フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

もちっ!とワンタン麺が美味しい日

Xfg8hurq
6月30日

エロがエロを呼ぶんでしょうか・・・
とりあえず、今日も増えていたエロ宣伝コメントとTBを自分で消しますた。
もうシステム管理は頼りになりませんorz
そういや、一昨日に貼っつけたジュディマリの動画も
あっさり消えてますね'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、('∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
(7/1追記 消えたわけじゃないようです。)

今朝の京都新聞は社会面にまた大きくアオバナの記事。
今度は「野菜」としていかが?ということらしい。
先日に記事になった「青汁」ならば、“味”については不問に付されるので
アオバナのアピールの方法としては良いと思うんですけど、
「野菜」というのはどうなんでしょうか・・・?
アオバナの葉っぱなんて一度も食ったことがないんだけど、
本当に美味しくいただけるような代物なら、
かなり昔から全国で栽培されていると思うんです。
少なくとも、地元では脈々と食べられているはずだと。
私が知らないだけで、栽培されている農家の方は
昔から葉っぱを食べておられたんですかねえ。
付加価値を付けようと頑張ってはる関係者の方々には頭が下がるのですが、
何と言うか、アオバナならではの特色や価値観をもっと引き出すような
アピールの方法のほうがいいんとちゃいますかねえ・・・
極端な言い方をすれば、葉っぱなんて“その気になれば”、
ほとんどの種類の草について美味しくいただけるわけです。
“アオバナといえば草津”というイメージをなんとか全国に植えつけるために、
いろいろ方策を採ったほうがいいという考えもよく理解できるのですが、
・・・・・・まあとりあえず、
「グズグズ言う前に一度アオバナを食ってみろYO!!」、ということですね。
ホンマすんませんorz

この話とちょっと関連して、実は全然違うような気がするのですが、
琵琶湖にとってみれば厄介者であるブラックバスやブルーギルも
最近は「食用魚」としてもアピールがされています。
ただ、ビワスズキ(ブラックバス)とかビワコダイ(ブルーギル)という名前は
正直どうかと思うのです。味や食感は似てるとも言えなくはないけど・・・
こんなんは私の思い込みですが、消費者をバカにしているようでいけません。
正直に「ブラックバス」「ブルーギル」と名前が付けられていれば、
「琵琶湖のためにも食ってみよっか」となるんやけど、変な名前では、
「スズキとかタイとか名前が付いてるけど、騙されへんで!!」と思ってしまう。
その元凶は、ナイルパーチとかティラピアが、
それぞれ「スズキ」や「タイ」として出回っているからなんですがorz

本日で6月が終了・・・ということは2008年も半分消化したのか_| ̄|○
今年もヘチマ、ではなくゴーヤー(もう今年は間違えない)が開花。
今日締め切りの原稿を発送して、一息ついたところで
新しい仕事がドドドドとやってきた。
来月10日締切が1本、15日締切が2本、24日締切が1本。
それにプラスして、アンダーデスクもそろそろ仕上げないと。
来月末から月を跨いでの長めの関東遠征もあり、かなりバタバタしそう。

2008年6月29日 (日)

バニラ味スイスロールが美味しい日

6月29日

エロ宣伝のためのコメント・TBが溜まってきました。
ちょっと前までは、管理人さん?(=管理システム)が早いインターバルで
自動的に宣伝書き込みを消してくれていたので、
エロ宣伝を茶化すために書いた自分の返事だけが残されて
「こいつ何を書いとるんや・・・」と思われるような状況に
たいへん恥ずかしい思いをしていたわけですorz

ところが、最近は管理人さんが完全スルーです。
「関西どっとコムのことはもうどうでもええわ」というのは理解してますが、
できれば最後まで面倒見ていただけるとありがたいです。
でも7月からは何もかもが完全放置なんでしょうねorz
6月末でいろいろな情報の配信が止まるだけでなく、
7月よりblog検索ができなくなるとのこと。厳しいな。

