フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

フジパンのミルクバターメロンパンが美味しい日

1月31日

「惑星ショコラ」、やっぱり1個400円は高すぎるよなあ・・・と
あくまでもチロル目線の自分が哀しくもあるそんな週末。
でも、「ゼロの数は1個でいいんでない?」という心の叫びは
いつまでも大事にしたいと考えているのです。

そんなことを考えつつ、今日で1月も終わり。
2009という数字に慣れないうちに、あっさりと1/12が終了です。
なんなんでしょうね、このスピード感のずれは。
残念ながら、年が替わってからロクなことが起きてない。
朗報が届かなかったり、くだらないトラブルに巻き込まれたり、
何かとタイミングが合わなかったり。
もちろん、そのほとんどが自分の無力さによるものなので、
「自業自得」という言葉そのものなんですけどね。

明日から2月、プロ野球は明日がまさに新年のスタート。
毎年恒例の週ベの名鑑号は6日発売。
秀太先生の選手寸評がどうなっているのか、
サディスティックなひとときを味わえる瞬間です。
昨年もあちこちで合わせて6冊ほど買って、
このブログでも「プレゼント」とおねえちゃんに呼びかけたのですか
アプレに1冊献本した以外は余ってしまいました_| ̄|○
それがどうなったかというと、・・・ああ、数が合ってるわ。
鞄に1冊、車に1冊、職場に1冊、自宅の仕事机に1冊、枕元に1冊。
ようやく回収できますね_| ̄|○

そして、年度末まであと2ヶ月ということで、
いろいろなことが佳境に入ってきています。
棋界では、もちろん順位戦ということになるんだけど、
それよりもまして今期の三段リーグに注目が集まりそうです。

現在、14歳の佐々木三段が抜け番未消化の10-3で暫定トップ。
暫定2番手が3敗勢で順位最上位、15歳の斎藤三段。
まだ5~6戦を残しているので予断は許せませんが、
もし佐々木三段がこのまま2番手までに残って昇段となれば、
これまでの最年少記録(加藤九段・谷川九段の14歳8ヶ月)を
1ヶ月塗り替えることになるとのこと。
ちなみに羽生名人が15歳2ヶ月、渡辺竜王が15歳11ヶ月で
以上の4人がいわゆる「中学生棋士」ですね。
佐々木三段の場合、三段昇段が前期のリーグ開幕にわずかに間に合わず、
今年度の上半期をほぼ棒に振ったことを考えると恐ろしいほどの記録。
「神武以来の天才」「十七世名人」「十九世名人」「初代永世竜王」
・・・そんな系譜に名を連ねることができるのでしょうか?
明日は関西で14・15回戦。いよいよリーグ終盤に突入します。
女流名人位戦第2局も明日ですね。

話を冒頭に戻して、今日の勉強会の雑談でも
「惑星ショコラ」の話になったんですが、
スイーツ(笑)通の某T氏曰く「一昨年に買ったことある」だって。
そんな以前からあったのか!! そんなん教えてくれよ~orz 
オレが惑星観察ゴールドマスターっていう話、してたやんか・・・
一昨年に商品化されていたということは、
2006年のIAU 総会のあと、すぐにアイデアが出たのかもね。

某T氏の話では、2~3cmの大きさらしいです。
昨日の日記に書いたようにスケール比も考慮して作ったとすれば、
地球を直径1cmのビー玉(小さめのもの)の大きさでつくった場合、
木星は砲丸、土星はソフトボール、
天王星と海王星はピンポン玉の大きさになります。
(この例え方は何年か前のニュートン別冊からの引用です。)
さすがに砲丸大のチョコ1個を400円で売れとは言わんけど、
金星は地球とほぼ同じ、火星の直径が地球の半分強、
水星の直径を地球の3分の1強にした8個セットで3200円なら
その値段で大いに納得しますよ。

明日は原稿を書きつつ来週の準備に充てますが、
概ねのんびりした一日になると思います。
ちょっと自転車でブラブラしてみたいところです。

2009年1月30日 (金)

オーザックの桜塩味が美味しい日

1月30日

エリオ・グレイシーが亡くなったらしい。
なんか根拠もなしにずっと生き続けるものだと思ってたので
ちょっと驚きました。人間だからいつかは亡くなるんですけどね。
残した功績はすごいです。冥福を祈ります。

