フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月30日 (金)

ねぎトロ巻きが美味しい日

M4wo5ayw
3月30日

草津平和堂の猫、いつもの指定席でくつろぐ。
今日は体が痒かったのか、この写真を撮ったあと
しきりに後ろ足で体を掻いていた。
猫も花粉症?
ところで、鳥インフルエンザに奔走した知事は
自らがインフルエンザに罹ったとのこと。まるでコントのようだ。

さあ、パシフィックに続いてセントラルも開幕。
タイガースは・・・、明日が本当の開幕ということでorz
そんな中、ひっそりとニッカンのまゆげのノーさんコラムが終了。
10年間読みつづけました。終了は残念です。
最後のメッセージは
「ネゴロはとっとと球界から出て行け!!」
ということでいいんでしょうか? 
その通りだと思います。

開幕といえば、県議選が今日告示。
さっそく朝から五月蝿い名前の連呼。
こういうくだらない選挙のやり方は止められないものか。
まずは、「選挙カー運転中のスピーカー使用禁止」。
こんなのからなんとかならへん?

例年は4月初旬に発表のような気もしていたが、
今年度の将棋大賞が発表
佐藤棋聖棋王の升田幸三賞受賞も含めてほぼ予想通りの結果だったが、
さすがに名局賞の新設までは予想できず、
さらに対象となる対局の該当期間が2006年度(4月〜3月)内ではなく
2006年1月〜12月までということで、
これは今回受賞となったA級プレーオフ・谷川−羽生戦(昨年3月16日)に
何か賞をあげたかっただけじゃない?・・・と穿ちたくもなる。
まあいずれにせよ、その谷川−羽生戦(156手で谷川十七世の勝ち)は
“極限での「詰むや詰まざるや」”と称された名局だ。
女流では最優秀女流棋士賞に矢内さん、女流棋士賞に里見さんと
LOT決勝を戦った2人が受賞。
なお、女流独立問題は「36人が残留届を提出した」とのことで
これを見る限り独立派の敗北っぽい。
今回も権力をもつ者の政治力を見せ付けられた。
恐ろしいわ、ホンマに。

抗ヒスタミン剤が切れてつらい一日。
まじめにまじめに仕事。
年度最後の平日。今年度はいろいろありました。
心境はまた、月が替わってのプロフィール更新にて。

永田さん in レジャーニューズ

Azf38aty
コンビニに寄った際、見出しが永田さんの新聞があり、
一面を見ると永田さんがいつものように敬礼していたため
思わずレジャーニューズを買ってしまう。
いままでレジャーニュー“ス”と間違えていました。面目ない。

すごいね、これ。
全ページの半分以上が風俗の広告(お姉ちゃんが手で顔を隠す絵)だ。

2007年3月28日 (水)

マカロニサラダが美味しい日

3月28日

今日は黄砂が多いためか鼻水が止まらず苦労をする。
今日締め切りの原稿はなんとか昼過ぎに完成して送付。
どんなもんじゃーい。あと2つほど今月中に頑張る(予定)。

週ベを買いに居候先の本屋に行ったら
「萌える数学」が山積みしてあった。
副題は「萌える探偵“モエ探”萌子の数学事件簿!!」_| ̄|○
怖々と中を覗くと・・・これは数学じゃないわねえ。
これで数学の力がついたという人がいるなら、
なんかとっても恥ずかしいような気がします。
やはり、この手の数学本といえば
「マンガでわかる統計学」「同 回帰分析編」「同 因子分析編」
3巨頭になるのでしょうか。みうタン最強。
オーム社のその他のマンガでわかるシリーズはかなり厳しいが、
来月発売予定の「マンガでわかる暗号」(リンク先現在、画像準備中)には
目次を見る限りかなり期待。
ひのきいでろうにも期待しましょうか。
小生、まだ若かりし頃、シミュレーションの乱数を自前で作るために
結構この辺りを勉強したことがあり、
使っている参考書のとある証明が間違っていると食いついたところ、
自分が導いた証明の場合分けに不備があって、
赤っ恥をかいたことがあります。
今から思うと、あの頃はよく勉強していたねえ(しみじみ)。

