フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

鮎の塩焼きが美味しい日

7月31日

7月も終了です。早いです。
実は8月からブログの改編をやろうとか思ってたのですが、
仕事などで全く時間がとれず見送ることにしました。
(「など」の方が多いというのは華麗にスルーして頂ければorz)
そんなわけで、このブログも関西どっとコム時代から数えて
今日で6周年を迎えました。
これもひとえにご覧いただいている皆さま方のおかげ。
これからもお手柔らかにお願いいたします。
合言葉は「コメントの エロ宣伝は 控えめに」

ここ何年かは将棋界の話題をすることが多いのですが、
GoogleやYahooなどの検索エンジンから来られる方は、
プロレス関係と科学関係と食品関係が多いようです。
まあ、食品関係で検索して来られる方は、
エントリーのタイトルと記事の中身が全然ちゃうやないか!!・・・と
唾だけ吐いてとっとと去っていかれるわけですが、
どういう美味しいものを食ったかぐらいしか日々の愉しみがなく、
仕方のないところでもあるのです。
それでも、毎年10月初めの某賞速報解説には多くのアクセスがあり
多少なりとも読者の方々に話題を提供しているのではという自負も
ちょっとばかりあったりしたり。自惚れるなよ、アムロ君。

さて、今日のウチの仕事場はイベントがあり、
午前はそちらに少しだけ駆り出されました(←漢字合ってる?)。
宣伝活動の一種みたいなもんですね。
午後からは原稿を書きつつ王座戦女流一斉対局の観戦。
結果は女流の全敗に終わりましたが、どの対局も内容が濃く、
とくに最後まで残った▲牧野-△清水戦は、
後手玉が詰みになるまでどちらが勝っているかわからない激戦。
非常に面白い4局でした。

▲佐藤(慎)-△里見戦では途中まで明らかに里見さんが優勢でしたが、
佐藤四段渾身の勝負手で差が詰まり、最後は力でねじ伏せられた感じ。
素晴らしい内容だっただけに、惜しい1局となってしまいました。
それにしても、この写真は素晴らしいね。
悔しさを噛み締める美少女。

俺達の藪さんがイーグルスに入団するそうな。
ぜひともマリーンズをあざ笑うような活躍を期待したいものです。
でも俺達の藪さんが日本でタイガースと違うユニフォームを着るのは
ちょっと寂しい気もするなあ・・・
今夜のタイガースは総力戦のうえに引き分けたようだけど、
それよりも近頃は某大久保さんの言動を生温かくヲチしているところ。
「内容証明」ですってよ、奥さん。

2010年7月30日 (金)

グリコの朝食ヨーグルトが美味しい日

7月30日

昨夜遅くに滋賀に帰ってきました。
異分野の方々の面白い話をたくさん聴くことができ、
それなりに実りある遠征だったように思います。

ただ、折角東京に出るということで、
さすがに渋谷のタワレコには置いてあるだろうと
購入予定のCDを何枚かピックアップしておいたのですが、
なんと渋谷のタワレコは全滅orz
さらに、入口が黒山の人だかりでちょっと不愉快でした。
誰か有名人が来ていたようです。
新宿のタワレコにお目当てのCDが何枚かあって購入したけど、
「珍しいCDが欲しいならamazonで買え」というCD屋の在庫傾向を
あらためて思い知らされた次第です。

昨日は中井さんが新記録となる女流棋戦での18連勝を達成。
すごいですね。どこまで記録が伸びるんでしょうか。
そろそろ女流王将戦で里見-中井戦があるんですけど、
早指しなので中井さんの方に分がありそうな・・・
女流名人位戦のA級リーグでも清水さんが全勝で快走しており、
まだまだ両巨頭健在という勢い。
逆に言えば、若いもんは何をしとるんじゃ~とw
そして、昨日のA級順位戦▲高橋-△木村戦は後手の勝ちでした。

今日は王座戦の挑決。
仕事が多すぎてほとんど見ることができなかったのですが、
居飛車をチョイスした藤井先生が見事な序中盤で優位に立ち、
あとはもうファンタだけというところで、
きっちり慎重に勝ち切って10年ぶりに羽生王座への挑戦を決めました。
羽生-藤井の番勝負は2005年朝日オープン以来ですかね。
タイトル戦だと2001年竜王戦以来の組み合わせとなります。
将棋関連のサーバが心配w

続いて明日はいよいよ同じく王座戦の女流一斉対局。
昨年は石橋さんが一斉対局での女流初白星を挙げましたが、
今年はどうなるのでしょうか。
今回もテアトル東京にいる気分で観戦しますw
カードは下表のとおり。昨年と同じく朝9時スタート。

