フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

カレーシュウマイが美味しい日

2月28日

すき家の「牛丼まつり」が終わり、
にーま兄さんお気に入りの「牛丼Light」が華麗に復活。
結構、数が出ていたんですかねえ。

昨日ブログを更新したあと、泥沼日記さわやか日記を見たら
さすが東京都教育委員と思われるステキ脅迫メッセージに全米が泣いた。

もう少しで大胆な解決法を採ります。
私達もおとなしいだけじゃないんだよ。


まあそんな教育委員を抱える組織のトップは
これ以上にあまりにもアレなので、
浅野さんが「都知事戦出馬に前向き」と力強く断言したことは
ちょっと嬉しいニュース。大いに期待したい。

朝にハイパーブックスに行ったら「美味しんぼ」98巻が置いてある。
新刊発売表を見ると、今日が発売日とのことで早速購入した。
ビニールを破いてみてビックリ。今週の月曜発売のスピリッツ掲載話が
もう単行本に収録されている!! 時間差はたった2日。
というかこんなことができるんだったら、
他の漫画もすぐに単行本にすればいいのに。

今日もずっと勉強の一日だったが、緩和時間 τ の解釈でスローダウン。
部屋が暖かいのと寝不足がたたってかしばしば寝落ち。
この時期は花粉症で鼻が詰まっているのでイビキをかき、
その感触と音ですぐに目が覚める。それを4回ほど繰り返す。
周りの者から見たら、ただ居眠りしているとしか思えないorz

あっという間に2月も終了。
進歩が足らんぞ、オレ。

2007年2月27日 (火)

焼きうどんが美味しい日

2月27日

このところの2月とは思えないほどの暖かさは
花粉症持ちにとって地獄としかいいようがなく、
本当に悪戦苦闘中。
小生の場合、気温が下がれば随分と症状が治まるのに加え、
最近はのび太も嫉妬するであろうほどの寝付きの良さなので
(寝んとこうとしたら起きてられるし、寝ようとしたらすぐ寝られる)
就寝時にはあまり苦にならないのだけれど、
花粉症のために眠れなくて苦しんでる方、
ともねこさんがヒントを出してます。ぜひご参考に。

今日の日付を見て思い出したが、
これまでであれば、秘密の場所に拉致されていた日だ。
花粉症のためティッシュと戯れながらヒーヒーとペンを走らせていた訳だが
今年は、仕事が一段落したときにゆっくりと
某国立大学の入試問題を検討する。
今年から理科の試験時間が30分延び(試験監督がたいへんそうだ)、
そして理系の数学が「甲」と「乙」に分かれたようだ。
いわゆる理工バリバリの受験生は「乙」のほうを受験するらしい。
「乙」の問題を解いてみたあと、大手予備校の解答例を見てみると、
例のごとく予備校によって解き方が様々で興味深い。
感心したのは、大問[5]で某予備校が列ベクトル x0x1
1次独立かどうかを使ってシンプルにまとめていた解答。
それから大問[6]の(1)は、f(a) + f(-a) = 0を導いてから
1 + f(a)f(-a)≠0より f(a)≠±1を導き、
f(x)が微分可能なので任意の x = a で連続であって、
f(0) = 0 を通り任意の x = a で f(a)≠±1 であるから
-1<f(a)<1 が示せる。
これが最も無駄な計算がいらないのだが、
微分可能なら連続」が周知であるとみてもらえるかどうか。

今シーズン、日テレは開幕カードを除いて
ジャイアンツ戦の中継時間を一切延長しないらしい。
中継の終了時間までにゲームセットとなる試合は
もうほとんどないのでは?
ジャイアンツ人気の低下を「試合時間の長さ」になすり付ける為の
浅はかな策と思えて仕方が無い。

ただいまの天気は雨。残念ながら“優しい雨”ではない。
いま頃から降られるのが一番困るorz
降るのなら、朝から雨を降らしてみろって。(越中テイストで)

2007年2月26日 (月)