にーま兄さんのブログにも小生の名前があったので、
金曜の夜について補足します。
綾羽高校前のローソンでジュディマリを唄ったあと
妙にハイテンションのままアプレに行ったがカウンターは満席。
しょうがいないので、じゃあ帰ろうと思ったら、
にーま兄さんのルイガノがLINKの下の薬屋に停めてあったので
草津駅前に移転して以来、はじめてLINKに行った次第。
そして久々にアルコールを口にしました。
おそらく3月の海外講演で飲んで以来です。
バファリンの半分がやさしさでできているように、
小生の半分(以上)はエロいことでできていますから、
自分の中にあるエロ基質がアルコールと強烈な化学反応を起こして、
いろいろと講演(?)をさせていただきました。
私の提唱する「喉頭隆起重力低減装置説」(←先週発見した)や
「竿長玉小(かんちょうぎょくしょう)」という四字熟語の意味は
おそらく理解していただけたようですが、
最後にお話しした「乳輪−ビッグバン・パラドックス理論」は
ちょっと難解だったかもしれません。いずれもっと公な場所で、
こういった科学的講演をやってみたいものです。
(店の立場からは、大いに迷惑だったと思います。ほんまスンマセンorz)

今日は朝から寺原くんの修理。
もう一度よく観察すると、後輪のスポークが数本折れていました。
“パキッ!!”という破壊音はこれらが折れた音だったようで、
それならリムを交換だけすればいいや、と安心しました。
自転車屋へ保証書を持参し、後輪のリムを無料交換してもらったので
天気が回復したら慣らし運転してみます。
とりあえず、すぐに現場復帰できるようでよかった。
骨がつながるどころか再生もしていなかった誰かさんとは大違(ry

タイガースは秋田で連勝ならず。
相変わらずの久保田の炎上もあったが、
赤星と新井がいわゆる「ノー感じ」だったので仕方がない。
9回ウラ、ツーアウト2・3塁で我らが秀太さんが打席に立つも(以下略)

2008年6月28日 (土)

ピーナツかりんとうが美味しい日


JUDY AND MARY 「クラシック」

6月28日

昨夜の帰り途中、いつものようにちょっとモガキを入れようと
脚を踏み込んだら“パキッ!!”という破壊音orz
夜のあいだは暗くてよくわからなかったので、今朝に確認してみると
後輪のリムが完全に曲がってた_| ̄|○
寺原くん、最初のトラブルはいきなりの重症・・・
リム本体だけなら後輪を“全とっかえ”すればいいのだが、
軸がイカレてたら手の施しようがない。
昨夜の“パキッ!!”という音の雰囲気では、
どうも軸がイカレたような気がして仕方がないのだけれどorz
そういうわけで寺原くんが「故障“車”リスト」入り。  あんまり面白くないなorz

それにしても、トレードで寺原くんを獲得したのは
昨年の12/19だからまだ半年しか経ってない。
半年間、両輪ともパンクがなかったのは奇跡的だったけど
先に本体がイカレるとはねorz
まずは、明日にでも自転車屋に相談して後輪の全交換から試してみます。

寺原くんがそんなふうになっているとは露知らず、
なぜか昨夜は妙に気分が良くて、
西渋川のローソンにかかっていた懐かしいナンバーに合わせて
「♪今アツイキセキが〜この胸に吹いたら〜 ・・・」と唄っておりました。
・・・キモいですか? うん、キモいですよね('A`)
たぶん、店員やお客もそう思っていたでしょうorz

タイガースは秋田にてスワローズと。青木に2発打たれたものの大勝。
とりあえず、秋田には秀太が同行・ベンチ入りしててホッとした。

7/4に開幕する今期の竜王戦本戦を前に、
昨日まで繋がらなかった竜王戦サイトが本日復活。
開幕戦は、サイトのトップページのとおり、糸谷五段vs豊島四段。
先日の新人王戦では豊島くんが勝ったが、今回はどうなるか。
竜王戦本戦はじっくり中継が見られるのがうれしいですね。
ナヴェチュネ新聞主催というのだけ、ちょっと気になるが。

月曜締め切りの原稿は今日の夕方に完成。
2日間も“熟成期間”がとれるのは久々だ。ちょっと一息つけそう。
ともかく、明日は寺原くんに付き添います。

2008年6月27日 (金)

