子状態理論で用いる場合、
k座標は波動関数にかかる位相(exp(ikr))を表すと同時に
電子の運動量((h/2π)k)も示していることを頭のなかで整理しながら
理解していただきたいと思う。

一方、今日はノンビリと。
みなみ会館「暗いところで待ち合わせ」を鑑賞。
もちろん、原作は数年前に読んでいて、
跳びかけた記憶を手繰り寄せながら見る。
少し雑な場面も多かったけれど、十分に合格点。
小生にとって“永遠のなっちゃん”・田中麗奈の演技が素晴らしかった。
盲目を演じるとはこういうことだ。
キムタクはなっちゃんの爪の垢を煎じ(ry

2006年12月21日 (木)

スラックスに穴が開いた日

12月21日

有名人が亡くなることが連鎖的に起こるのはいつものことだが、
さすがに昨日はビックリした。
実は、先日にクレイ・レガッツォーニが交通事故で亡くなったのを知り、
嫌な予感はしてたのです。
それぞれの方のご冥福を祈ります。

最近はバタバタしています。
自分がバタバタというより、自分の周りがバタバタという感じなので
なにか居心地が悪いorz
今年もあと10日なんやねえ。

竜王戦第7局はは渡辺“魔王”が防衛して終了。
「羽生・佐藤・森内で全タイトル独占」を阻止したのだから大したものだ。
はやく若い世代の中から渡辺に続く人材が欲しい。
山崎、ハッシー、頑張れ!!

2006年12月18日 (月)

人参ケーキが美味しい日

12月18日

昨夜のアプレ忘年会にて、ともねこさん作の人参ケーキを
ご主人(ノンノンのおとうちゃん)から頂く。
★★★★★です。美味い。
今日のお昼にすべて平らげた。
どうもごちそうさまでした!!

アプレ忘年会では、なぜか突然、
数日考えていた微分方程式を解析的に解く方法が浮かび、
続きを確認したくて夜11時過ぎに失礼する。
自宅に帰って考えたら、あっさり解決。
たまにはアルコールを入れるのも、いいかもしれない。
そんなことで、夜も遅くなってから来たというにーま兄さんとは
合流できなかった。

今週の週刊将棋、ラストの一面は
LOT決勝に勝ち上がった矢内さんと里見さんのアップ写真!!
今号も竜王戦のタイムテーブルが面白かった。
一行が会場に着くまで、立会人の長谷部九段を
送迎バスに乗せ忘れたことに誰も気付かなかったとか・・・
そして、先チャンだけでなく、
よみくま氏にも文面でからかわれる佐藤棋聖orz

2006年12月17日 (日)

シュレッダーにイライラした日

12月17日

昨夜の仕事帰り、調子に乗って久々にバッティングセンターへ。
とりあえず1ゲームやってみたが、どうしても左足を庇ってしまうため
溜めてスイングすることができない。
打つポイントが前になってしまい、フォームのバランスも悪い。
挙句の果てに、左足首に自打球を当て(足首内側なので事なきを得た)
あまり続けても仕方が無いと思い1ゲームで終了。

今朝起きると、やはり足首が痛むorz
もう少しおとなしくしておくべきだった。
今日は前職の資料整理と処分に精を出すが
シュレッダーが詰まりまくってなかなか捗らず、
ただいま気分転換中。
夕方からアプレ会総会と忘年会。
今夜はアルコールを入れようと思います。