フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

コーンたっぷりコロッケが美味しい日

9月30日

昨夜は雨で蒸し暑かったのか、布団を完全に蹴り上げて
寝冷え・ストークス方程式~~~出た!!2回目orz)
Googleで検索すると上位にくるのが恥ずかしいですorz
どうでもいい時期ならばともかく、
天一の日の前日に胃腸を傷めるという大失態に
自分が情けなくて仕方ありません。アホ過ぎます。

追い討ちをかけるように、昨夜の多村さんが
「37度前後の熱発により1回の守備から交代」などと
インパクトのあるスペ発動をやらかしたことを知りました。
「37度前後の熱発でダウン」というあたりが
私と全く同じ体温スタンダードであり、
ひょっとしてオレもスペランカー体質なの?と
自分のことが信じられなくなってきましたorz
明日の天一の日は、体調に気をつけて挑まないといけません。

そんなわけで、9月も最終日。今年度の上半期が終了です。
日々の雑用もようやく落ち着き、明日は天一で頑張るとして、
明後日から仕事をしっかり頑張ろうと思います。

王位戦第7局は、今年最高ともいえる感動を呼ぶ激戦となり
入玉を果たした深浦王位が木村八段の玉を寄せ切って
史上2回目となる開幕3連敗からの4連勝で逆転防衛を決めました。
昨年の竜王戦から1年も経たないうちに
●●●○○○○が出現するとは・・・
これで深浦王位は王位3連覇となり、気が早いですが
来期・来々期と防衛すれば永世王位の資格が得られます。
木村八段は今回も初タイトル獲得に一歩及びませんでした。
道新のネ申中継に映し出される投了後の木村八段の姿は、
もう本当にどう形容すればいいんでしょうか・・・orz
「あと1勝で初タイトル獲得!!」という将棋に
6連敗ということになるんですよね_| ̄|○

昨日の順位戦C級2組の結果は以下のとおり。
豊島五段、金井四段、島本四段(!!)が開幕4連勝。
糸谷・天彦あたりは「何やってんの?」という感想ですorz

小倉_七段○-●川上_六段
岡崎_六段○-●所司_七段
上野_五段○-●小林宏六段
室岡_七段●-○村中_五段
増田_六段●-○村田顕四段
村田智六段●-○豊島_五段
児玉_七段●-○高崎_四段
中座_七段○-●糸谷_五段
横山_五段○-●西尾_五段
中村亮五段○-●中村太四段
矢倉_六段○-●佐藤天五段
淡路_九段●-○金井_四段
長岡_四段○-●山本_五段
大石_四段●-○佐藤紳六段
佐藤和五段○-●佐藤慎四段
伊奈_六段○-●藤倉_四段
稲葉_四段○-●松本_六段
遠山_四段○-●及川_四段
阪口_四段●-○島本_四段
大内_九段○-●有吉_九段
澤田_四段●-○田中悠四段
西川和四段●-○藤原_六段

4-0 豊島(6)、金井(12)、▼島本(30)
3-1 高崎(7)、中村太(10)、中座(15)、横山(16)、佐藤和(19)、中村亮(22)、
  及川(25)、▼川上(29)、▼▼小林宏(31)、田中悠(35)
2-2 小倉(1)、岡崎(2)、村中(4)、村田顕(5)、糸谷(8)、佐藤天(11)、
  ▼長岡(13)、佐藤紳(14)、矢倉(17)、室岡(21)、稲葉(26)、阪口(28)、
  ▼▼有吉(32)、▼所司(33)、山本(34)、▼▼藤原(36)、澤田(43)、大石(44)
1-3 上野(3)、西尾(9)、村田智(18)、伊奈(23)、▼松本(24)、▼遠山(27)、
  ▼増田(37)、▼▼大内(39)、▼▼児玉(40)、西川和(42)
0-3 淡路(20)、▼▼藤倉(38)、佐藤慎(41)

本日予定されていた関独の雨天振替スペシャルデーは
今回も雨で流れて明日に順延とのこと。
タイガースは能見-アッチ-球児とつないで快勝。
とりあえず3位の席に復帰しました。
ルーキー柴田に打点も付きましたね。
自分メモ的に残り試合の日程を書いておきます。
残り5つ、全部勝てばちょうど勝率5割です。