棋王戦5番勝負は今日が最終局。
振り駒でと金が3枚出て佐藤棋聖が先手番となり、
ある意味、振り駒の時点で
棋王のタイトルが森内名人から佐藤棋聖に移った。
“後手9筋位取り角換わり振り飛車”(勝手に命名)を
本局は森内名人が採用し、昼休前に櫛田六段が
「また佐藤さんは変わった将棋をやってますねぇ。
 え?(後手陣を指差して)こっちが森内さんですか?」

と発言するほど、いつもの佐藤棋聖の変態将棋趣向を凝らした将棋を
森内名人が指す展開となった。
まあ「名人に定跡なし」とも言うけれど、
森内名人もたまに変わった将棋を指す(昨年の竜王戦、松尾六段戦など)。
結局は先手が序盤からリードを広げ、105手までで佐藤棋聖の勝ち。
佐藤棋聖は久々の二冠保持となった。
「最強の矛・佐藤」と「最強の盾・森内」が戦う「矛盾決戦」シリーズは
全局で先手番が勝つという収まるべきところに収まった形。
いずれにせよ、今日のネット中継を見ていた方は明らかだが、
佐藤棋聖が勝とうが、森内名人が勝とうが、
今日の主役は加藤一二三九段であったことことを特記しておく。
ぜひ本局棋譜のコメント欄をご覧あれ。

将棋の話題といえば、「里見フィーバー」はまだまだ続く。
島根県は「島根県文化活動特別奨励賞」というのを新設して贈り
来月3日にせまった女流王将戦の挑決・清水−里見戦は
女流棋戦では、番勝負以外では異例のネット中継が行われることに。
(そういえば女流名人位戦A級リーグの最終戦も中継あったっけ。)
ニッカンスポーツもいろいろソロバンを弾いているのだろう。
それで、挑決前の里見さんの予定はというと、
3/31 キラリっ娘ファンフェスタ
4/1 関西将棋会館にて指導対局
4/2 ニッポン放送ラジオに生出演
4/3 女流王将戦挑戦者決定戦
としっかり埋められ、その後8日には出雲にて
バスに揺られた後の戸辺四段・佐藤天彦四段と対局
(こんなアホ企画を考えた奴は天才だ!!)
さらに5月6日には、王座を15連覇中の福崎九段と
きしろ杯優勝記念対局というイベントもある。
まだ高校入学前のコに働かせすぎじゃない?
まるで某つんくのプロジェクトみたい。

・・・タバコ吸うのだけはやめてね_| ̄|○

2007年3月27日 (火)

まぐろミンチカツが美味しい日

3月27日

桑田ねんざ・・・orz
しっかりケアしてすぐ這い上がってきて欲しい。

世論の風があまりにも強かったのか、あっさりヨミウリが折れて
今年からの希望獲得枠の廃止が決まった。
絶対に勘違いしてはいけないが、これで裏金問題が解決したのではない。
裏金問題がドラフト制度の改革のみに掏り替わったのでは意味がない。
まずは各球団が、これまで“裏”で行ってきたことを明らかにする、
そこから始めなければならない。

今週のAERAは興味ある記事が多かった。
22日の日記でも触れたカモちゃんの死、サイバラ姐さんの独白に涙。
姐さん、ずっと泣きっぱなしだったみたい・゚・(つД`)・゚・
武豊ジョッキーが今年はおかしいという記事もあり。
日曜の高松宮記念を見る限り、ぜんぜん大丈夫なんだが。
そのほか、いまどきになってこんな記事かよorz、というような
MP3音源DJのネタや、囲碁・将棋棋士の子育て術の話。

そのAERAの記事に登場していた森下九段が
今日の棋聖戦本戦1回戦(というより準々決勝)を不戦敗。
対局相手だった渡辺竜王のブログによると入院とのことで、
そういえば21日の渡辺vsボナンザで会場の大盤解説をしていた筈だから
緊急入院ということなのだろう。
現在、森下九段は連盟の理事であり、瀬川さんのプロ編入を統括したほか、
名人戦移管問題や女流独立問題で随分と苦しい思いをしてきただろうから
ちょっと心配だな・・・と思っていたら、
達六段が心不全のため急逝したというニュースが入る。
C級2組の番人的な存在で、昨年度まで21年連続で昇級もイレズミもなく、
今年度は22年目にしてはじめてイレズミが付いたのだが、
ひょっとしたらだいぶ体調が悪かったのかもしれない。
まだ41歳。残念です。ご冥福をお祈りします。