分厚いハムカツが美味しい日

2月26日

普段から一挙手一挙足注目されている人間が
そんな悪さをするわけないだろう、タシロックじゃあるまいし
ツッコミを入れたくなる某新知事の女性問題。
マスゴミのアホさ加減が如実に出たように思う。
「敵は議会ではなく、マスゴミになるだろう」と言われていたが、
まさにその通りとなった格好。

先日のタイガース・三東のリタイア、
もう選手生命が終わったかのような思いもあったが、
関節の再故障ではなく、肉離れの軽傷とのこと。
本当に肝を潰したよ。またゆっくりと這い上がってきて欲しい。

昨日はびわこ競輪場へ。
西王座戦(GII)は小嶋の完全優勝。
まさに“小嶋のいいとき”の走り。次元が違う。
あの展開で抜けなかった小野はショックだろう。
東王座戦(GII)もバックから捲った佐藤友和が千切って、ビッグ初制覇。
個人的には、若いのだからもうちょっと早駆けしていただけると、
岡部からの車券で潤ったのだが_| ̄|○
それにしても、なに・・・、北の88期連中の厚さは。
ますます北日本の天下が続きそう。

今日発売の近将4月号は柴田ヨクサル氏のインタビューが面白かった。
「ハチワンダイバー」の臨場感は、やはり過去にいろいろと
そういうバックグラウンドがあったのね。ファンは必読。
関根九段にハメ手かけて怒られた話は笑った。

今週の週刊将棋は、最終面が意外にも一面ドーンと瀬川−天彦戦。
ウチでも採り上げといてよかったわ。
そしてもちろん今週は第1面から4ページにわたってLOT特集。
さすがに一般の新聞とは違い、見出しは「里見」ではなく「矢内」。
以下にネタをいくつか紹介。
・対局前に既に対局室は満員状態で、振り駒の場所について相談
・矢内さんの序盤、本局は対里見さん用にフォーム改造とのこと。
・田中寅彦九段曰く「(里見さんの)師匠より序盤うまい」。
 (近くに森ケイジ九段が居るのでジョークでしょう)
・投了で対局室になだれ込んだ報道陣は55人(!!)。
 (バトルロイヤル風間氏が数えたそうな)
・記者会見でバレンタインの話(サンスポ参照)を振ったのはバトルさん。
・里見さん、記者に目標を聞かれ、
 「女流王将戦の挑戦、そして女流名人になること」。
 横にいた矢内さんは“かすかに表情を動かした”とのこと。かなり修羅場。
 (「女流王将戦の挑戦」→「来月の対局では矢内さんに勝つ」、
  そして「女流名人になる」→「矢内さんの持つタイトルを奪う」)

今日は古い文献のチェックをして、あらためて勉強。
“古典”はどうしても表記法が違う(今回はテンソル操作など)ので
アタマが混乱してしまう。
しかしそれがクリアになったとしても、理解度としては厳しい。
勉強不足を実感します。
最近は寝不足になるくらい勉強しているのだが(目にクマたっぷり)、
アタマに入る効率が悪いのかねえorz

2007年2月24日 (土)

デニッシュ食パンが美味しい日

2月24日

先日に銃刀法違反で逮捕された武村ムーミンパパの長男が
大麻取締法違反(所持)の疑いでも逮捕。
ついでに長男嫁、長女も同容疑で逮捕。
銃刀法違反→クスリで逮捕というのは、まさにタヴァラ兄貴パターン。
「変に刃物や鉄砲を持ち歩いてる者は、背後にクスリあり」というのが
常識になっているのかもね。

棋王戦5番勝負第2局が金沢で。
序盤に盤面から大駒が全てなくなるというノーガードのような乱戦。
今度は“最強の盾”森内名人が“最強の矛”佐藤棋聖を折り潰した。
やはり森内名人は先手番では強いわ。

今日はトレーニングのあと、居候先に移動してのんびり。
・・・という訳にもいかず、関連文献を精読中。

2007年2月23日 (金)

東ハト・ガリング(ロックソルト味)が美味しい日

2月23日

これはもうハマってしまいそう、東ハトのガリング。
これほどまでに全く予想通りの味と食感。
シンプル・イズ・ベストということで、
とりあえずはロックソルト味のみでどこまでいけるか
東ハトさんに試してみてほしいところ。