10/3(土):スワローズ(甲子園)18時
10/4(日):ドラゴンズ(甲子園)14時
10/7(水):カープ(甲子園
ズムスタ)18時(間違えてました・・・orz)
10/8(木):スワローズ(神宮)18時
10/9(金):スワローズ(神宮)18時

2009年9月29日 (火)

しめじの味噌汁が美味しい日

9月29日

スポーツ紙にサッと目を通しただけだったので
思いっきり見落としていたのですが、
はいだしょうこ画伯が10月からレギュラーとして
「笑っていいとも」に出演するそうです。
これから毎週どんな芸術作品が生み出されるのか
いまから非常に楽しみです。
・・・むちゃくちゃ大好きなんですよ、私。
金朋を少しマイルドにした感じがいいです。
(でも、歌の上手さは雲泥の差がありますなあw)

そうだ、昨日書き忘れましたが、電撃大王の11月号を見て、
「大阪万博」の詳細を知りました。、
10月27日発売ということで、こちらも非常に楽しみ。

今夜のタイガースはなんとかなりそうな雰囲気。
残り試合はスワローズとの直接対決が多いので、
これを勝ち抜いた方が3位に残るカラクリですね。
関独はチャンピオンシップシリーズがなくなった替わりに、
10/4の13時からオールスターゲームを行うとのこと。
「1年間、おさわがせしました お世話になりました!」
との自虐的コピーにマジ泣きしそうですorz

王位戦第7局は振り駒で後手番になった木村八段が
横歩を取らせて△8五飛戦法に。
54手目を木村八段が封じて1日目が終了。
明日のお昼はおそらくカレー。腹減ったなあw
今日は順位戦C級2組の4回戦も進行中。

月曜・火曜と雑用続きで疲れていますが、
朝青龍と内館ねえさんのツンデレ劇場よりも
すごいラブストーリーが身近で起こっているらしく、
登場人物に下半身のユルい女の子もいるとのことで
妄想で(*´Д`)ハァハァしっ放しです。
プロポーズ、されてみたいなあ・・・

2009年9月28日 (月)

ベトナム産クリームオーが美味しい日

9月28日

イケメンカズキの引退試合の様子(その1その2)や、
万年2番手エヴァンスがアルカンシェルを獲得した動画を見て、
午前から泣きっぱなしの孔子誕生日。
この涙もろさは異常。どこか病気なのかもしれません。
でも、エヴァンスのアルカンシェルは本当に良かったなあ。

その一方、マリーンズの異常事態にはますます心が痛みます。
完全にMVPは道を踏み外したね。自らの主張を押し通すために、
応援すべき自軍のプレイヤーを否定するとは・・・

また、オリックスは岡田さんに監督要請したらしいですが、
さていったいこの先どうなることやら。
個人的には、大石大ちゃんにもう1年くらい
やらせてあげて欲しいんだけど。

明日はいよいよ王位戦第7局
木村八段が快勝続きで開幕3連勝を飾りましたが、
深浦王位が地元で敷いた背水の陣より巻き返してフルセットに。
第6局に続く陣屋決戦ですが、今回は道新のネ申中継!!
なんかカレーが食いたくなってきましたw

今日のマイナビは大ベテラン・関根さんの善戦及ばす、
最後で上田さんに逆転を喰らいましたorz
まあそれでも、本戦に出るだけでも立派なものです。
上田さんは冷や汗ものの勝利だったのではないでしょうか。

週はじめということで、今日はマジメに仕事に取り組むも
昨日の“白煙ショック”から抜け出せず、
まだ精神的にはちょっときっついです。
「あぁ、火、火が・・・ かあさ~~~ん!!」
ア・バオア・クー戦の学徒兵のごとくうなされていますw
まあ、自分が悪いわけでもないのですが、
オカンから「それみたことか」とイヤミを言われたのが
かなり悔しいんですね。
まずありえへんことが起こるのは、勘弁して欲しいです。

今夜のタイガースはスワローズとの直接対決で自滅orz
如何せん7回裏の大量失点があまりにもひどすぎました。
アッチソン、きちんと準備ができていたんでしょうか?

