フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

« 謹賀新年2014 | メイン | 濃いシチューWパンプキンが美味しい日 »

2014年1月31日 (金)

小魚アーモンドが美味しい日

1月31日

3回連続で謹賀新年になるんじゃないかと真っ当なご指摘があり、
早期回避を目的に、今日も何か書いておきますw

昨日の王将戦第3局は早い終局になりましたが、
来週発売の将棋世界の表紙を見てビックリ。
女流棋士が表紙になるのは久々ですね。
売り上げにどう影響するか、なんて考えるのは無粋ですかね。

それにしてもSTAP細胞関連の大騒ぎは驚きました。
マスコミ・メディアが大騒ぎするのは仕方がないにしても、
ツイッター上でもあれだけ話題になるもんなんですね。
開発したのが30歳の女性研究者ということでも
オーバーヒートしている印象です。

殊更「30歳の女性研究者」を強調するようなメディア記事の作りも
賛否両論を呼んでいるようです。
大きく報道されることで、「リケジョ」の魅力アピールというか、
「将来は理系の研究者に」という女の子が増えるとありがたいですが、
その一方で今後ご本人が研究に集中できる環境に居られるのかどうか、
まだお若いのに気の毒だなあと率直に思います。
日本のマスゴミのこと、最悪のケースは私生活まで
一挙手一投足を追い駆けられるのではないでしょうか。
これからの更なるご活躍を期待するためにも、
余計な過熱報道は控えていただきたいと感じました。

私の立場では、彼女と同年代の若い研究者へのケアも考えます。
30歳という学位を取ってすぐの年齢、
今回のようにすぐに脚光を浴びる研究者もいれば、
ポストもなくわずかの謝金で生活していかねばならない者もいます。
研究というのは内容によって当たり外れがあるのは仕方ないことで、
結局のところは自らの熱意に身を委ねるしかないのです。
そのあたりをしっかりと若い研究者自身が確認し、
指導する者は丁寧にエンカレッジしていかねばなりません。

研究内容については専門外で正確に理解できていませんが、
iPS細胞を取り扱っている親しい研究者がいますので、
また機会があれば説明してもらえるでしょうw
最近のNatureのクォリティがアレなので、
何もかも鵜呑みにするのは危険ですが、
既にサルで臨床試験をしているということは
相当に有望ということなんでしょうね。

そんなわけで「お前も結構騒いでるやん」とのコメントは甘受して、
1月もそろそろお終いなのであります。
年が替わってまだ初詣に行けてないので、
節分はしっかりとお参りに行きたいと思っています。








トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/366942/32074183

小魚アーモンドが美味しい日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