フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

レモン寒天が美味しい日

11月30日

11月も終わりですね。
仕事ができあがってないので今日はこんなけ。
タンブラーのほうは、更新がラクチンなので
随時それなりに更新中。
そういえば、まだ「よつばと!」の新刊、買ってないやorz

2009年11月28日 (土)

かっぱえびせんのマヨネーズ味が美味しい日

11月28日

月末の締切に向けて、どうも仕事が進みません。
気持ちの問題なのは明らかで、本当に情けなく思います。
というのは、この仕事は前回も締切が守れずに
2日ほど原稿送付が遅れてしまったのですが、
何事もなくコトが進んでしまったために、
「今回も2日くらい遅れても大丈夫」という慢心に
どっぷりと浸かってしまっているのです。
もちろん、明日の夜あたりになると
しっかりテンパっていると思いますがorz
自分の心の弱さには、ホトホトいやになりますね。

まあ、人間というのは不完全なモノであり、
誰にでも多かれ少なかれ欠陥がある。
その欠陥が如実に表れる典型例が、
立場の強い者が弱い者を苛める構造です。
某大学で明らかになったセクハラ問題は、
1人の人格欠陥者が起こした問題ということでなく、
複数の人間がそれぞれ狂った行動を取っているあたりに
本質があるのだと見ています。

大学という組織・コミュニティーが、
ハラスメントの温床になっている現状をどう捉えるか?
「再発防止に向け、教職員の行動指針、倫理綱領を年内に策定する」
などと大学側は寝ぼけたことを言っていますが、
大規模なコミュニティーには狂った人間が少なからずいるわけで
そういった人間に対して「行動指針」だの「倫理綱領」だの
姑息なことをやっても何の意味もないのですよ。
ハラスメントを防ぐには、弱者側の視点から考えないと!!

今回明らかになった2件のうち、報道された方の社会学研究科は
おそらく衣笠キャンパスのほうであり
以下はちょっと見当違いかもしれませんが、
草津キャンパスの学生の声はよく聞こえてきますので、
なんとなくこの大学の体質について思い当たることはあります。
例えば、学生が草津キャンパスに車で通学すると
詳細は知りませんがとりあえず「停学」になるそうです。
しかし、教員・職員はのうのうと車で通勤しています。
他にも、「○○○をすれば退学、停学」という“脅し”や、
学生との同意もない一方的な命令が横行していると聞いています。
登録(お金いるの?)なしには自転車も駐輪できないそうですよ。
なぜ、学生から反発の声が上がってこないのでしょうか?
声を上げればペナルティーがあるから?

こういう学生に対する「虐げ」が、立場の強弱をさらに鮮明にして
立場の強い者が弱い者を苛めやすい構造を助長してきたのではと
なんとなく想像しています。
セクハラも2006年から続けられていたそうで、
弱者たる学生から大学への反発の声が上がってこないのと同様に、
結局は被害を受けた学生が「NO!!」と声を上げられる環境を
全く整備していなかった。それどころか、
弱者が声を上げにくいことを「良し」としていたのではないか
大学の運営方法をしっかりと検証する必要がありますね。
この大学には多少なりとも世話になっているので
衣笠のこととはいえ(もう1件は草津かもしれないがorz)
非常に残念に思いました。転籍問題だけで終わってほしかったorz

今夜はこれから王将に行って、
ぎょうざ倶楽部の更新作業を終えてきます。
脳内BGMはまだ未定。その場の雰囲気で決まるでしょうか。

2009年11月27日 (金)

キムチと雑魚の炒め物が美味しい日

11月27日

オマリー解雇で苦笑い、コヴァマサのG入りで高笑いという一日、
もう長らく散髪に行ってなく、髪の毛はボサボサです。
散髪に行く時間が取れないのですorz
ついに昨夜、仕事場にいる某女性から
「汚らしいですね」と言われてしまいました。
これはおそらく、先日に某総合エンターテインメントグループ(笑)
天皇の即位20年イベントで歌を歌ったかなにかで、
「皇室の前に出るのにヒゲ面とか、ホンマ汚らしいな」
その兄ちゃんたちを罵倒した報復なのだと思います。ファンッテコワイネ
どうでもいいが、総合エンターテ(ryって。
スイーツ脳は、本当にイヤになりますね。