さあ、負け試合のことはもう放っておいて、
今年のノーベル賞発表まであと1週間。
今回の理系三賞はどんなネタが選ばれるのか楽しみ。
その結果が昨年のように日本人の業績だったらいいですね。
スケジュールをまとめておきます。
(スウェーデン語を使ってみましたw)

Oct. 5 18:30 JST: Nobelpriset i fysiologi eller medicin
         (Karolinska institutet)

Oct. 6 18:45 JST: Nobelpriset i fysik
         (Kungliga Vetenskapsakademien)

Oct. 7 18:45 JST: Nobelpriset i kemi
         (Kungliga Vetenskapsakademien)

Oct. 9 18:00 JST: Nobels fredspris
         (Norska Nobelkommittén)

Oct. 12 20:00 JST: Sveriges Riksbanks pris i ekonomisk vetenskap
            till Alfred Nobels minne

         (Kungliga Vetenskapsakademien)

Oct. ? ??:?? JST: Nobelpriset i litteratur
         (Svenska Akademien)

[追記] 文学賞発表は10/8の20:00(日本時間)で確定。

2009年9月27日 (日)

にんにく炒めが美味しい日

9月27日

優勝決定後の確信犯的なガッツポーズに、
まだまだ内館ねえさんのツン状態が続くことも確定。
ちょっと引っ張りすぎ、という気がしないでもないですが、
デレ状態に到達するまで生温かくヲチしたいと思います。

タイガースは岩田の好投、狩野の満塁弾などで快勝したようで、
どうやら昨日の逆転負けは「関テレの呪い」ということだけで
片付けることができそうです。
なんとか勝率5割目指して喰らい付いて欲しいですね。

関西独立リーグは大阪GVが勝ち、
前期に続いて後期でも優勝を決めました。
おめでとうございます。
したがって、チャンピオンシップリーグはありません。
経費が減ってよかった・・・なんて言うよりむしろ、
来年はいったいどうなるか恐ろしく不安ですorz

今日はいろいろあって疲れ果ててしまいました。
いきなり白煙。びっくりしますって_| ̄|○
明日からもバタバタと雑用の山々。
とりあえず、明日はマイナビがありますね。
精神的に参ったので、今日はこの程度で。

2009年9月26日 (土)

オーザックのカルビ焼肉味が美味しい日

9月26日

内館ねえさんのツンデレ劇場も佳境に入り、
明日以降のオチが楽しみで仕方がない今日この頃。
「全勝しようが、横綱としては二流、三流!!」
そんなツン状態をまったりと楽しみつつ、
来たるべきデレ状態に突入する過程を妄想し、
ああ、いつになったらねえさんの愛は横綱に伝わるの?
想いをめぐらせているところです。

・・・というか、確か来年の秋で任期満了ではあるけど、
普通に考えて、客観的なモノの見方ができない人を
審議なんとかという地位に付けたらダメですよ。
まあ、その審議なんとかという機関自体が
これまで客観的な判断なんて全くできないまま、
新しい横綱を推薦したり拒否したりしてきたんですがね。

いきなり冒頭から変な話題になってしまいましたが、
シルバーウィークがあったために「もう休日?」という印象。
とはいえ、今年度の上半期最後の週末です。
10月からの下半期に向けて準備しなければならないことが多く、
いまのうちに終えておくべく、作業に勤しむ週末になりそうです。
来月は海外で割と長い時間しゃべらせてもらうことにもなり、
英語でネタを繰る準備も早めにしておかないといけません。

今日のタイガースは7-2からひっくり返され、
スワローズが勝ったために4位転落。
ああいうゲームをしているようでは、
仮にCSに出場できたとしてもドラゴンズに勝てんでしょうねorz
関西独立リーグは、明石RSが勝ち、大阪GVが負けたため、
今日の優勝決定はありませんでした。

昨日のA級順位戦▲丸山-△谷川戦は
どうやらわずかに先手が良かったようですが、
終盤で丸山九段が間違えてリードを失ったところで
心がボキッと折れてしまったのかあっさり投了。
谷川九段が唯一開幕3連勝を決めて、単独トップに立ちました。
これでA級順位戦は3回戦が終わり、
全勝が1人、2-1が6人、全敗が3人と分かれています。
名人挑戦については谷川先生に頑張ってもらうとしてw
やはり降級をめぐる争いが気になりますねえ。