いやあ、昨日は某SNSに余計なことを書いてしまいましたorz
基本的に「いらんこと言い」なんで、気をつけないといけません。

リーガロイヤルホテルにあるショコラブティック・レクラの
「惑星ショコラ」、これ考えた人は偉いなあ。
まず第一に、太陽系の惑星が8つであるという勉強になるw
でも1個400円、8個セットで3200円もするのか・・・
まあ、デアゴスティーニと比べたら良心的なのかも。

個々を見ていくと、私なら
◎パッションフルーツ→木星
◎オレンジ→金星
◎フランボワーズ→火星

と入れ替えたいですね。
火星はより赤く、金星はスーパーローテーションの雲のような感じ、
木星が黄色と茶色のマーブル模様というイメージにしたいなあ。
本当は大きさの比も考慮するとベターだけど、
例えば木星なら地球との体積比が約1300倍。
さすがにこれは無理ですか(^^;

今日は朝から若い人の晴舞台の講演を聞いて、ホッと一安心。
無難に終わってよかったと思います。
午後からはお絵描きを中心にボチボチと仕事。
来週早々に某企業と打ち合わせがあるので、
その準備だけはそれなりに土・日の間にしておこうかと思います。

2008年の対局ベスト10+α

2/3発売の将棋世界3月号「プレイバック2008」での名局ベスト10発表の前に
ウチでも2008年のベスト10として挙げたい対局をまとめておきます。
(2007年版はこちら

まず、ベスト3から。

第1位
▲羽生名人-△渡辺竜王 140手で渡辺竜王の勝ち
竜王戦七番勝負第7局
 (2008年12月17日~18日)

内容は終盤の1分将棋での攻防がものすごく、
最後までどちらが勝つのかわからない激戦。
この七番勝負は制した者が初代の永世竜王となり、
フルセットまでもつれた第7局は
渡辺竜王が勝てば将棋史上初のタイトル戦3連敗からの4連勝、
羽生名人が勝てば前人未到の永世七冠達成ということで、
社会的にも注目を集めた大一番でした。
もし羽生名人が勝っていれば国民栄誉賞の話があったようですね。

しかし・・・これ、リアルタイムで見てないんですよ_| ̄|○
このときは海外(ネット不通)に居たのです。
私がとりあえず勝敗を知ったのは現地20日の夜で、
カットバー島からtwitterに書き込み。

Just now, I know Watanabe won the 7th game of Ryuo title match!!
12:14 AM Dec 21st, 2008 from web

後日にすばらしい内容と聞いてガックリorz
そんな悔しさがものすごく印象に残っています(^^;

第2位
▲羽生名人-△渡辺竜王 136手で渡辺竜王の勝ち
竜王戦七番勝負第4局
 (2008年11月26日~27日)

リンク: 11/27の日記

こちらも竜王戦から。
羽生名人3連勝のあと、第4局も羽生名人の勝利目前で
誰もがまもなく永世七冠が誕生すると思ったはず。
しかし、まるで将棋の神様の悪戯であるかのような打ち歩詰め。
神様はストレートで決着するのもつまらないと思ったのかもしれませんが、
まさかここから渡辺竜王が立て直してくるとは
さすがの神様も予想できなかったのかもしれません。


第3位
▲佐藤二冠-△木村八段 153手で佐藤二冠の勝ち
A級順位戦9回戦
 (2008年3月3日)

リンク: 「いちばん長い日、大勢決す」 「いちばん長い日、終局」

2008年「将棋界の一番長い日」のクライマックスともいえる対局で
昨年は幸運にもBSで観戦することができたので
ものすごく印象に残っています。
佐藤二冠のA級残留が危ぶまれるなか、対戦相手の木村八段が和服。
まさに「米長哲学」を地でいく激闘で、
人間の極限を垣間見たような気がしました。
ただ、この日のインパクトとしてはモグモグのほうが上かも。

その他、ベスト10に挙げたいのは下記の7局。
順番は付けず、時系列に沿って挙げていきます。

▲羽生二冠-△佐藤棋王(二冠) 187手で羽生二冠の勝ち
棋王戦五番勝負第1局
 (2008年2月13日)