今日は朝から少し時間が取れたので、
散髪・・・ではなく、当然のように本屋へ。
本屋に行くのは小樽の駅前以来、本当に久しぶりです。
ようやく来年の天文年鑑と天文手帳を確保しました。

そして、マンガでわかるシリーズの新刊をチェック。
新しく2冊の発刊を確認。まずは、こちら。

微分方程式のマンガ本は珍しいですね。他にありましたっけ?
これは興味をそそります。しかも信頼のブランドトレンド・プロ
さらに、巫女みこナース
いや、巫女ではなくて女神ということらしいですが、
肝心の内容は・・・

うーん、ちょっと視点がズレているというか、
せっかく「微分方程式」というタイトルで本を作っているわけだから、
これではあまりにも内容が“狭すぎる”と感じました。
微分方程式を立てる作業自体を掘り下げるのではなく、
もう少し広い視点で、多くの微分方程式の形と、
その解法の“定跡”のサワリを示してあげたほうがよかったかなと。
この内容では、絶対にもう1冊入門書が要りますよ。
巻末に次に読むといい入門書のリストがあったけど、
もう最初からそちらで勉強したほうが・・・orz

微分方程式については、以下のように考えています。
工学者を志す若い方が、なぜ微分方程式を勉強しなければならないか?
現実的に、微分方程式を解けないと困るかというと、実はそうでもない。
数値計算でいいのなら、コンピュータが解いてくれますから。
ただ、基本的にはコンピュータは解析解をポーンと見つけてくれるわけでない。
微分方程式の解から何を見出すかは、もうこれは人間の素の能力であって、
コンピュータができないことを処理する力を身に付ける必要があります。
そのとき、数値解から何かを見出すなんて、ものすごく難しいんですね。
解析解がわかって、その物理的(ときには化学的)背景が見えてくるわけで、
微分方程式を解く作業から次の高いステップに進むためには、
解析解を求める「努力」をしておかなればならないのです。
「努力」と書いたのは、そりゃ解析解なんてほとんどの場合解けませんw
しかし、対象の微分方程式に近い形の解法(いわゆる“定跡”)を
きちんと押さえておいて、解析解を求めようと悪あがきすることが
たとえ解析解を求めることができなくても
物理的背景を見抜くきっかけになるのです。

そういう意味で数多くの“定跡”を習得しておくことが大事で、
うまくいけば、“定跡”をたどったあとの“新手”によって
スパッと解析解が求まる場合があります。その爽快感はたまりませんね。

話が脱線したので戻ります(変な文章になってしまったorz)。
もう1冊。こちらはマンガでわかるシリーズ初登場の絵師さんですね。

絵師さんが気に入った!!・・・というのはおいといて、
こちらは素直に良書だと思いました。
流体力学についてあれこれと指導した経験はありませんが、
基本的な事項が丁寧に解説されており、冗長な内容もありませんでした。
本格的な専門書を読む前の入門書として、必要十分だと思います。

来月は熱力学と、そして量子力学がリリースされる予定です。
量子力学は「マンガでわかる宇宙」と全く同じスタッフで作るようで、
正直ちょっと専門外じゃないの?と思ったりしていますが、
入門書なので気にするようなことでもないのかもしれまでん。
目次を見る限りでは、量子力学というより「量子論」なんですがorz

昨日のA級順位戦は藤井九段が原点回帰の藤井システムで快勝。
振り飛車党にとっては嬉しい勝利だったのではないかと思います。
これでA級は5回戦が終了し、3人が4-1と並ぶ形で後半戦に入ります。
今日のマイナビ▲石橋-△真梨花戦は石橋さんの勝ち。
現在はB級1組の9回戦が進行中です。