月刊少年ジャンプが7月号をもって休刊とのこと。
集英社が“週刊少年ジャンプ至上主義”をとっている限り
あのラインナップではどうしようもない。
キャプテンが連載された頃の世代でもないし、
「やるっきゃ騎士」に(*´Д`)ハァハァしたことくらいしか
あまり印象にないなあ。

里見さんの話題は今朝の各新聞にこぞって掲載された。
各紙の記事タイトルの共通点は「14歳」が含まれていることと
「矢内」の文字がどこにもないことorz
ウェブ記事の中では、サンスポが社会面トップに持ち上げて特集
矢内−里見の再戦となる女流王将戦準決勝は3/19の予定。

サンスポで思い出したが、先日の師匠(未婚)とイガー(既婚)の初顔合わせ
なにか微妙な距離感を感じたのは小生だけ?
師匠−将棋親善大使の対談は来週の週ベでも。

花粉症持ちにはとっても優しい雨。
それでも3日でティッシュ2箱のペースは相変わらず。
これから2週間ほど、アタマをフル回転させなければならないのに
こんなに集中力が溜まらないようではどうしようもない。
土日はしっかりと静養したい。

糸川事件

Drhgzr5q
いま仕事でプレゼン資料をつくっているところなので
息抜きがてら、今朝の京都新聞のネタを再現。

こういうチャート図って、マサルさんの「3年間の思い出」のようで好き。

 セクシー       ヽ 丶  \
  コマンドー   \ ヽ  ヽ     ヽ
/  /    ヽ    \ ヽ   ヽ
 /   |  ヽ \     \  ヽ  ゝ           (けじめ)
ノ 丿       \  省  \   ヾ
 ノ  |   |  丶  \     \         (けじめ)
   /          \     \/|                (けじめ)
 ノ   |   |      \  略    |         ↑
     /\        \      |         (  ↑
   /   \       /      |          )  (
  /      \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         (   )
/_        \                    ) (        学ラン
 ̄  | な  3 高| ̄         ノ⌒ ̄⌒γ⌒ ̄⌒ゝ           / /
   | い  |  校|         ノ   ヒ    ゲ .  ゝ          / /
   | で  B 生|        丿              ゞ      _/ ∠
   | ね の に|       丿/|/|/|/|\|\|\|\|\ゝ     .\  /
   | ! 事 な|               │                V
――| と  忘 っ|――――――――――┼―――――――――――――
   / い れ てヽ  巛巛巛巛巛巛巛巛 人巛巛巛巛巛巛巛巛巛セクシーさ
    う    .も
    気                      _   ┌┬┐        | | |
    持    ⌒) ノ―┬  日 日   /|  丶 .├┼┤  |   ヽ └┼┘
    ち     ̄)  ┌┼   | 日 .|    i /   | └┴┘  ヽ     | | |
          ̄   ̄ ̄| ̄         V    / ノヽ_ヽヽ       └┴┘

2007年2月22日 (木)

弁当の焼きそばがフニャフニャな日

2月22日

ああ、久しぶりに名前を聞いたわ、芥川正次
前回は地域だけの話題やったけど、ついに全国デビューですか。

競輪とオートで学生でも車券が買えるようになるとのこと。
法律を変えなきゃダメなほど、苦しいということでしょう。
競輪は明日から宇都宮競輪場で第6回東西王座戦(GII)なのだが、
今年からショボショボに変わってしまった。
・東西別開催4日制→東西同一開催3日制
・出場東西それぞれ99人→27人
・今回から同時にS級シリーズもやるorz
どう考えたらこういう改定になるのか理解に苦しむ。
もう今年からGII告知のエントリーはしませんヽ(`Д´)ノプンスカ

capsuleの新譜、今日買います。
公式サイト「発売日に何かの仕掛けがあると見た」と書いたら
きちんと仕掛けされていました。
contemodeのトップにリダイレクト_| ̄|○