B級1組の6回戦結果は以下のとおり。
さすがに▲渡辺-△山崎戦は後日に行われます。
久保棋王が全勝をキープ。深浦王位が痛い2敗目。

鈴木_八段○-●屋敷_九段
行方_八段○-●深浦_王位
杉本_七段○-●堀口一七段
渡辺_竜王?-?山崎_七段(10/2に対局)
阿部_八段●-○久保_棋王(千日手指し直し局)
松尾_七段○-●豊川_七段

5-0 久保(5)
4-1 渡辺(4)、山崎(10)、松尾(12)
4-2 鈴木(1)
3-2 深浦(2)、行方(8)
2-4 堀口一(9)、屋敷(11)
1-4 杉本(3)、畠山鎮(8)
1-5 阿部(7)、豊川(13)

続いてB級2組の4回戦結果は以下のとおり。
朝日杯に続いて銀河戦も優勝を決めた阿久津氏が開幕4連勝。
それに引き替え、ハッシーは・・・orz

北浜_七段●-○佐藤秀七段
__七段○-●森下_九段
田中寅九段○-●畠山成七段
土佐_七段●-○島__九段
桐山_九段●-○先崎_八段
神谷_七段●-○中村修九段
窪田_六段○-●中田宏八段
__九段○-●中川_七段
橋本_七段●-○安用寺六段
阿久津七段○-●青野_九段
野月_七段○-●飯塚_六段
内藤_九段●-○森奚隹九段

4-0 中村修(6)、阿久津(11)
3-1 島(4)、野月(19)、▼桐山(23)
2-2 北浜(1)、森下(2)、田中寅(3)、先崎(5)、佐藤秀(7)、中田宏(8)、
  南(9)、橋本(10)、中川(12)、泉(13)、飯塚(14)、安用寺(21)、
  ▼森けい(24)
1-3 土佐(16)、▼畠山成(17)、神谷(18)、▼内藤(20)、窪田(22)
0-4 ▼青野(15)

明日はいよいよハッシーのNHK講座が最終回。
何かパフォーマンスでもしたんかなあ?
どこかの電器屋で最終回を見届けたあと、
フラッと仕事場に寄って適当に作業の続きをする予定。
オーザックのカルビ焼肉味は、どこらへんが「カルビ焼肉味」なのか
最後までさっぱり理解できませんでしたが、美味しかったです。
カルビ焼肉なんて、一応は食ったことあるよなあ・・・オレorz
それよりも、黒いパッケージで「メンズセレクション」という副題が
個人的にはツボにきました。
「メンズティッシュ、3枚重ねで丈夫」みたいな。

2009年9月25日 (金)

ホールズのグリーンレモンが美味しい日

9月25日

土井正三氏が亡くなられたとのこと。
私は今でこそタイガースを応援していますが、
物心がついてプロ野球という存在を知った頃は、
王選手のいるチームが自分にとってプロ野球の中心にありました。
王選手からホームラン王を奪った田淵のいるタイガースは、
単にジャイアンツのライバル球団という位置付け。
(いまでは考えられないやw)

その頃、すでにジャイアンツは長嶋監督が就任しており、
当時に眺めていた選手名鑑では、まず長嶋監督。次に王選手。
そしてその後に続くのは土井選手でした。
普通は監督に続いてピッチャーから順に並ぶものですが、
監督の次に王選手と土井選手が掲載されるのは、
彼らがコーチ兼任だったからです。
その後に投手、捕手、内野手、外野手と続く体裁であり、
したがって、私の土井選手に対する第一印象は、
「王選手と同じくらいすごい人なんだ」というものでした。
高田や柴田や柳田はもちろん、安打製造機の張本よりも
子供心に高いランクに置いていたのです。
「セカンドって格好ええなあ」と思うようになったのも、
土井選手の影響が大きかったと思います。