11月もあとわずか。以前にも書いたように、
今年はぎょうざ倶楽部の会員更新作業が遅れてしまい、
さらに北海道遠征なども挟まって、結構ヤヴァかったのですが、
なんとかあとスタンプ1個まで漕ぎ付けました。
「猛チャージ」という言葉が似合うのは、
自分と石川遼クンが双璧である
と自画自賛しているところです。
苦労した甲斐あっていよいよフィナーレですが、
盛り上げるための脳内BGMがまだ決まりません。
情熱大陸のエンディングとはちょっと違うよねえ。

2009年11月26日 (木)

十勝あずきキャラメルが美味しい日

11月26日

竜王戦第4局は93手で渡辺竜王が勝ち、
ストレートで防衛を決めました。
内容的に完勝だったのではと思います。
今回の七番勝負は、開幕局の比叡山決戦こそ大混戦でしたが、
第2局では既に渡辺竜王だけに流れが向いているような感じで、
いま思えば、第3局の名手△7九銀で、
すべてが決まっちゃったかのようなシリーズになってしまいました。
第4局は、二日連続でモンブランを採用する念の押しよう(?)で
十八世名人を寄せ付けず。
第2局以降は2日目を完全に支配していましたからね。

前期の5連覇で永世竜王となった渡辺竜王は、この防衛で6連覇に。
しかもその相手が、森内、木村、佐藤、佐藤、羽生、森内ですから、
恐ろしいものがあります。
永世棋聖、十九世名人、十八世名人と連続して打ち破られたのなら、
いよいよ十七世名人が永世竜王と対決する出番になりますか。
(そうなるといいなあ・・・)
それにしても、渡辺竜王がなぜ他のタイトルに手が届かないのか、
そして、そもそもなぜA級に居ないのか、はっきり言って謎ですw

松本零士氏とMKHR兄貴が何故か和解したとのこと。
「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」
・・・盗用云々というような大したフレーズでもないと思うんですけど、
まあいろいろと思い入れがあるんでしょう。
こうやってブログに書いてエサを撒くと、
「盗用→損害賠償」と訴訟魔が釣れたりするのかもしれませんが、
我々のような一般市民はカネにならないから、きっと大丈夫。
おそらく、覚醒剤に手を出したバカアッー者に対して厳しい、
「正義の人」と理解しておけばいいような気がしてきました。
のりピーも介護の勉強なんかしてる場合やないで。
MKHR兄貴を見習わないと!!

そういえば、ちょっと話題にする時期が遅れましたが、
今年タイホされた人でも普通に大晦日のNHK紅白に出場するんですね。
何かあったらとりあえず「シンゴー!!」と叫ぶというのは、
今年得られたもっとも大事な生活の知恵かもしれません。

今日は普通に仕事をしただけで、とくに話題にすることもなく
くだらない内容になってしまいました。
(「いつもくだらないよ!!」という声が聞こえそうだ・・・)

2009年11月25日 (水)

ステーキが美味しい日

11月25日

事業仕分けでJICAも痛い目に遭ったようです。
JICAについては削られて当然の部分と、
これは勘弁したってくれよという部分と両方あります。
最近はJICAの方と仕事をすることも増えましたが、
「現地のために」と最前線で頑張っておられる技術者と
(イエメンで拉致された方は無事に解放されて本当に良かったです)
同じ現地組でも「事勿れ主義」のマネージメント側との温度差を
思い知らされることが度々ありました。
JICAの場合、国と国との関係も絡むのでいろいろあるのですが、
余計な関連機関(日本国内)を通しすぎるため、
中間マージンをかなり削られているような気がします。
無駄をなくす意味で、適宜見直しをするのは結構なんだけど
現地で本当に頑張っている方の足を引っ張らないような形で
お願いしたいですね。