正義超人
女流棋士
勝敗悪魔超人
棋士
甲斐女王 __ 阿部(健)四段
里見女流名人 __ 佐藤(慎)四段
清水女流王将 __ 牧野四段
石橋女流四段 __ 吉田四段

ところで、こんなシュレーディンガーの猫みたいな事件が。
観測するまで生と死の重ね合わせですかw
ともかく、生きていたら111歳ですって。華麗な年金詐欺。
おそらくこんなんは氷山の一角なんでしょうね。
100歳以上が○○○人とかいう統計も、
年金目当てに死んでないことになっている人が
かなりいるような気がしました。

2010年7月28日 (水)

麺づくりの担担麺が美味しい日

7月28日

日付が29日になってしまいましたが、
依然バタバタしております。効率悪い動き方orz
生命保険の掛金の支払いが今月末までなのを忘れていて
朝に慌てて農協まで払いに行きました。
百姓の付き合いというのは、なかなかたいへんなのです。

林葉さんの件はマスコミもかなり飛び付いたようなので
少し専門的(?)な感想など。
まずは対局された両者に労いを。お疲れさまでした。
特に中倉さんはたいへんだったと思います。
変な、そして失礼な言い方ですが、
「勝って当然、負けても当然」というような立場は珍しく、
中倉さんには全くメリットのないように思える対局でしたが、
終盤の収束はお見事でした。

対局は振り駒で林葉さんの先手となり、
やはり林葉さんと言えば「初手▲3六歩」が印象的なので
15年ぶりの指し手は何かと注目していたら、普通に▲7六歩。
相手に敬意を表し、さすがに挑発的な手は自重したのだと
勝手に思って見ていました。
▲7六歩△3四歩▲7五歩と石田流を目指すようで、
わざわざいま先手番で流行している戦形を選んだのか~
ガチガチの正攻法で行く気なんやな~
・・・という旨をツイッターにつぶやいて能天気に見ていたら、
4手目△4二玉に対して▲7八飛。
思いっきり挑発してますがな。
(記者会見で3手目▲7五歩のことをはぐらかしていたようですが)

ただ、この局面も含めて序盤は中倉さんが慎重すぎるくらい慎重で
(悪い言葉で言えば、相当にビビッていて)
角交換からの△4五飛を見送り、駒組みにもかなり時間を使って進行。
31手目に先手が▲7七桂と跳ねた後に、
後手がすぐ△7八角や△8九角と打ち込めないのなら
相当に先手がいいのではないかと思ってました。
もちろん林葉さんも後手が角を打ち込めないのを読み切った上で
桂を跳ねたんだろうなあと。
結局、その▲7七桂の次の手は緩手と思われる△8五歩で、
▲同桂△同飛▲9六角という味のいい進行でなくとも、
本譜の▲6五歩△8四飛▲7四歩で先手優勢と判断したところで、
若い人からSOSの呼び出しorz
以降の手を見ることができたのは終局後でした。

結果的に、中倉さんが現役女流プロの意地を見せて快勝。
43手目▲5五銀は明らかに急ぎすぎで、
もし△5四銀をうっかりしたのなら、
やはり将棋勘が戻ってなかったということになるのかもしれませんね。
まあ、今日は中倉さんが勝ってよかったと思うし、
林葉さんも今後の気持ち次第では、リハビリ可能と見ました。
またこういう機会があるといいですね。
随分と痩せておられたのは「逆流性食道炎」とのこと。
まずは体調を元に戻して、元気な姿での再チャレンジを期待します。

マスコミ的にはすっかり裏番組になってしまったのは、
王位戦第2局竜王戦の▲久保-△郷田戦。
王位戦は深浦王位が積極的な指し回しでリードを築き、押し切り勝ち。
スコアを1-1のタイに戻しています。
竜王戦は久保二冠が勝って、ベスト4が出揃いました。
郷田九段は不戦敗からの勝ち上がりでしたが、
最後は淡白に土俵を割った印象。
29日はA級順位戦の▲高橋-△木村戦の中継があります。

タイガースは単発確変を引いて逆転勝ち。
しかしこれは止められなかったベイスターズに問題があるような・・・

もう少し仕事が残っていて、まだ仕事場にいるのですが、
29日は急遽東京遠征となりました。
陣中見舞いのようなものですが、とりあえず頑張ってきます。

2010年7月27日 (火)

夏ポテトわさび塩味が美味しい日

7月27日

いったい何日間暑い日が続くのかという感じですが、
今日は早起きして自転車通勤。
当たり前だけど、早朝はそれほど暑くないので
早く起きたときには早く仕事場に行くことを
心がけたいと思います。
それで仕事場で寝てたら意味ないけどw