そういう第一印象があって、
土井氏がブルーウェーブの監督になったときに
いつまでもジャイアンツカラーを脱却できなかったこと、
監督として飛び抜けた成績をあげられなかったこと、
そして何より、イチロー選手をうまく取り扱えなかったことが
残念でなりませんでした。
挙句の果てには一茂に罵言を浴びせられたりして
まあそれはともかく、土井正三という名前に対して
「イチローの才能を見抜けなかった指導者」としてだけ
人々に語り継がれていくことになってしまうのならば、
これは正直つら過ぎます。
現役時代から兼任コーチとして、
青年監督時代の長嶋さんを支えていたという私の幼い記憶を
あらためてここに書き記し、
土井正三さんのご冥福をお祈り申し上げます。

今夜のタイガースは能見の投打にわたる活躍で快勝。
これで残り10試合。借金完済のためには8勝2敗が条件か・・・orz
まだまだ厳しい星勘定ですね。
関独は大阪GVが後期優勝へマジック1に。
相変わらず暗いニュースばかり飛んでいますが、
とりあえずリーグチャンピオンシップはなさそうです。

王座戦第3局は、羽生名人後手番の横歩取り△8五飛に
山崎七段が本家本元の新山崎流で挑むも、
駒得を重ねた羽生名人が快勝、王座18連覇を達成しました。
これで5期連続ストレート勝ち? 王座戦での対局16連勝?
確率統計の概念を超越してるわ_| ̄|○
今回は山崎王子を応援していただけに、
あまりの強さに溜息ばかりが出る結果に終わりました。
まさか王位戦よりも先に終わるとはねえorz
王位戦第7局は29日から。道新のネ申中継も確定しましたw

今日は順位戦もあり、A級の▲丸山-△谷川戦は相穴熊。
谷川先生が勝てば暫定トップから「暫定」の文字が取れて
関西のファンには素晴らしい展開になりますが、
さてどうなるでしょうか?
さらにB級1組の6回戦とB級2組の4回戦も進行中。
対局が多すぎてついていけへん・・・
ハッシーは負けorz 今期も昇級はむりぽ。

昨日の倉敷藤花戦挑決について、主催の山陽新聞で記事に
タイトル三番勝負の開幕戦は11/11とのことですが、
対局場所は東京の将棋会館なのか・・・orz
これはちょっと「異議あり」ですね。
昨年まではそれでよかったのかもしれんが、
今回はタイトルホルダーが関西所属なんだから、
里見さんが待つ「御上段の間」に挑戦者が足を運ぶのが
筋ってもんでしょう!!

なんでタイトルホルダーがわざわざ東京(敵地)へ
直々に出向かないとアカンの?
ちょっと納得できないです。

最後に、京都新聞にこんな記事
よく知っている人が何人かいるんですが、
滋賀医科大の学長が松中出身とは初めて知りましたw

2009年9月24日 (木)

白あんドラ焼きが美味しい日

9月24日

秋分の日も過ぎ、昼より夜のほうが長いんですね。
なんだかんだでシルバーウィークもアッー!という間でした。
21日から簡単に振り返ります。

月曜日は、ひとことで言えば「移動日」。
現地では相変わらず食べるものに困りましたが、
幸いにもホテルの目の前にCoCo壱。なんて素晴らしい環境w
この日は、スーパーまさし君(サジッキー)が
初登板から連続試合無敗の日本プロ野球記録を更新し、
タイガースの敗戦にもかかわらずwktkしながら
ホテルのTVにかじりついていたのですが、
各TV局の残念な対応に凹みました。地味で何が悪い!!

火曜日は午前に講演。寝ぼけているうちに終了orz
いつもは寝てる時間やっちゅうねん。(←誇張しすぎ)
おそらく重要な事項をきちんと解説できなかったかも・・・
お昼に近辺をブラブラすると、珉珉を発見。
こんなところにもあるのかと思って店に入ると、
昼時なのに貸切状態でした。
年季の入った店(「小汚い」とも言う)なので
こういう店に慣れてない方は敷居が高いかもしれませんね。
少し値段は高めでしたが美味しかったです。
まあ、たまには浮気もいいでしょう。