鶏ねぎしおラーメンが美味しい日

Bezrkzjf
6月27日

ハッシーのちょっといい話。
“ビッグマウス”の振りをしてるけど、根は律儀なのがよくわかるw

京都新聞のラテ欄(18・19ページ)を見て偶然気付いたが、
今夜のカンテーレ10時台のクイズ番組ゲストに
「矢内絵理子」との名前があった。
矢内さんファンは要チェックですね。なあ、山崎。

交流戦を終えたプロ野球が再開。
タイガースの試合は明日からだが、
昨日は1軍の控えメンバーが調整がてら
ウェスタンのドラゴンズ戦に大量出場。
バッテリー以外のスタメンは1軍からの「出向組」だった。

4 藤本
7 浅井
9 林
8 フォード
3 葛城
5 バルディリス
6 秀太
2 狩野
1 金村暁


こりゃ完全に“1軍Bチーム”といった感じやなorz
試合は先発の金村が4イニングを散発2安打に封じる好投。
野手の「出向組」も秀太を除いてそれぞれヒットを放ち、順調に得点。
8回ウラに最近復帰した狩野の一発も出て、5-0で最終回を迎えるも
9回表にサードにまわった秀太のクソエラーも絡んで失点、
結局5-3の辛勝に終わるorz
昨日の好投で金村の一軍昇格が決定、
秀太が鳴尾浜に居残りになるような気が・・・orz

原稿はおそらく明日には仕上がるでしょう。
ギャンブルレーサーの22巻に、
昨日書いたことと同じ場面がありました。
雑念を振り切って頑張ります。

春だというのに桜が咲いて・・・

「ギャンブルレーサー」から競輪に手を染めていった私ですが、
その頃には滝澤先生の全盛期から、吉岡・神山の両横綱の時代へと
すでに移り変わっていました。
ただ、やはり私が滋賀に住んでいることもあって、
競輪にのめり込む前から宮杯の結果だけは身近に報じられており、
「また滝澤という選手が優勝したの?」みたいな感想はもっていました。
そんな背景もあって、「ギャンブルレーサー」の“登場人物”としての
滝澤先生には結構な思い入れがあったりします。
昨夜にザッと読み返してみたので、少し紹介。

Xy7ygtvh
第1話からいきなり滝澤先生の登場。
初登場のコマは鼻をホジってたorz
それにしても、連載最初の頃の関は別人やなw

G6rihol4
ひょっとしたら、3周メイチで駆けてしまいそうな
全盛期の滝澤先生。
関も「タキザーセンセ」とか言ってた。

Agftmqxd
滝澤先生、便所で関にシメられる図w
フラワーラインが力をもっていた頃。

Exgmuavu
滝澤先生が特別初制覇(いまの言い方だとGI初優勝)したときの
実話エピソード。1984年のダービーだった。

Dyze6vzr
そのときの雨のインタビューでの号泣は有名。
ようやく“中野(浩一)越え”を果たした瞬間。
滝澤先生の優勝インタビューで有名なのはあと2つ。
そのうちの1つ、1993年のグランプリの絶叫号泣はリアルタイムで見た。
「ありがとうございましたぁぁっっ!!」に、もらい泣き。

Jic46lon
Coiym8ze
滝澤先生の凄さについて的確な説明。

Mx6hnr1m
2own3vh_
強さの秘密。
こういうエピソードも人柄が溢れていてよい。



Cmv2gdvu
引退会見

来月のアタマに千葉の普通競輪に斡旋されており、
昨日の報道では、この地元場所が現役最後の競走ということでしたが、
今日の記者会見によると、先日の富山記念をもって引退とのこと。
A級のパンツを履いている滝澤先生を見るのは忍びなかったので、
良い引き際だと思います。

松本整の引退のときには、引退に追い詰めた輪界に対し怒りを覚えました。
内林のとき、吉岡のときは、ただ驚き、そしてショックでした。

このエントリーのタイトルは、競輪ファンなら誰もが知っている言葉。
「桜花賞典」と銘打たれている川崎記念での優勝インタビューです。
怪物でありながら決して奢らず、そしてどこか天然ボケ。
滝澤先生のキャラクターを見事に表した、心に残る“失言”です。
引退に際し、そこには怒りもショックもなく、可笑しみとともに気持ちよく
「春だというのに桜が咲いて・・・」と引用できることが、
競輪の一ファンとして幸せに感じたりします。