リンク: 2/13の日記

残念ながら平日で見に行けませんでしたが、京都宝ヶ池での公開対局。
187手の長手数で、羽生-佐藤の総力戦についての決定版ともいえる内容。

▲森内名人-△羽生二冠 164手で羽生二冠の勝ち
名人戦七番勝負第3局
 (2008年5月8~9日)

リンク: 5/12の日記

「50年に1度」と評された大逆転劇。
しかし、「50年に1度」が度々あるのが羽生将棋です。
結果的にこの名人七番勝負戦は、
第3局の森内名人▲9八銀がすべてだったような気がします。

▲児玉七段-△稲葉四段 111手で児玉七段の勝ち
C級2組順位戦1回戦
 (2008年6月3日)

リンク: 6/4の日記

ルーキー稲葉四段の順位戦デビュー戦にて
児玉七段の十八番・カニカニ銀が炸裂、
ルーキー相手に厳しい洗礼を浴びせた一局。
気持ちいいくらいのカニカニ銀の快勝譜でした。

▲森内名人-△羽生二冠 109手で森内名人の勝ち
名人戦七番勝負第5局
 (2008年6月5~6日)

リンク: 6/6の日記

羽生十九世名人が誕生した第6局よりも第5局を推したいです。
森内十八世名人が一歩先んじて誕生した証となるような内容。

▲木村八段-△羽生王座(名人) 122手で羽生王座の勝ち
王座戦五番勝負第2局
 (2008年9月17日)

リンク: 9/17の日記

昨年も羽生名人に散々痛めつけられた木村八段、
その極めつけが「幻の▲3一角」。
終局後にこの手を指摘され、「聞かないほうがよかった・・・」。

▲渡辺竜王-△羽生名人 92手で羽生名人の勝ち
竜王戦七番勝負第1局
 (2008年10月18日~19日)

リンク: 10/18の日記 10/20の日記

誰もが「穴熊有利」に見えた▲3三龍の局面から、
数手進めば先手苦しいことを見切った羽生名人の大局観が光る一局。
七番勝負の前半戦の流れを決める内容でした。

▲渡辺竜王-△羽生名人 183手で渡辺竜王の勝ち
朝日杯将棋オープン戦本戦2回戦
 (2008年12月15日)

リンク: 12/15の日記

竜王戦第7局の直前に組まれた手合いは、
第6.5局ともいえる早指しでの総力戦。
シリーズの流れに影響を与えかねない一局だけに、
羽生名人が徹底的に抗戦、見応えある熱戦に。

以下、ベスト10漏れですが印象に残っているものを。

▲久保八段-△羽生王将(二冠) 112手で羽生王将の勝ち
王将戦七番勝負第5局
 (2008年2月27~28日)

リンク: 2/28の日記

終盤、勝利目前で久保八段が頓死。羽生二冠が王将を防衛。
木村八段とともに羽生名人には散々痛めつけられました。

▲渡辺竜王-△羽生二冠 67手で渡辺竜王の勝ち
大和証券杯最強戦1回戦
 (2008年5月11日)

リンク: 5/12の日記

ニュースにもなったネット棋戦での羽生二冠の切れ負け。

▲羽生二冠-△森内名人 105手で羽生二冠の勝ち
名人戦七番勝負第6局
 (2008年6月16~17日)

リンク: 6/17の日記

やはり十九世名人が誕生した一局は外せない。内容は羽生完勝。

▲羽生名人-△橋本七段 91手で羽生名人の勝ち
王位戦挑戦者決定戦
 (2008年6月19日)

リンク: 6/2の日記 6/19の日記

十九世名人誕生の2日後、ハッシー最初の桧舞台は見事に玉砕。
あのNHK杯以来の両者の対局が挑決ということで感慨深く思いました。

▲羽生名人-△深浦王位 100手で深浦王位の勝ち
王位戦七番勝負第7局
 (2008年9月25~26日)

リンク: 9/26の日記

深浦王位がリターンマッチに挑んだ羽生名人を返り討ち。

▲里見女流二段-△熊倉女流1級 115手で里見女流二段の勝ち
マイナビ女子オープン本戦1回戦
 (2008年10月16日)

リンク: 10/16の日記 10/17の日記

昨年の女流棋戦ではこれをトップにしたいです。
「思い出王手」に見えた▲8三桂からの鮮やかな寄せが見事。

▲里見女流二段-△清水倉敷藤花 133手で里見女流二段の勝ち
倉敷藤花戦三番勝負第2局
 (2008年11月23日)

リンク: 「速報打ちますか」 11/23の日記 11/24の日記

NHK番組でも何度も採り上げられた▲6八金~▲6五桂もすごいが、
▲9五馬~▲6八馬の二段引きに驚かされました。

まあ、こんなところでしょうかね。
なんかねえ、もう羽生ばっかり。
本当に2008年は羽生名人の年でした。
「プレイバック2008」はどうなっているでしょうか?