夜に帰草。晩飯がまだだったので、久々に向日葵さんへ。
鯵の開きで軽く1杯。アルコール自体が久々です。
この日は関独の大阪GV-神戸9C戦で、吉田投手が先発。
急造野手もいるなか(この日、神戸9Cのベンチ入り野手は6人!!)
4回まで無失点に抑えたのは驚きました。
5イニング目にランニング本塁打を打たれるなど(急造野手の所為?)
崩れてしまいましたが、5イニング3失点は上出来ですよね。
この結果を受けて、もう1回先発機会があるようです。

水曜日も早起きして、午前中に甲子園に到着。
12時試合開始の秀太選手引退試合を観戦しました。
詳細は1つ前のエントリーにて。
阪神なんば線はまだ乗ったことがなかったので、
帰りはなんば線に乗ってミナミへ寄り道。
ブラブラと歩くだけでしたが、結構な距離を歩きました。
途中にハラが減ったので、目に入った大阪王将へ思い切って入店。
これこそ浮気。ほんの出来心なんやて。はじめてやし許して。
大阪王将では「京都王将の回し者は出て行け!!」
店からつまみ出されることもなく、
評価の基本となる餃子と中華丼をいただきました。
味は・・・やっぱり似てますね。

オールスター【GI】は武田が勝ち、今年のダービーに続き特別を2勝目。
ダービー・オールスターという他のGIよりも賞金の高い2つを制し、
今年の賞金額がエラいことになってますw
平原-武田-神山と並んだら、もう神山は無理なのかなあorz
関独では火曜・水曜の2日で4試合もこなした明石RSが、
水曜の神戸9Cとのダブルヘッダーで連敗して優勝争いから大きく後退。
1試合目に負けた時点で大阪GVにマジックナンバー3が点灯し、
2試合目の敗戦でマジックナンバーは2に。

それと朝日杯。昨日に▲清水上アマ-△松本六段戦があり、
清水上さんがプロ4人抜きを決めて一次予選突破の快挙
さすがに二次予選のメンバーは厳しくなりますが、
どこまで勝ち進めるでしょうか?
個人的には、現在の調子の清水上さんが激指と三たび対戦したら
過去2戦の雪辱ができるかどうが気になりますね。

さあ、追いついたw 今日は朝から仕事場で雑用。
本当は秀太関連記事を見ようとスポーツ各紙を買いたかったんだけど、
タイミングが悪いというか、ドラゴンズがだらしないというか、
昨日にあっさりとジャイアンツが優勝を決めたらしく、
スポーツ紙購入を断念。それくらいのプライドは持たないけません。
それにしても、なに。近鉄百貨店って。
なんで巨人が優勝したら、近鉄が優勝セールすんのよ。
それはアカンやろ。一応はバファローズという名の球団があんねんで!!
阿倍野近鉄で将棋まつりやってくれるから優しく言うてるけど、
ホンマに怒ってますよ、私。

中継のあったマイナビの▲長沢-△久津戦は長沢さんの勝ち。
それよりも倉敷藤花戦の挑決が気になりましたが、
本田さんと親しい大矢氏ブログによると、マリカ号が勝った模様。
これで里見-中村のタイトル戦。
確かまだ55年組(矢内・石橋・千葉)どうしのタイトル戦はなく
一気に世代を飛ばしてしまったかのような印象です。
そして明日は王座戦第3局
王位戦より王座戦のほうが先に終わってしまうことだけは
なんとしてでも避けて欲しいです。
明日は順位戦もたくさん。

今日は少し嬉しいこともありました。
だいぶ待たされたけど、自信作品の別刷が到着。
PDFでは随分と見ているのに、やはりちゃんとした印刷物を手に取ると
顔がにやけてしまいます。ちょっとウカレポンチすぎ。

9・23備忘録(秀太選手引退試合)

例のごとく文章力がないので、備忘録風に。
詳しくはサンスポデイリーの記事や、
デイリーの写真特集などを参照してください。

【試合開始まで】
・阪神電車で甲子園に到着。
・1分ほど並んだだけで、すぐにチケットが買えた。

・8番入口から入場。この日はバックネット裏と一塁側内野席のみ。
・ボールガールのコスプレをしたおねいさんから
 秀太の選手カードをいただく。在庫処分とは言わせない。
 (いやいや、球場なんだからコスプレじゃなく本職だわorz)