今日はまじめに原稿を書く。
過去のストックが利用できそうで、なんとかなるような気もしてきた。
しかし最近は体調が下り坂で花粉症の調子もあまり芳しくなく、
抗ヒスタミン剤の影響もあってかなり眠い。
そんな感じで今日はしっかり昼寝。じゃないとやっとられんわorz

そしてたったいま、「日本一の無責任男」植木等が亡くなったとの報せ。
哀しい。

議員定数の是非を思う

町長の独断により、高レベル放射性廃棄物最終処分場の
候補地選定調査に応募した高知県東洋町で、
一度は町議会で可決された核持ち込み拒否条例案が
町長の審議やり直し請求により再び採決されて、
今度は賛成6・反対4で可決に必要な賛成数7に足りず
一転して否決廃案となったとのニュース。

条例案は22日に賛成5・反対4で可決されたが
地方自治法では、首長が議会の条例制定に異議があれば
審議やり直しを求めることができる。
その場合、可決には議長を含む出席議員の3分の2以上の同意が必要。
今回、賛成票が1票増えたのは議長の分だろう。

町長の“横暴”に激しく憤るとともに、
10名という町議会の議員定員数に疑問を感じた。
やはりこんなに議員が少ないのは、非常に恐ろしい。
物事には必ず“ゆらぎ(fluctuation)”というのがあって
当たり前だが母数が少ないほどその影響が甚大だ。
定員は単に人口に比例するだけなく、
最低定員についてももっと議論してはどうか?
地方自治法や公職選挙法でいろいろあるのだろうが、
議員手当をもっと薄くしてでも定員を増やすことはできないか。
条例案が有権者の半数近い署名を添えて直接請求されたものだけに
今回のように“ゆらぎ”によって議会が支配されるのは
本当に危険だと思った。

2007年3月26日 (月)

ヒレカツ巻き寿司が美味しい日

3月26日

たまった数々の原稿は、書き上げたもの、手付かずのもの、
構想を練り直すものと多種多様。
締め切りがスグソコのもあるが、そういうなのが進んでないので
困ったもんだ。しっかりしろって。

ソメイヨシノが何の掛合せかようやく判明したそうだ。
オオシマザクラ×エドヒガンといわれていたが、
遺伝子解析の結果、オオシマザクラ×コマツオトメである可能性が
非常に高いとのこと。
(本当は自然交配しか“×”は使ったらあかんそうな。)
身の回りの生き物たち、どんどん遺伝子が解明されていく。

来月、“日本将棋連盟女流棋士会”主催のこんなイベントがあるらしい。
ビーチで将棋 in 沖縄
ええ、最初この話を聞いた時はネタだと思いましたよ。
でもどうやら本当のようです。
女流の連盟残留をファンに支持してもらうための作戦だったりして。
詳細はこちらのリンク(pdf)から→【案内�】【案内�】
2枚目日程表の「ビーチで交流、海水浴 スイカ割り他」あたりに
(*´д`)ハァハァすればいいんでしょうか。

参加するのは山田(久)女流三段、島井女流初段、岩根女流初段、
伊藤女流1級、坂東女流2級とのこと。
誰かが読みに読んだのか、本当に絶妙な人選。

今日は女流名人位戦5番勝負の2-2で迎えた最終局。
振り駒で中井さんの先手番からガチガチの相矢倉。
中井さんの攻め(?)を矢内さんが受けきって(?)、
140手までで矢内さんが制し、嬉しいタイトル初防衛。
中井さんはどう見ても本調子じゃなかった。
独立問題でとてもタイトル戦どころではなかったのかもしれない。
来期のA級リーグの目玉はなんといっても昇級してきた里見さんなので、
再び矢内vs里見の番勝負が見られるか注目。