滝澤先生、長い間お疲れ様でした。


[追記] 6/28 21:44

6/28のスポーツ紙:
デイリー 競輪界の“宝物”滝沢、笑顔でサヨナラ
ニッカン 怪物滝沢引退会見「悔いはありません」
スポニチ さらば“たきざわ〜”さらば怪物〜

2008年6月26日 (木)

カレーうどんこんにゃくが微妙な日

6月26日

明日(27日)、競輪国宝・滝澤先生が記者会見とのこと。
デイリーニッカンスポニチサンスポ放置
7月にA級へ落ちることが決まっていたのでちょっと腹をくくっていましたが、
とうとう来るべきときが来たかという想いです。
輪界一の人格者は、自分の幕引きをどんな言葉で締めるのか。
神妙な気持ちで明日を迎えたいと思います。

ギャンブルレーサーでは
「滝澤の後ろが優勝に一番近くて、優勝に一番遠い位置」
のような関のセリフがあったはずです。(正確な文言は忘れましたが)
競輪選手に対する最高の褒め言葉ですよね。
あの漫画では終始「カバ」呼ばわりされてましたが、
蚊の一匹も殺せないような競輪選手らしからぬ滝澤先生のキャラクターを
今夜もう一度読み返して確認して、明日に臨みます。

プロ野球ではFA短縮の話題もありました。
NPB・選手会とも主張すべきことはしっかり対話すればいいと思いますが、
ファンの気持ちをしっかり考慮に入れて行動してほしいものです。

今日は午前に研究会、午後は手付かず。
昨夜、コンビニにて見なくてもいい光景を偶然見てしまい、
ちょっと凹んでいるところです。
一生懸命に手を伸ばすことをやめたほうがいいのか、よくわかりません。

2008年6月25日 (水)

いんげんチャンプルが美味しい日

Asnnrhfu
6月25日

牛肉、ウナギ、・・・と産地偽装が相次いでますが、
「食品表示なんて全然信用できひん」と認識済みなので
産地偽装がどれくらい自分の食生活に影響するのかよくわかりません。
いま口にしているものが、どこでどのように作られたものなのかなんて
山岡さんや雄山氏でない限りわかりようもないのです。
なんというか、一応“商売品”として売られているわけだから、
明らかに「これ食ったらヤヴァイって」というものではないんでしょう。
・・・といいますか、そう思い込むしかありません。
そしたらもう、「食の安全」といった何の保証もないようなことは気にせず、
大阪さんのように楽しく美味しく食事を頂くのが一番なんじゃないでしょうか。

こういうコメントを書かざるをえない状況について、
「やっぱりおかしいわ」と食品業界の方々が気付いてくれることを願う。



昨年出版された「なぜ、めい王星は惑星じゃないの?」
今年度の青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれたとのこと。
アストロ・トピックスにも書かれていたが、
“物語”でなく“科学書”が選ばれたことが意義深いと思う。
小学校高学年向けの課題図書だけど、
ぜひオトナの方にも読んでいただきたい。
私のまわりでも、たまに「冥王星が惑星から外されて可哀想」のような
ネガティヴなイメージで一昨年のIAU決議を捉えている人がいるんですね。
その都度、冥王星が惑星から外れた意義を説明しているんですが・・・

近江八幡にある老舗の菓子屋に働いているとしましょう。
仮に“たねや”とでもしましょうか。
入社して何年か経ちますが、社員の中では一番若造で下っ端
老舗の中でいるのかいないのかよくわからない中途半端な立場です。
そこへ突然、新しくアルバイトの若い女の子がやってきます。
ところが予想外なことに、その子が自分より優秀だったため
なんとなく職場がギクシャクしてきました。