今年はじめの土星に続いて、
海王星でも彗星衝突の証拠が検出されたんですね。
木星にシューメーカー・レビー第9彗星が衝突したようなことは、
天王星も含めて木星以遠の重たい惑星では
結構頻繁に起こっているのかもしれませんね。
そうやって地球は守られてきたということか・・・

プロ野球はオールスターウィークが終わって、
今日から後半戦がスタート。タイガースは快勝でした。
ここのところのスタニキの安定感はすごいねえ。
ジャイアンツが負けたので首位に浮上。
こんなに外国人選手が大当たりなのも珍しいです。

昨日は忘れていた今日のA級順位戦▲森内-△丸山戦は、
丸山九段が意表を突く振り穴でしたがすでに終局。
王位戦第2局も後手番の広瀬六段は振り穴に篭っています。
封じ手は広瀬六段。三浦さんもしておけばよかったのに。

明日は竜王戦の久保-郷田戦が中継されますが、
それよりも注目を集めそうなのが、日レス杯ですね。
いよいよ明日、林葉さんが公の場所で再び将棋を指します。
もちろん、午後の仕事はキャンセルですw

2010年7月26日 (月)

うな玉太巻きが美味しい日

7月26日

モリキ先生の訃報は今朝の京都新聞朝刊に
非常に大きく取り扱われていました。
影響力のあった先生だったのだなとあらためて思います。
そんなことを考えていたら、今日は早乙女愛さんの訃報。
まだなーんにも知らなかった小学生時代、
私にとってのセックスシンボルが早乙女愛さん。
ウチのオヤジが読み捨てた週刊誌を目当てに、
古新聞入れを漁る日々。かわいいもんでしたw
週刊誌に載ってあった早乙女愛おねえさまの裸は、
いまも目を閉じれば瞼の裏に浮かんで・・・というより、
この時代、ネット検索すればなんぼでも出てくるんですねorz
寒い時代だと思わんか・・・(ワッケインっぽく)
まだ51歳とのこと。もっと年上の方だと思っていました。
まだまだお若いのに残念です。ご冥福をお祈りいたします。

土用の丑の日だった今日は基本的にはマジメに仕事をして、
休憩時に棋譜中継をチェックする流れ。
朝日杯の市代先生は、ちょっと一方的な感じになってしまいましたorz
竜王戦の▲阿久津-△松尾戦は横歩取りの激戦となり、
終盤に差が詰まったものの、阿久津七段が押し切って勝利。
次の竜王戦は水曜の久保-郷田戦で、これでベスト4が出揃います。
そして明日から王位戦第2局
広瀬六段の地元ともいえる北海道での対局。
新井田さんの見えない後押しもあるんでしょうね。

ツールは無事に終幕。新城選手のジロ・ツールの両完走は立派です。
ただ、ジロのときのような大逃げが見られなかったのは残念かな。
感想・まとめはあらためて書くかもしれません。

10ツール・第20ステージ

étape 20
Longjumeau --- Paris Champs-Élysées 102.5km

Winner: 111 CAVENDISH Mark
(THR)

Maillot Jaune: 001 CONTADOR Alberto (AST) 91゚58'48"
2nd: 011 SCHLECK Andy (SAX) +39"
3rd: 191 MENCHOV Denis (RAB) +2'01"
4th: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) +3'40"
5th: 101 VAN DEN BROECK Jurgen (OLO) +6'54"
6th: 195 GESINK Robert (RAB) +9'31"

Maillot Vert: 208 PETACCHI Alessandro (LAM) 243pts
2nd: 111 CAVENDISH Mark (THR) 232pts
3rd: 095 HUSHOVD Thor (CTT) 222pts
4th: 169 ROJAS Jose Joaquin (GCE) 179pts
5th: 075 MC EWEN Robbie (KAT) 179pts
6th: 036 HAGEN Edvald Boasson (SKY) 161pts

Maillot a pois: 153 CHARTEAU Anthony (BTL) 143pts
2nd: 166 MOREAU Christophe (GCE) 128pts
3th: 011 SCHLECK Andy (SAX) 116pts
4th: 001 CONTADOR Alberto (AST) 112pts
5rd: 201 CUNEGO Damiano (LAM) 99pts
6th: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) 96pts