「ふたりっ子」の“銀じい”のモデルとして知られる大田学さんが亡くなった。
歳をとってもむっちゃ強かった「最後の真剣師」。ご冥福を祈ります。

今日は仕事を全部計算機に任せて、LOT局面の検討。
夕方5時過ぎに里見さんが投了。77手目▲1五歩が痛恨の敗着。
先日の女流王将戦で斎田倉敷藤花を端攻めから攻略したイメージが
かなり残っていたのかもしれない。
直前の76手目△8三飛が疑問視されていただけに、あまりにも痛かった。
矢内さんもここは女流名人として負けられない1戦だっただけに、
とくに本局は終盤をノーミスで寄せ切ったことで
本当にホッとしているだろう。
予想していたとはいえ、これまでの2局にも増してものすごい数の報道陣。
対局室にこれくらいの報道陣が集まったのは、
羽生さん七冠達成のときと、瀬川さんのプロ編入第5局のときくらい?
その中で、女流名人の強さを示すことができたのは
良かったのではないかと思う。(中盤でわりと緩手もあったが。)
また近日、2人の対局があるので(女流王将戦本戦準決勝)、
こんどは里見女流“初段”のリベンジを期待。

それにしても
「カメラがすべてセーラー服に向いている図」を
ウェブのトップにもってくる連盟はどうよ。
  ↓
Ezrlxc8a

LOT決勝第3局終局

130手まで、矢内女流名人の勝ち。

矢内女流名人は1998年度以来、8年ぶり2度目のLOT優勝。
里見女流1級はLOT準優勝で、規定により女流初段へ昇段。

LOT決勝第3局展望

気合で早起きしました。
というか、ほとんど寝てません。

まもなくLOT第3局の対局開始です。
最終局なので振り駒です。

第1局▲里見−△矢内は
先手が角道を止めた中飛車に対し、後手が玉頭位取り。
第2局▲矢内−△里見は
後手のゴキゲン中飛車に対し、先手が左美濃でした。
本局はどうなるのでしょうか?

中継サイトはこちら

(追記)
更新手間取ってるうちにはじまってたorz
振り駒で里見女流1級の先手。
3手目に▲6六歩と角道を止めています。

2007年2月21日 (水)

玉子丼が堅かった日

Mr02hmgs 2月21日

宇治駅前タクシー乗り場のイタズラ
勝手に「中型」「小型」のペイント。
こういう凝ったイタズラはいいねえ。
「中型」「小型」に分類する無意味さを
再議論するきっかけになれば。

今日は真面目に仕事。
いろいろと資料作成など。
少し腕力が鈍っているかもしれない。

因縁の対決、瀬川−佐藤天彦戦は、天彦四段が瀬川四段を返り討ち。
蛇足ながら「因縁の対決」とは、一昨年の瀬川アマのプロ編入6番勝負で
第1局の相手が当時奨励会員の佐藤天彦三段であったことに因む。
天彦三段が選ばれたのは、奨励会員の心情の考慮と、
彼がプロ四段昇段への権利を放棄した経歴を持っていたから。
(プロ四段に昇段するには、(1)三段リーグで2位までに入る、
 (2)三段リーグで次点(3位)を2回獲る、のどちらか。
 ただし、(1)の場合は順位戦C級2組スタートになるのに対し、
 (2)の場合はフリークラススタートになる。
 佐藤天彦三段は(2)をクリアしていたが、昇段を辞退した。)
「フリークラスでも」プロ四段になりたい瀬川アマと
「フリークラスでは」プロ四段を蹴った天彦三段。
意図的にそんな図式をつくられ、さらには第1局は公開対局。
ご存知のとおり、瀬川アマは第5局で3勝目を挙げてプロ編入。
そして天彦三段は前期三段リーグを2位抜けして四段に昇段し、
昨日が瀬川編入試験第1局以来、お互いにプロになっての対局だった。
以上、蛇足。
今期限りでのフリークラス脱出に首の皮一枚残していた瀬川四段だったが
昨日の敗戦で完全に脱落。天彦四段は依然プロ入り後土付かず。

そんな一昨年の「瀬川フィーバー」以来の盛り上がりを見せているのが
「里見フィーバー」。
明日いよいよLOT決勝第3局。
兎に角、注目を浴びているだけに、いい将棋を見せて欲しい。

(追記)
ブーム→フィーバーに訂正。
ボキャブラリが少なくていかんorz