そんな頃、社長から思いがけない話が舞い降ります。
「これからは老舗ののれんに頼ってばっかりじゃあかん。
 八幡にとどまってたらあかんっちゅうことや。
 そこで、草津近鉄に“クラブハリエ”という新しい形の店を出すで。
 キミ、草津の出やろ? そやからキミが店長や。
 アルバイトの女の子もあの辺の子やから、キミの店の店員にしたらええ。
 キミがリーダーになって、草津、そして大津へと
 新しいお客をつかんでいって欲しいんや!!」


こう言われたら燃える(というか萌える)でしょう? エリスたん(*´Д`)ハァハァ
つまり、冥王星が惑星から外れたのは、
太陽系がさらに広がってゆくことに応じた「栄転」なのですよ。
まあそんなことをいつも説明するわけだ。
(滋賀県人以外にはちょっとわかりにくい喩だがorz)
ちなみに、“たねや”さんはもうとっくに全国展開されてます。
たねやのバウムクーヘンは美味の極み。

そういえば先日、日本が発信した「冥王星型天体」というテクニカルタームが
晴れて“plutoid”という英語でIAUに認められた
日本語のニュアンスがそのまま残る英語になってよかったですね。
現在のところ、そのメンバーは冥王星とエリスたん。萌えるでsy(ry

今日は計算結果の解析と、並行して原稿書き。
船戸さんのLPSA移籍というびっくりしたニュースもあったが、
久々にきっちりと仕事ができ、充実の一日だった。

2008年6月24日 (火)

エノキ茸の味噌汁が美味しい日


Plus-Tech Squeeze Box 「Sneaker Song!」

6月24日

あゆみちゃん@運命じゃない人が、誕生日に男の子を産んだそうな
誕生日が揃うのは、「ぜひ同じ日に」という気持ちが体に伝わるからか。
おめでとうございます。

「青花食研」の話題が京都新聞に載ってました
“アオバナといえば草津”というアピールが全国にできるといいね。
琵琶湖博物館前の道の駅や、上笠(自宅の近く)のアオバナ畑も
もう2週間くらいで見頃になるでしょう。

次の原稿の締め切りも近いということで、今日は真面目に仕事。
ところが、午後から来客あり。ウチの職場近くに用事だとかなんとかで、
不治フジテレビ女子アナ好きの某N氏がやってきたorz
ところが、どうやら最近は女子アナよりもアイドルマスターらしい。
某N氏曰く「二次元は裏切らないから」ヽ(`Д´)ノ
何があったんだ・・・

それでアイドルマスターの講釈を聞く羽目にorz
いやね、確かになにか勉強したような気になったけど、
明日には忘れてるでしょう。
以前にもちょっとネタにしたPSBの曲を用いたIM@S動画を貼ろうとしたけど
やっぱり無理です。そんな根性ありませんorz
いや、だからIM@Sと略してるだけでどうかと(ry

そんなわけで、こちらのIM@S動画のオリジナルを貼ってみますた。
なんだかんだいって、PSBはカマダジュンコのボーカルが(・∀・)イイ!!
もちろん、EeLちゃんボーカルの曲も好きなんだけどね。

2008年6月23日 (月)

カレー焼うどんが美味しい日

Bkpsloqf
6月23日

昨日の夕方から、また雨にブチ当たるorz
ちょうど石山寺から瀬田の唐橋を渡って、
夕照の道を北へ突っ切っていた頃。

ところがですね、玉野浦のファミマから北は
琵琶湖側の歩道が全面道路工事中。
しかも工事箇所の誘導矢印を信じて自転車を飛ばすと
琵琶湖にドボンと飛び込む仕掛けになってある。ありえへんわw
そんなわけで仕方がないので車幅しかない車道を
雨のなか全力で飛ばす羽目にorz
昨日の夕方に夕照の道を北へ走っていたドライバーの皆さん、
ヨレヨレのシャツにヨレヨレの短パンで
向こう見ずに車道を飛ばしていた自転車は私です。すみませんorz
あんなに長い歩道区間をすべて通行止めにするかね・・・

近江大橋付け根のラブホの前でようやく歩道に合流し、
帰帆南橋・帰帆北橋と渡って旧草津川河口まで行き、
そこで琵琶湖とお別れして帰宅。
その間、琵琶湖岸では雨が降り続いていたのだが、
明らかに京都の上空は晴れていて夕焼け模様orz
帰帆島から携帯で雨雲と晴天の境界を撮ってはみたものの、
ちゃちなカメラでは夕焼けはきちんと写らないのなorz