2009年1月29日 (木)

ヤマザキランチパックのバナナホイップが美味しい日

1月29日

タイガースの新外国人・メンチの眉毛がないのが
気になって仕方がない一日。
今日は一息入れる日ということで明日からしっかり仕事をします。

昨日の講演は久々に良い出来でした。
90分くらい時間があると基礎的内容から
話が組み立てられるのでいいですね。
それでも若い人には「難しい・・・」ということでした。
しっかり勉強すればわかるはずです。頑張ってください。

昨日は稲葉四段が棋聖戦の最終予選で谷川先生を降し、
郷田九段に続いてのA級棋士撃破で見事に連勝枠抜け。
ルーキーで棋聖戦本戦入り(全棋士の中から8名)は(・∀・)チゴイネ!!
じゃあ、あの新人王戦はなんだったの?・・・となるわけですが、
本当に何だったんでしょうかねえw

今日の王将戦第2局は深浦王位の完勝。
羽生名人が先手番で穴熊に組みながらあっさりと投了、
穴熊に組んだら無敵の強さを誇る羽生名人にしては
珍しい結果になりました。

明日は早朝から所用で職場入りする必要があるので
頑張って早起きしなければ。
天気がよくないようなので、自転車はきついかもしれません。
明日は夕方に月と金星の接近が見られるはずだったのに。

2009年1月28日 (水)

ともに生きる

ともに生きる

2009年1月27日 (火)

唐揚げラーメンが美味しい日

1月27日

金環日食、きれいですね・・・

先ほど、熨斗をつけて原稿を送信しました。
タイムリミットまで2時間ほど。
なかなかのプランニングというべきなのかorz
次が大事なので、気を引き締めたいところです。

手島選手が亡くなった件は、今朝のスポーツ各紙でも記事に。
いろいろな噂が流れているようだが、いまはただ冥福を祈るのみ。
それにしても、昨日の日記のURLが2chに貼られてたのは参ったよorz
アクセス数とかもう意味ないですね。

羽生名人先勝で開幕した王将戦は明日から第2局。
白浜は先月に竜王戦があったばかりなのにまたですか。
現地観戦の方はぜひパンダとセットで。
(これも先月に書いたっけ・・・)

明日は講演です。時間的にはゆったり。
いろいろ寄ってから会場に行くつもり。
頑張ってきます。

2009年1月26日 (月)

オイシスのメープルウッドとチョコウッドが美味しい日

1月26日

つい先ほど「昨日、手島慶介が亡くなった」とのニュース。
なぜ? どうしてなんだ?
競輪祭は「病気欠場」ということだったが・・・
また明日に詳報があるのだろうが、信じられない・・・

益川先生は京産大の「終身教授」となるそうな。
定年後は大学という枠を越えた活躍を期待していただけに
ちょっと残念な気持ち。
若い人材の育成というのは、大学でしか不可能なのかなあ。

きしろ杯は岩根さんが優勝
デイリーに棋譜が載るのは明日からですが、
今日掲載されていた投了図を見る限り、
里見さんの完敗・・・というよりひどい惨敗ですね、こりゃ。
今朝買った週刊将棋に載っていた竜王戦の▲里見-△金井戦も
まさに「暴発」という言葉がピッタリの無理攻めで完敗。
(個人的には穴熊を採用したことにがっかりしました。)
勝ち負けはともかく、内容の悪い状態が続いています。

その竜王戦は結局双方が1分将棋になったようで、終局は22:40(!!)。
そして翌日は10時からマイナビですからね。
マイナビは対局中ずっとウェブカメラが追う完全中継だから
気の休まる時間もないでしょうし、本当にたいへんだと思いますよ。
少なくとも、竜王戦→マイナビは完全に手順前後のような気がします。
ただ、マイナビ→竜王戦の順だと、竜王戦の終局後
その日のうちに帰路につけないという問題があるのか・・・
「タイトルを取って、取材とかが増えてちょっと疲れがあります」
今まで弱音を吐かなかった子の言葉に痛みを感じます。