週刊将棋は連載漫画「輪廻の香車」が終了。
なに、この中途半端な終わり方は。

'07ダービー決勝

ダービー決勝は、GI決勝では久々に競輪場に行けず、
その夜にVTRをチェック。

Sを慎平がとり、隊列は�村上−�慎平−�小野−�小倉が前受け、
�有坂と�晴智が付けて、�平原−�兵藤−�稲村は7番手から。
なんか記憶があやふやだが、青板バックで平原が発進し、
晴智、有坂の順に関東ラインに切り替える。
打鐘過ぎ6番手から村上が捲っていこうとしたときに、
小野−小倉が平原番手を狙って内に切り込んで
外帯線の中を走っていた稲村を小野が内抜きorz
そのとき膨らんだ平原に村上が接触し、村上・慎平・晴智が落車。
晴智の後方にいた有坂は外に避けて難を逃れ、
一瞬の隙をついて外から駆け下り捲りを打つ。
そのまま猛追する小野を振り切って1着。
2着は小野だが、もちろん内抜きで失格となり、兵藤が繰り上がり。
以下、稲村、小倉の順でゴール。
平原は車体故障を負って6番目にゴールしたが、
こちらも村上を落車させたのが斜行とみなされて失格。
落車の3名は通常なら棄権するところもさすがダービーの決勝、
ガタガタのレーサーに再び跨り、慎平・村上・晴智の順でゴール。
なんといってもゴールするのとしないのでは、
ダービーの決勝では賞金が全然違うのだ。
(しかも2人失格したので、最下位でも7位なのだ。)

さて、一昨日予想したように、もし車券を買っていたなら
�慎平�小野�小倉�有坂から買っていたはずで
2車単なら入線順は当てていたことになるが、
小野の失格によってハズレということだった。
昨日の日記にも書いたように、ガラのたいへん良い競輪ファンが
小野が競輪場から出るのを待ち伏せしていたのではないかと。

永田さん、危険な蹴りを解禁

永田さん、ファンとともに息巻く
IWGPのタイトルマッチでは、
今まで禁じ手にしてきた危険な蹴りも解禁するんだって。
棚橋に対して、

「顔を破壊すると新日本では貴重な女性ファンを失うから、
 顔以外の筋繊維を切り刻んでやる


いやいや、永田さんのイケメンには敵わないから顔を破壊しても大丈夫。
それより、すでに棚橋には背中に包丁の傷跡が(ry

2007年3月25日 (日)

胡麻麦茶が美味しい日

3月25日

今日の午前に能登半島沖で起こった地震においては、
お亡くなりになった方もいるとのこと。
被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

私事の件、昨日・今日といろいろ無理をお願いして、
いくつか養護施設を訪問。
どういう選択がベストなのか、
まずは自分で動いて「人を見る」ことが大事。
少し情報収集ができたので、しっかりと熟考する。
何より子供たちの幸せが最優先だ。

今日のダービー決勝、勝ったのは
昨年暮れのグランプリを制した有坂。
グランプリが先になってしまったが、この優勝で
タイトルホルダーの仲間入りを果たした。
それにしても、あの小野の内抜きはなんだったんだ?
小野から車券を買った人は、怒りを爆発させたことだろう。
小野が無事に競輪場を脱出できたか心配になってきた。
詳細はまた明日にでも。

もう3月も残りわずかなのに、なかなか原稿が埋まらない。
余計な仕事を引き受けすぎたかもしれないorz

2007年3月24日 (土)

明日、'07ダービー決勝

表題の通りなんですが、
今年のダービーは準優戦がものすごい好メンバーが揃い、
その結果、山崎とか小嶋とか、優勝候補が軒並み準優戦で敗退_| ̄|○

さて、優出メンバーのコメントを見る限り
明日の並びは
�平原−�兵藤−�稲村
�村上(義)−�加藤−�小野−�小倉−�有坂
�渡邉(晴)

のようですね。
しかし、あの村上義弘が6番車なのか_| ̄|○

やはり村上に優勝してほしいけど、
後ろが慎平なのが苦しいなあ・・・
村上ラインの後ろ4人で決まるような気がします。