フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 薄皮チョコパンが美味しい日 | メイン | LOT決勝3番勝負開幕 »

2007年1月10日 (水)

[競馬]2006年アレ記者大賞

JRA賞の発表詳細が公式サイトに出ました

毎年やってるような気がする1票馬セレクション。
今回から少しグレードアップして、
「2006年アレ記者大賞」を贈呈したく思います。

審査はポイント制で。
1票馬に投票した記者には、軽易敬意を表して5ポイント。
2票馬に投票した記者には2ポイント、
3票馬に投票した記者には1ポイントをそれぞれ進呈。
ただし、「該当馬なし」への投票は除外します。
289人の記者のうち、全11部門の合計ポイントが最も大きかった記者が
栄えある「2006年アレ記者大賞」に輝くという次第。

では・・・

最優秀2歳牡馬
★ドリームジャーニー 211
 フサイチホウオー 76
 該当馬なし 2 (ダービー社・岩村氏、馬・橋本氏)

最優秀2歳牝馬
★ウオッカ 271
 アストンマーチャン 16
 ダイワスカーレット 1 (競馬ブック・松本氏)
 該当馬なし 1 (ダービー社・岩村氏)

例年、12月の2歳GIウィナーが自動的に選ばれるこの両部門。
「投票なんて無駄じゃね?」というダービー社・岩村氏の
熱い思いはとてもよく伝わるのですが、
残念ながら「該当馬なし」はノーポイント。


最優秀3歳牡馬
★メイショウサムソン 284
 ドリームパスポート 3
    (デイリー・野田口氏、テレビ東京・増田氏、中日新聞・武田氏)
 アンバージャック 1 (会友・橋本氏)
 ソングオブウインド 1 (競馬ニホン・林氏)

会友・橋本氏は昨年の投票でも4歳以上牡馬部門において、
有馬でディープを破ったハーツクライを差し置いて
ゼンノロブロイに投じた
“One-point voter”。
今回も満を持してアンバージャックに1票。


最優秀3歳牝馬
★カワカミプリンセス 287
 フサイチパンドラ 2 (ジャパンタイムズ・バイヤー氏、会友・橋本氏)

会友・橋本氏が順調にポイントを獲得。


最優秀4歳以上牡馬
★ディープインパクト 288
 ダイワメジャー 1 (報知・浜木氏)

288対1。最も綺麗な形の1票馬。
報知・浜木氏がディープを切って捨てた。


最優秀4歳以上牝馬
★ダンスインザムード 257
 スイープトウショウ 15
 シーイズトウショウ 2 (共同通信・溝端氏、NHK・藤井氏)
 メイショウバトラー 1 (中日新聞・武田氏)

NHK・藤井アナが見事にポイント獲得。


最優秀父内国産馬
★カワカミプリンセス 177
 デルタブルース 55
 ドリームパスポート 40
 カネヒキリ 5
 ブルーコンコルド 5
 シーイズトウショウ 1 (競馬ブック・藤井氏)
 バランスオブゲーム 1 (馬・菅原氏)
 フサイチホウオー 1 (大スポ・米原氏)
 ロジック 1 (ジャパンタイムズ・バイヤー氏)
 該当馬なし 3
    (東スポ・紺野氏、関西テレビ・繁田氏、馬・橋本氏)

例年どおり票が分散した○父。
シーイズトウショウがこの部門、2年連続で1票
昨年は新潟放送・磯村氏の投票だったが、
今年はブック・藤井のオッサンだ。
大スポの本紙・米原も登場。


最優秀短距離馬
★ダイワメジャー 200
 オレハマッテルゼ 37
 シーイズトウショウ 19
 ブルーコンコルド 2 (日刊スポーツ・和田氏、夕刊フジ・水谷氏)
 ダンスインザムード 1 (ラジオ日経・檜川氏)
 該当馬なし 39

個人的には、天皇賞馬が「最優秀短距離馬」というのが・・・


最優秀ダートホース
★アロンダイト 143
 ブルーコンコルド 94
 カネヒキリ 37
 アジュディミツオー 1 (サンスポ・芹沢氏)
 シーキングザダイヤ 1 (関西テレビ・繁田氏)
 タイムパラドックス 1 (非公表)
 フィフティーワナー 1 (ジャパンタイムズ・バイヤー氏)
 ユートピア 1 (非公表)
 該当馬なし 10

記者によってはどの馬に投票したか公表しないことを希望する奴がいて、
「非公表」 となっているのはそんな輩による1票。
競馬でメシを食わせてもらっているのにもかかわらず、
名前が出せないような投票をするとは何たることか(怒)

バイヤー氏がフィフティーワナーという飛び道具。


最優秀障害馬
★マルカラスカル 206
 スプリングゲント 60
 コウエイトライ 5
 テイエムドラゴン 3
    (福島テレビ・細野氏、読売新聞・小島氏、競馬ブック・林氏)
 テレジェニック 1 (ジャパンタイムズ・バイヤー氏)
 該当馬なし 14

ここでテレジェニックが炸裂。バイヤー氏がぶっ千切る。


年度代表馬
★ディープインパクト 287
 ダイワメジャー 1 (報知・浜木氏)
 該当馬なし 1 (報知・高�氏)

各部門の受賞馬から選ばれる年度代表馬、
もちろん報知・浜木氏はダイワメジャーに。
反ディープキャンペーンが実ったのか、
同僚の高�氏も「該当馬なし」に傾く。


以上、ポイントを総計。
1位 ジャパンタイムズ・バイヤー氏 17ポイント
2位 報知・浜木氏 10ポイント
3位 会友・橋本氏 7ポイント


「2006年アレ記者大賞」は
ジャパンタイムズのバーバラ・バイヤー氏に決定!!

・・・ってこの人ダレ?
ググっても出てこんよorz

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/366942/16135714

[競馬]2006年アレ記者大賞を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