今日から下呂温泉で竜王戦第4局
ストレート決着で渡辺竜王の6連覇が決まるのか、
それとも昨年のような大どんでん返しの幕開けになるのか、
注目の一局は、一手損角換わりから腰掛け銀になっています。
あと、ぴえちゃんが着物です。
もし明日が違う着物だったら正直ビビりますw

久しぶりに、ちゃんとした(?)肉を食いました。
普段の無茶な働き方に気を遣っていただいたようで
申し訳ない気分です。
・・・でも、うまかったよ~
  牛丼とはちがうよ~
牛肉の値段って、実はあんなに高いんですね。(遠い目)
ご馳走様でした。

今夜帰宅したら、墨を摺って「永作博美」と書きます。
「永作博美」と墨で半紙に書くのは、今回を最後にします。
ご懐妊おめでとうございます。前回の狼狽はこちら

2009年11月24日 (火)

Pascoの和栗サンドロールが美味しい日

11月24日

今朝の朝刊で真っ先に目に飛び込んできたのは
日高敏隆先生の訃報でした。
今月14日に肺がんで亡くなられたのこと。

ご講演は何度か拝聴させていただきましたが、残念ながら
直接お話をさせていただく機会はありませんでした。
ただ、自分がどんな状況・環境にあろうとも、
常に20%のメンバーであるべく踏ん張ろうとする心構えは、
日高先生の有名な「ハタラキアリ」の話に感銘を受けて
なんとかいまでも実践している(した気になっている?)ことを
この場を借りてご報告させていただきます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

タイガース藤本選手のFA移籍が確定した模様
スワローズでは若手に負けぬよう、頑張って欲しいと思います。
FA組ではafoはいったいどうなるんでしょうかねえ。

20日に締切の英語原稿が1つあったことを、
今日の朝に偶然思い出しました。
慌てて一から取り掛かり、午後3時頃には完成して送信。
なんとか落とさずに済んだようでよかったです。反省しますorz
でも、次からは4~5日前にリマインダーを投げてください。
(↑反省してないやんorz)
最近はうっかりが多くていけません。
きちんと仕事がこなせない者は、本当にクズですよ。
今回の件は「恥」として、今後の戒めにします。

2009年11月23日 (月)

鱈のホイル焼きが美味しい日

11月23日

勤労感謝の日ですか。
毎日無事に働けることは本当にありがたいです。
一心不乱に仕事に打ち込むことで、
不甲斐ない私生活から目を背けることができる。
そして仕事に行き詰まったら、仕事から現実逃避するw
現状は、そのバランスがいいのかもしれません。
・・・なにこのネガティヴとネガティヴのぶつかり合いorz

まあ、好きなことをさせて頂いているという認識を大事にして、
できれば、自分の近くにいる人たちに
どういう新しい価値を創ろうとしているのかを
理解していただければ本当にうれしいですよね。
ただ、これが非常に難しい。
簡単だったら、事業仕分けで予算を削られませんってorz

今日はサんスポを買ったのですが、
昨日の倉敷藤花防衛を受けて、どんな紙面になっているのか
楽しみにした結果がこれ↓

里見さんの追っかけ記事には定評があるサんスポだけに、
こんなちょっとの扱いには正直驚きました。
昨年は、1ページ近く使ってましたからね。
これが奪取と防衛の違いなのか、
16歳と17歳の違いなのかは謎です。

そういえば、LOT決勝のときは「戦うセーラー服」として
サんスポ最終面ぶち抜きだったわけで、
やっぱり年齢ということですかねw
冷めやすいあたりも、さすがサんスポというところ。
専門的な意見としては、55年組の「タイトル初防衛」は、
千葉さんが26歳、矢内さんと石橋さんは27歳ですから、
17歳でタイトル防衛というのは特筆すべきことなんですけどね。
約10年も差を付けたということだから。