・一塁側内野席のグラウンドに近くて見やすい場所に陣取る。
・甲子園なのにタイガースが先攻。
 中止になったホークス主催ゲームの振替試合?
・スタメンはこちら・・・といっても画質悪すぎるので、
 掻い摘んで書けば、2番セカンド秀太。
 クリーンナップはイクロー、ヒロシ、リンちゃん。
 ホークスも村松や柴原がスタメンで豪華メンバー。

【堅守の序盤戦(1~3回)】
・席に着いたら程なく試合開始。
・1番柴田凡退後、「2番、セカンド、秀太」のアナウンスで
 とにかくものすごい歓声。
 以降も、秀太の一挙手一投足について、すごい大声援だった。
・中虎問題でお蔵入りした秀太のヒッティングマーチを
 ファンのみんなで合唱。(もちろん鳴り物なし)
 泣きそうになった。

♪萌えろ秀太 根性だ 男の意地だ 突撃秀太
 男の中の男なら お前のバットで決めてやれ~

・「突撃秀太」の部分を「突撃中野」と何度も言い間違える。
 しっかりしろ、オレorz
《twitter》1打席目はセカンドゴロ。
・続くイクローではヒッティングマーチの声はあまり聞こえず。
 リンちゃんのときもそう。これが通常の二軍戦なのだろう。
 (甲子園ではあるが、テーマソングも流れない)
・セカンドの守備に就く秀太。やはりアナウンスで大声援。
・守備では1回裏に6-4-3の併殺に参加。
・2回裏と3回裏にセカンドゴロを1つずつ捌く。

【巧打の中盤戦(4~6回)】
・4回表、先頭打者で秀太が登場。

♪萌えろ秀太 根性だ 男の意地だ 突撃秀太
 男の中の男なら お前のバットで決めてやれ~

・ホークス先発の岩嵜から一二塁間を破るチーム初安打。
・スタンドは興奮の坩堝。不覚にも涙が止まらず。
・ちょっと落ち着いてから携帯で書き込み。
《twitter》2打席目、右前安打。
・スタンドからは「走れ!走れ!秀太」の大合唱。
・次のイクローの打席で秀太一塁からスタート。
 ヒットエンドランが決まって一、三塁に。
・ヒロシの併殺崩れの間に秀太生還。
・次の打席は5回表、二死ランナーなし。

♪萌えろ秀太 根性だ 男の意地だ 突撃秀太
 男の中の男なら お前のバットで決めてやれ~

・この打席でも一二塁間を破る鋭い当たり。
・このときも・・・オレ涙もろくなり過ぎやわorz
《twitter》3打席目も右前安打。
・スタンドでは「まだ現役でいけるやん」との声。
・5回終了時のグラウンド整備の時間にトラッキーとラッキーが登場。
 バックネット近くでパフォーマンス。
 ファームでは珍しいのかな?

【最後のやらかし(7回)】
・7回裏、二死二塁で立岡の一二塁間を破ろうかという当たりを
 秀太が飛び付いて好捕!! しかし・・・
《twitter》悪送球やらかすorz
・秀太の送球は大きく左(外野側)に逸れ、二塁走者が生還。
・いつもならスタンドで怒号が飛び交うところだが、
 この日ばかりは「やっぱり秀太やなあ・・・」との
 どこからともなく発せられた声に、みんな納得。
・結果的にこのエラーが決勝点。いったい誰?このシナリオ書いたの!!
・帰宅してわかったことだが、このエラーによる敗戦で
 タイガースはウエスタン優勝を逃したそうな。このシナリオ(ry

【最後の打席、最後のショート(8回)】
・8回表、おそらく最後になると思われる秀太の打席
 スタンドの応援は最高潮に。

♪萌えろ秀太 根性だ 男の意地だ 突撃秀太
 男の中の男なら お前のバットで決めてやれ~

・この回先頭の柴田の四球の後だっただけに、
 「まさかバント?」とも思ったが強攻策。残念ながら空振り三振。
・ベンチに戻る秀太にスタンドは総立ちで拍手。また涙腺が・・・orz
・8回裏、ショートの水田と守備変更。
 かつてレギュラーを張ったショートの守備位置に。
・マウンドには久保田が登場。
・先頭の柴原はショートゴロ。
 まさに「守備位置の変わったところに・・・」
・しかし、秀太が捕球する寸前に大きくイレギュラーw
 打球は秀太の頭上を大きく越えてヒットに。
・その後、久保田が踏ん張れず・・・
《twitter》久保田炎上orz
 しかしアウトはすべて三振。
 コミーが受けるミットの音が他の投手とは全く違った。