・レディオシャックはジャージでドタバタw ランスは最後のツールでケチ。
・しかし、めげずに最終ステージ恒例(?)のスカウト活動。
・さっそく妹者が囲い込まれるw
・カメラはユキヤにも密着。ええこっちゃ。
・総合敢闘賞は順当にシャヴァネル。
・スプリントはカヴの圧勝で今ツール5勝目。シャンゼリゼ連覇は史上初。
・それでもマイヨヴェールはペタッキが死守。2着、3着をしっかり拾った。
・ユキヤは16着でゴール。ジロとツールの両レース完走達成。
・終わってみればユキヤは67スプリントポイントを獲得。堂々の25位。
・コンタドールはツール3度目の総合優勝。今年はきちんとスペイン国歌w

2010年7月25日 (日)

アクエリアスのデイスタートが美味しい日

7月25日

いつまで続くんだというくらいの快晴。
今日は昨日よりも太陽が照り付けている感もあり、
移動はクルルァにしました。車内はサウナ状態orz
懸念の件は若い人の教えを受けて、ボチボチ前進。
なんとか尻拭いできそうで、ホッとしました。

夜になって訃報。森毅先生が昨日亡くなられたとのこと。
我々の世代は“モリキ”と呼んでいました。
モリキさんの本は、数学書以外はほとんど読んでいるはずです。
学生時代にオーバーラップした期間も少しあって
印象的な思い出もあるけど、その辺はまた追々と。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

今日はシャンゼリゼ凱旋。
昨年の別府選手の敢闘賞から1年が経つわけですが、
それ以降の1年間で、あのときほど興奮したことを思い出せず
ちょっと哀しくなってきました。
明日は竜王戦の松尾-阿久津戦の中継。
そして朝日杯では市代先生が登場です。

10ツール・第19ステージ

étape 19
Bordeaux --- Pauillac 52km

Winner: 013 CANCELLARA Fabian
(SAX)

Maillot Jaune: 001 CONTADOR Alberto (AST) 89゚16'27"
2nd: 011 SCHLECK Andy (SAX) +39"
3rd: 191 MENCHOV Denis (RAB) +2'01"
4th: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) +3'40"
5th: 101 VAN DEN BROECK Jurgen (OLO) +6'54"
6th: 195 GESINK Robert (RAB) +9'31"

Maillot Vert: 208 PETACCHI Alessandro (LAM) 213pts
2nd: 095 HUSHOVD Thor (CTT) 203pts
3rd: 111 CAVENDISH Mark (THR) 197pts
4th: 169 ROJAS Jose Joaquin (GCE) 167pts
5th: 075 MC EWEN Robbie (KAT) 162pts
6th: 036 HAGEN Edvald Boasson (SKY) 152pts

Maillot a pois: 153 CHARTEAU Anthony (BTL) 143pts
2nd: 166 MOREAU Christophe (GCE) 128pts
3th: 011 SCHLECK Andy (SAX) 116pts
4th: 001 CONTADOR Alberto (AST) 112pts
5rd: 201 CUNEGO Damiano (LAM) 99pts
6th: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) 96pts

・ランタンルージュはグラブシュやったんかい!!w
・やっぱりTTのカンチェ兄さんは強かった。
・マルティンはプロローグに続いてカンチェに惜敗。
・哀愁エヴァンス、本当にお疲れさま。
・剛腕ランス、ツール最後のTTを思い出走行。
・モロー先生もまろやかに最後のTT。
・S.サンチェスとメンショフの表彰台争いはメンショフに軍配。
・アンディ、予想以上の好走でwktk
・コンタは第1計測でアンディにビハインド。
・しかし第2計測で逆転。以降は差が開いて31秒の差でコンタの勝ち。
・総合タイムでの差は“チェーンアタック”で稼いだタイムと同じ39秒。
・終わってみれば、ランタンルージュがTTステージ3位て!!w
・その結果、グラブシュはランタンルージュの栄光(?)を逃すw
・そしてユキヤもシャンゼリゼに帰ってくるぞ!!

2010年7月24日 (土)

エルビーさわやか夏みかん水が美味しい日

7月24日

・・・と言いつつ、日付が替わってから書いてます。
いやー、TTはすごかったですね。
もっとコンタドールが突き放すのかと思ったら、好勝負でした。
コンタドールはアンディになんとか31秒だけ先着。
この“31秒”というのは第14ステージまで
アンディがコンタドールをリードしていたタイム差。
第15ステージの例の事件でコンタが“39秒”を稼いだわけですが、
あれがなければおそらくアンディが31秒リードしてTTを迎えたはずで、
コンタドールが外野の雑音を封じるためには、
このTTでアンディに31秒以上いいタイムを出す必要があったのです。
結果的に、きっかり31秒の先着となり、
総合タイムは“39秒”の差でコンタのマイヨジョーヌが決定。
なにこのマンガみたいな決着。