いや、本当はもっと大きな記事にするつもりだったのかもしれない。
しかし今日は、こんな記事が大きなスペースを占めていたのです。

松方兄貴に、してやられましたorz
ザッと見積もっても、倉敷藤花の記事の20倍以上のスペース。
これは仕方がない。松方兄貴にはかなわない。
運がなかったということです。
松方兄貴がマグロを釣り上げていなかったら、
もう少し大きなスペースで記事になったのだと思います。

余談としては、今日の読売新聞朝刊によると、
開幕前に新型インフルに感染していたという話も出ていました。
第1局の体調不良はこれが原因なんでしょうが、
そんな状況で、ストレート防衛は立派なものです。

中村さんは、やっぱり第1局の勝ち将棋を落としたのが
あまりにも痛かったですね。
結果は残念でしたが、再チャレンジを期待します。
落ち込む間もなく、今週金曜日はマイナビで石橋-真梨花戦。
タイトル戦で涙を飲んだ者どうしの対局となりますが、
再出発を白星で飾るのはどちらでしょうか?

そういうわけで、秋の女流3タイトル同時進行は
市代先生が女流王将防衛・女流王位奪取、
里見さんが倉敷藤花防衛
という結果で終了。
さすがに来年はそれぞれ時期をずらすのだと思います。

そういえば、昨年の倉敷決戦のときのサんスポは
まだ残っていたかな?・・・と仕事場を整理したら、
バッチリ出てきました






昨年も倉敷決戦と同じ日に
松方兄貴がやらかしていたのかYO!!

うわー、昨年は松方兄貴に里見さんが負けなかったんだw
ちなみに一面はこんなんでした。

・・・だからスポーツ紙は信用できない。
ただ、このオフの矢野さんの件では
タイガースとオリックスの接触が本当にあったようで
昨日に“デイリーが適当に書いている”としたのは失言でした。
近頃は変にスポーツ紙に信憑性があるから調子が狂っちゃうw

2009年グランプリレーサー

本日決勝の競輪祭【GI】は中部ラインの3番手が千切れて
二段駆けの後ろに付けた平原が優勝、
猛烈な捲りで突っ込んできた海老根が2着という結果で終了。
現地競輪ファンの暴動が起こりそうな失態に、
加藤チンペイは無事に小倉ドームを脱出できたのだろうかw
なんとか永井は5着に入ってGP出場権を確保したものの、
来年のSS争いのボーダー上にいる浅井は無駄死に。ご愁傷様です。
今日の結果を見てもわかるように、
結局は自力の脚がある者が強いってことですよ。

昨年までは、全日本選抜の決勝が終わると
時間も経たないうちにグランプリレーサーの発表が
大本営のサイトにアップされたのですが、
今年は21:40の時点でまだ発表されていません。
やはり「チンペイ氏ね」とのファンの暴動の収拾に
時間がかかっているのかもしれません。

一応、こちらで整理しておくと、
山崎・武田・平原・海老根・伏見・神山・加藤・石丸・永井で
間違いないとは思いますが、
いずれアップされるであろう公式発表でご確認ください。
その後に詳細を追記します。

グランプリレーサーが決まると、次は来年のS級S班争い。
賞金追加のリミットは12月8日までなので、
玉野記念【GIII】と伊東温泉記念【GIII】が要注目となりますね。
各地S級シリーズ【FI】に追加斡旋なんてことも
あるかもしれません。

[追記] 23:22

大本営の発表が来てました。
2009年のグランプリレーサーは、以下の9人です。

山崎 芳仁 (福島88)4年連続4回目
武田 豊樹 (茨城88)
4年ぶり2回目
平原 康多 (埼玉87)
2年連続2回目
海老根恵太 (千葉86)
初出場
伏見 俊昭 (福島75)
3年連続7回目
神山雄一郎 (栃木61)
4年ぶり14回目
加藤 慎平 (岐阜81)
4年ぶり2回目
石丸 寛之 (岡山76)
初出場
永井 清史 (岐阜88)
2年連続2回目