【みんなは秀太のために(9回)】
・9回表、まずリンちゃんが二塁打、水田タイムリー、
 野原マー君もつなぎ、この3連打で球場のボルテージが再上昇。
《twitter》秀太もう1打席まわる?
・あと1人が塁に出れば秀太にもう一度まわるということもあり、
 ここでスタンドは「チャンスわっしょい」がスタート
 鳴り物なしの「チャンスわっしょい」は異様な感じだったが、
 なんだかんだでみんなで一生懸命応援してた。
 みんな秀太の打席をもう1度見たいのだ。
・しかし、あえなく橋本とコミーが連続三振して二死。
 (コミーの三振はどう見てもファウルに見えたが・・・)
・打者は代打勇丞。勇丞が出れば秀太にまわる。
 ここでスタンドは一球ごとにマウンドの育成枠山田を威嚇w
 山田はストライクが入らなくなり、カウント0-3に。スタンドは大騒ぎ。
・1球見送ったあとの5球目、勇丞の打球はセカンドとライトの中間へ!!
・しかし、ホークスのライト中村が超スーパープレイでダイビングキャッチ
 この瞬間、ネクストで待つ秀太にも、ファンにも、無情のゲームセット。
・当然スタンドからは「空気嫁」との怒号。
 しかしあまりにも美技だったためか、怒号は控えめだった。
 (ふくもっさんなら「スタートが悪い!!」のダメ出しだけかもしれんが)

【エピローグ】
・試合が終わると全員総立ち。
・後ろの席の子供が「なんも見えへん~」。
 すまん。おっちゃんも立たんとなんも見えへんねん。
・甲子園と鳴尾浜での二軍最終戦ということで、
 まずはタイガースナインが一列に並んで挨拶。
・そのあと、秀太選手へ花束贈呈。
 はじめにホークスから柴原選手が。続いてタイガースからおはぎ。
 「福原かい・・・」と、この間までのローテーション投手の登場に
 何故かざわめきと失笑と怒号が飛ぶ。
・最後に家族から花束贈呈。
・選手たちが二塁付近に移動して、
 長年ショートやセカンドを守った秀太選手を胴上げ
 泣けない奴はタイガースファンをやめたほうがよい。
・胴上げが終わると、スタンドから「もう1回!もう1回!」のコール。
・しばらくコールが続くと、秀太選手が二塁から三塁側へダッシュ。
・選手たちの輪から逃亡したかのように見えたが、
 加速したまま三塁を蹴ってカーブ、ホームベースにヘッスラw
 (チームメートから「なんかしろ!」の声があったようで、
  これは「もう1回」コールに応えろという意味だろう。)
・マイクによる挨拶はなかった。これは残念。
・ベンチの前でチームメイト1人1人と別れの握手。
Shutaafter

【その他感想】
・たくさん泣いて、たくさん笑った。満足しました。
・鳴り物のない応援もいいですね。
 とくに、今回は鳴り物がなかったからこそ、
 中虎問題でお蔵入りした秀太マーチをみんなで歌えたのだと思う。
・鳴り物なしの「チャンスわっしょい」は、敵の立場なら絶対イヤだw
・今岡さんやフジモンもいた。今岡さん、どうするんだろ・・・
・近くの席にいた60歳前後と思わしきご婦人が超毒舌。
 大阪弁まるだしのトラキチおばちゃんで、
 息子の嫁と思われる女性が一生懸命お相手。嫁姑関係たいへーん。
 話のオチはたいてい新井さんイジリ。
 「なんで打てへん新井がここにいーひんねんな!!」
・前の席にいたお姐さんが「八木さんどこにいんの?」と
 ずっと八木コーチを探していたが、たぶんベンチの中だと思う。

2009年9月23日 (水)

秀太のくせに

秀太のくせに
愛され方が異常。

本当にお疲れさまでした。

最後の打席

最後の打席
三振。
スタンディングオべーション。