ちなみにどうでもいいが、今朝はデイリーを買ったおかげで
クワバタの脇腹の残像が残って仕方ありませんorz
それが原因とは思いたくありませんが、
今日は仕事にかかりきりの割にはほとんど進行せず、
残念な一日になってしまいましたorz
あまりやる気の出ない内容ということもあって、
気合が全く足りません。明日の挽回が必須です。

なんか最近はオイシスの回し者みたいな状態になってますが、
美味しいんだもの、しょうがない。

2009年1月25日 (日)

カラムーチョの祇園七味味が美味しい日

1月25日

むちゃくちゃ眠い。なんだこれは・・・
少し作業をしては居眠りという感じ。何やってんだか。
お昼は久々に散髪に行ってきました。
もっと伸ばしてもよかったんだけど、身内には評判が悪かったのでorz
「味」という字が2つ続くのが気持ち悪いですが
今日いただいたカラムーチョの祇園七味味が非常に美味。
ただ、“カラムーチョ”の範疇から外れているような気がしますw

昨日はグリーンスタジアムに藤井栄治さんが来ていたとのこと。
懐かしの背番号19番(*´Д`)ハァハァ
最近はサンテレビの野球解説に出演してないようですが、
お元気そうで良かったです。

女流名人位戦五番勝負の開幕戦は矢内さんの勝ち。
勝負としては二転三転して非常に面白かったですが、内容は・・・
次は気持ちのいい内容を見せていただきたいものです。
きしろ杯の詳細は明日のデイリースポーツに載るでしょう。

競輪祭【GI】は山崎優勝、伏見2着ということで、
見事に予想的中・・・というか「誰でも当たるわ!!」という結果でした。
このメンバーと並びで山崎と伏見が車券に絡めなかったら
思いっきり罵声を浴びることになったでしょうね。

明日は夕方に金環日食がありますが、
日本からは宮古島や石垣島などで部分日食(日没帯食)が見られる程度。
まあ今年はなんと言っても7月に“世紀の日食”がありますから
明日はオマケみたいなもんでしょうか。
とにかく、こちらは仕事のほうをしっかり頑張ります。
朝青龍ばりに結果を出さないといけません。
外野(マスコミや自称相撲通)は好き放題言ってるだけ、というのが
身に沁みてわかった今場所の大相撲でした。

2009年1月24日 (土)

オイシスのこれぞくるみパンが美味しい日

1月24日

彦根東高校の野球部の皆さん、関係者各位、OBの方々、
センバツ出場おめでとうございます。
「また曖昧で怪しげなシステムを作ってからに・・・」と、
21世紀枠についてはこれまでいい印象を持っていませんでしたが
実際に滋賀県勢が選ばれることになるとありがたいものです。

滋賀県外の方はご存知ない方も多いでしょうが、
彦根東は彦根城内にある高校で、彦根藩の藩校に始まる伝統校。
まさに、ひこにゃんのお膝元校といえるわけです。
でも、ひこにゃんは甲子園には応援に行けないんですよね。
かつて田中クリスタルの「ヤッシー騒動」もあったけど、
高校野球の応援ではマスコット禁止です。
甲子園は暑いので、中の人のご苦労を考えると一理ありますね。

今日は午前から勉強会。
いや、いましたよ。「太陽系をつくる」創刊号の購入者がw
やはり衝動買いらしく、あとで総額がいくらかに気付いたとのこと。
この先どうするか悩んでいましたが、私としてはもう煽るのみです(^^;

ただ、いろいろと話を聞いていると、市販の“太陽系儀”も
結構いいお値段がするみたいです。
日本人はなかなか“太陽系儀”という言葉を使う機会もないけど
(だから“太陽系儀”という言い方が合ってるのかさえわからない)
英語では“orrery”という単語がちゃんとあるんですね。
はじめて知りましたorz(←あまりにも無知すぎる・・・)
どうせなら、天動説版の“太陽系儀(?)”が欲しいです。
アルマゲストの内容を踏襲したものだったら、絶対に買いますよ!!