2009年11月22日 (日)

本物のししゃもが美味しい日

11月22日

倉敷藤花月間のメインイベントは一日だけで終了し、
里見倉敷藤花がストレートで防衛を決めました。
非常に慎重な指しまわしで、いつの間にやら
先手居玉に対し、後手はがっちり美濃囲い。
里見さんの終盤力を考えると、これでもう大丈夫だろうと
安心して中継を見ていました。
もし今日と明日と連敗して失冠するようなことになれば、
林葉さんの18歳という記録を抜いて
史上最年少タイトル失冠記録を更新することになっていたので
きっちり防衛できてよかったと思います。

この防衛劇の記事は、主催紙出雲の地元紙はもちろん、
すでに全国紙(読売朝日毎日産経)で配信されていますが、
表彰式後の記者会見であらためて、
大学に進学しない旨を明らかにした模様です。
以前から大学には行かないようなことは言っていましたが、
高校3年の今の時期の発言ですから、重みが違います。
猫も杓子もとりあえず大学に行く風潮のなか、
非常に立派な決意だと思います。敬意を表します。
もし東京や大阪に出る考えなら、ぜひ大阪でよろしくw
どうせ東京は対局で頻繁に出向くことになるわけで、
東京に出たときは東京の面々に相手してもらうとして、
日頃は糸谷・豊島・稲葉・村田アッキーあたりに
しっかり教えてもらうのがいいんじゃない?w

今日は日本シリーズの決勝も行われ、
こちらは谷川先生が6度目の優勝。
今回は連続出場が途切れる残念な大会になるはずでしたが、
本当に何が起こるかわかりませんね。
おそらくご本人は、自身の優勝のことより
渡辺竜王の代役としてしっかり役目を務め上げたことに
ホッとされているのだと思います。

こんな感じで、今日は関西将棋ファンにとっては
万々歳の一日となりました。
仕事はほとんど進まなかったけど、これはもう仕方がないや。
デイリーを見ると、矢野さんのオリックス移籍ネタがありますが、
まあこれはデイリーが適当に書いているんだろうけど、
個人的には、移籍できるのならそれもアリかなと思いました。

事業仕分けで科学技術関連の予算が大幅に削られたことについて、
方々から強い批判が出ていることは心強い限りです。
京大の化学系でエンジニアとしての修行をされた川端先輩には
本当に頑張って欲しいです。

賞金枠ランキング(11/22現在)

競輪祭、3日目が終了。

伏見俊昭
神山雄一郎
加藤慎平
④石丸寛之 68,233,100 不出場
⑤山口幸二 64,222,900 優 9R
--------------------------
⑥永井清史 61,273,000 決 11R

○数字はGI優勝者を除いた賞金ランク
決=最終日決勝、優=最終日特別優秀

加藤のGP出場が確定し、これで7つの枠が決定。
残る2枠は、きちんと確認していないけど
たぶんこんな感じでいいんじゃない?
(なに、この投げやり感orz)

永井が優勝した場合:
・2つの当選枠は永井石丸ですんなり決定

海老根、平原、加藤が優勝した場合:
・まず石丸が当選決定
・永井が決勝5着まで→永井当選
・永井が決勝6着→山口が特別優秀1着で山口当選、2着以下なら永井当選
・永井が決勝7着→山口が特別優秀6着までで山口当選、7着以下なら永井当選
・永井が決勝8着以下→山口当選

坂本、浅井、斉藤、有坂、山田が優勝した場合:
・まず優勝者が当選
・永井が決勝3着までで永井当選、4着以下なら石丸当選

間違っていたら申し訳ない。
共同インタビューによると、明日の並びはこんなんになる模様。

⑤浅井-⑦永井-③慎平-⑨山田
①海老根-⑥斉藤
②平原-⑧有坂
④坂本

中部の後ろ2人と有坂に注目します。