よって、あのアタックがなければ同タイムだったんですね。
もちろんこれは思いっきり仮定の話で、
そんな状況ならTTのタイムも違ったんでしょうが。

今週の平日はずっと、仕事場へ行くのにクルルァを使ったこともあり、
今日は自転車に乗ることに決めていました。
まずは所用のため大津に出かけ、そのあと仕事場に戻るというルート。
折角久々に大津に出かけたので大津パルコに寄り道し、
タワレコでCDを数点買ってから紀伊国屋書店に行くと、
なんと「好きな道なら楽しく歩け」の在庫なし_| ̄|○
将棋年鑑は毎年ここの紀伊国屋で買っていることもあり、
まあ普通に置いてあるだろ・・・という考えは甘かったですorz

しかし、近江大橋を渡って仕事場に戻るわけなので、
イオンモールの喜久屋書店に寄ればいいだけの話。
滋賀県内で棋書の取り扱いが最も充実しているのは
間違いなく喜久屋書店ですからね。
(その分、我々の業界の本の在庫はかなり軟弱ですがorz)
「変わりゆく現代将棋」の上下と文庫版「羽生の頭脳」の1~4と並んで
「好きな道なら楽しく歩け」もしっかり平積みされてありました。
ただ、平積み扱いということは当初10冊くらいはあったんでしょうが、
私が喜久屋書店に寄ったときには残り2冊のみ。
ひょっとしてかなり売れてるの?w
ウェブからも少し立ち読みできるようですね。

昨日の竜王戦、▲郷田-△戸辺戦は相穴熊となり、郷田九段が勝利。
戸辺六段の3人抜きはなりませんでした。
また、順位戦B級1組3回戦の結果は以下のように全局先手の勝ち。

井上_八段○-●松尾_七段
佐藤康九段○-●中田宏八段
深浦_王位○-●杉本_七段
鈴木_八段○-●行方_八段
山崎_七段○-●屋敷_九段
中村修九段○-●豊川_七段

3-0 山崎(6)
2-0 井上(1)、畠山鎮(11)
2-1 佐藤康(2)、松尾(5)、中村修(12)
1-1 中田宏(13)
1-2 深浦(3)、行方(4)、鈴木(8)、豊川(9)
0-3 屋敷(7)、杉本(10)

関西若手の筆頭格である山崎七段が3連勝と開幕ダッシュ。
なんとかこの調子で昇級戦線に絡んで欲しいですね。

明日は若い外国人に私の知らない計算を教わることになりました。
業者のミスのフォローをなんとか自分でやってみることに。
日本語ができない相手ですが、頑張って勉強してきます。

10ツール・第18ステージ

étape 18
Salies-de-Béarn --- Bordeaux 198km

Winner: 111 CAVENDISH Mark
(THR)

Maillot Jaune: 001 CONTADOR Alberto (AST) 88゚09'48"
2nd: 011 SCHLECK Andy (SAX) +8"
3rd: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) +3'32"
4th: 191 MENCHOV Denis (RAB) +3'53"
5th: 101 VAN DEN BROECK Jurgen (OLO) +5'27"
6th: 195 GESINK Robert (RAB) +6'41"

Maillot Vert: 208 PETACCHI Alessandro (LAM) 213pts
2nd: 095 HUSHOVD Thor (CTT) 203pts
3rd: 111 CAVENDISH Mark (THR) 197pts
4th: 169 ROJAS Jose Joaquin (GCE) 167pts
5th: 075 MC EWEN Robbie (KAT) 162pts
6th: 036 HAGEN Edvald Boasson (SKY) 152pts

Maillot a pois: 153 CHARTEAU Anthony (BTL) 143pts
2nd: 166 MOREAU Christophe (GCE) 128pts
3th: 011 SCHLECK Andy (SAX) 116pts
4th: 001 CONTADOR Alberto (AST) 112pts
5rd: 201 CUNEGO Damiano (LAM) 99pts
6th: 181 SANCHEZ Samuel (EUS) 96pts

・つるぺたステージはカヴが普通に強かった。あっさり2車身差つけますかorz
・これだけカヴが強いと、失格になったレンショーの立場は・・・orz
・なにげにディーン2着でまたしても上位に。ファラーの穴を完全に埋めた感じ。
・雷神はゴールスプリントで惨敗。14着に沈みマイヨヴェールを失う。
・ペタッキ3着で緑ジャージ奪取。シャンゼリゼを勝ちにいくか、守りにいくか?
・ユキヤは16着と上位ゴール。もう誰も驚かない。物足りないくらいw
・総合上位勢はもちろんタイム差つかず、いよいよ最終決戦のTTへ。