昨夜のタイガースは交流戦有終の美を飾る。
あとはG-H戦の引き分けを祈ったものの、
同点で迎えた9回オモテにホークスがクルーンを攻略して勝ち越し、
そしてそのウラではジャイアンツがランナーを出したが
♪バッカじゃなかろかルンバ!が炸裂_| ̄|○
ホークスが逃げ切って、交流戦優勝を決めた。

結局、タイガースは15勝9敗で終わり、ホークスと同星の2位。
将棋用語で言えば“頭ハネ”というやつだ。(もともとは麻雀用語だけど)
しかし、昨年の順位差で交流戦優勝は逃したものの、
球団に5000万円入るか入らないかというだけで、
ペナントレース全体について見た場合、
最も貯金を稼いだチームということに変わりない。
今年は非常にいい交流戦を過ごせたと思う。
まあ、同星なのに交流戦の優勝じゃないのは残念だが、
深浦王位の順位戦での頭ハネにまつわる度重なる不運を思うと、
全然たいしたことないやw

今日の仕事は雑用が大半。適当にこなす。
来週の月曜が次の原稿の締切なので、そろそろペースを上げないと。
なんか最近、ネット上でしょうもないこと書いて捕まってるのが多いねえ。
掲示板であろうが、SNSであろうが、こういったブログであろうが、
「どんな読者が目を通しているかわからない」
「誰が何を書いたかなどすぐに突き止められる」
当たり前のことだけど、ネットを利用している者は
しっかりとアタマに入れとかなければいけないでしょうね。

2008年6月22日 (日)

森永黒糖キャラメルが美味しい日

6月22日

午後には雨がほぼ終了。寺原くんと自転車トレに出る。
ひと段落着いて職場に寄って仕事。大型計算機の世話など。

棋聖戦第1局での梅田モッチー観戦記総括がウェブにアップされていた。
何度も書くが、リアルタイム観戦記はよい企画だったので
また誰かに挑戦して欲しいと思う。
ただ、その観戦記総括で気になった文章箇所があった。
1ページ目の最後のところだが、引用すると

加えて、終局後の佐藤棋聖、羽生挑戦者の姿がじつに興味深かった。
勝者と敗者は終局したとたん、
2人で作った作品たる棋譜から適度な距離を置き(デタッチして)、
健全な批判精神をもって、第三者のように語り始めたのだ。
自分の研究成果であろうと、皆と一緒になって批判精神で眺め、
活発に議論する欧米の科学者たちを見ているかのようだった。


これを逆説的にとらえると、
「日本の科学者は、自分の研究成果を批判精神で眺めていない」
との意味になるが、一部の人間を除いてそんなことはないと思う。
梅田氏の場合、目の前にグーグルというのがあって、
そこで日常的に行われているすべてが日本と対比的に映るのかもしれんが、
少なくとも基礎自然科学の分野では、欧米の研究者であろうがなかろうが
自分の研究成果に対して健全な批判精神をもったうえで
皆で侃侃諤諤するプロセスを踏まないと前になんか進めないですよ。
氏の専門である情報科学の分野では、
日本人はそんなプロセスを踏まないんですか?
そらね、国や企業から研究費を頂く際には「この研究はすごいんです」と
アピールはしますよ。研究費がなくても前に進まない。
でも科学者が集まったら、「実はここにこんな問題があって
なんとかしたいねんけど、いいアイデアあらへん?」となりますわな。
だから普段から(とくに若手は)研究会なり勉強会なりするわけでねえ。
なんか“欧米の科学者たち”と書かれると、
欧米人以外の人間をバカにされているようでいやですね。

まあ、そこらへんいろいろな背景があるのだろうから、
帰宅したらもう一度『ウェブ進化論』シリーズを読み直してみます。
そして『ウェブ時代をゆく』の“高速道路を猛スピードで走る少女”の項で
また萌えるわけだ。(←しつこいなorz)
では、自転車トレの続き、行ってきます。