なんだかんだで、デアゴスティーニの完成品は
惑星の公転周期の比は正確につくってあるんじゃないかという情報。
でも、これは逆に言うと、冥王星やエリスたんはもちろん、
天王星や海王星くらいでもほとんど動かないということですよねorz
実用的(?)には土星くらいまでで十分だと思うので、
土星まで作ったあとにケツを割っても大丈夫な仕様なら、
もっと安く作れるのだろうと思います。
そもそも、頻繁に新しい事実が発見されている内容について
1年以上もかけてまとめるのは無理がある。サクッとやらないと。
現時点だって、マケマケやハウメアは完成品に対応されてないんだし。

午後から職場へ。途中でサンレッドの第8巻と
アースカイザーの第1巻を無事に購入。
そして、スーパーで買ったオイシスの「これぞくるみパン」が、
さすがにこんな名前を付けるだけあって本当に美味。安売りに感謝。

昨日も書いたように、明日は女流のタイトル戦と棋戦(きしろ杯)の決勝。
矢内-清水の女流名人位戦五番勝負開幕戦は富山にて。
富山はヨミウリの聖地(正力松太郎の生誕地)ですからね。
棋譜中継のほか、現地解説も行われます。
そして、競輪祭【GI】の決勝も。
今日の準優戦、稲垣は4着と残念でしたが
非常にいいレースをしたように思います。
明日の並びは
⑨山崎-③伏見
②山田-⑥山内-④坂上
⑦北津留-(①井上⑤飯嶋 競り)-⑧小野

ということで、北津留の後ろが競るようなので、
山崎-伏見から買えば問題ないような気がします。
1月開催の競輪祭最後の競輪王は誰になるんでしょうか?

2009年1月23日 (金)

ヤマザキの桜もち風ミニパンが美味しい日

1月23日

大戸川ダムについては何が何でも推し進めるのに、
このご時勢に滋賀労働局はあっさり切り捨て
それが近畿地方整備局。なんてステキ役所なんでしょうorz
派遣切りのためにご苦労されている方の心中をお察し申し上げます。

今日1月23日は待望の「超絶変身!!アースカイザー」第1巻の発売日。
先日、くさつ平和堂のABCブックセンター漫画特設棚に
サンレッドの全巻が平積みで溢れていたのを踏まえ、
今日は朝からABCへ買いに行ってきました。




えっ? 1冊も入荷なしですか!?_| ̄|○

ちょっとね、あなた。
目の前に山積みされている漫画の作者の最新作ですよ!?
なにやってんの!!
・・・と弾幕が薄いときのブライト艦長みたいに
店員相手に軽くキレてもよかったんですけど、ここは大人の対応です。
明日に別の本屋をまわって探してみますorz

というか、明日はそのサンレッドの第8巻の発売日なんですが
ひょっとしたら平和堂のABCはこれまで通り1冊入荷だったりしてorz
だって、どういう本を平積みしているか、店が把握してないってことでしょ?

それにしてもアースカイザーは面白いなあ。
いや、主人公のアースカイザー自身は、連載始まって2年以上経ち
まだ一度も登場してないんだけどw
昨日発売のモーニング・ツー(Mission 13)は特に面白かったです。
サンレッド以上に好き放題描いてますよね。

オバマさんのBlackBerry中毒の話がニュースになってたけど、
大統領に就任したからには、プライベートメールでも
しっかりと公文書扱いになるんですね。さすがです。
これ、日本の首長も導入したらどうですかね。
表に出ないさまざまな癒着が多少は抑制されるのでは?
まあ、実際問題としてここまで管理するのは難しいんでしょうが、
わざわざこんな詭弁で予防線を張らなくてもという気はします。

今週の平日は終わりましたが、27日に原稿締め切りが1件あり、
28日は昼から神戸で講演です。土・日に頑張る予定。
ただ、明日は勉強会があるのでそちらも少し顔を出さなければ。
日曜日は女流名人位戦五番勝負(矢内-清水)と
きしろ杯決勝(里見-岩根)がありますね。

この2週間ほどお上の関係の雑用で
とあるウィキサイトの編集に追われているのですが、
実際にWikiの編集をはじめてみると、
なぜあれほどウィキペディアが爆発的に増殖したかわかってきました。
(利用者が増えたという意味ではなく、項目数が増えたという意味で)