フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

2012年2月17日 (金)

きつねスパゲティーが美味しい日

2月17日

バタバタしているうちに日本を離れ、
現地に戻って丸4日です。
日本ではゆっくりする時間もなく
(とはいえ、散々飲みに行ったけどw)
風邪をひきずったまま走り回っていましたが、
さすがにこちらは結構あったかくなっていて
風邪も完治直前、体調は良好です。

しかし仕事での問題は山積み。現地の人間はともかく、
ここだけの話、某外務省系独法(伏せてる意味無し)の
日本人スタッフも相変わらずのお役人気質に
現地の人間の気質がミックスされた感じで
「ええ加減にせえよ」と思うこともしばしば。
強く“変革”を意識していかないと前に進みそうにないのに
本当に困ったもんですよ。暖簾に腕押し。
とにかく、自分は自分のできることをしっかりやって、
少しでも周りの人間の意識改革に貢献できればと思います。

順位戦はC級2組のラス前も終了(14日)。
全勝と1敗の成績上位4名は全員白星を伸ばし、
順位上位の阿部健五段の昇級がまず決定しました。

9-0 阿部健(5)【昇級】、中村太(20)、船江(41)
8-1 菅井(6)
7-2 村中(32)
6-3 勝又(1)、横山(7)、中村亮(8)、大石(26)、田中悠(28)、石川(30)、
  ▼▼増田(36)【降級点1点消去】
5-4 ▼西川和(9)、牧野(10)、佐藤和(12)、永瀬(14)、西尾(19)、佐藤慎(21)、
  阪口(25)、村田顕(31)、吉田(42)、門倉(43)
4-5 澤田(4)、小倉(18)、矢倉(24)、佐々木勇(40)
3-6 西川慶(2)、▼遠山(3)、及川(11)、▼松本(13)、神崎(15)、佐藤紳(16)、
  伊奈(17)、▼▼藤原(22)、▼長岡(27)、瀬川(29)、▼岡崎(34)、
  ▼村田智(35)、▼上野(37)、阿部光(44)
2-7 中座(23)、▼▼島本(38)【降級】
1-8 ▼川上(33)【降級点】、▼室岡(39)【降級点】

女流名人位戦五番勝負は里見さんの防衛で終了。
マイナビ挑戦を決めた長谷川さんのことも含め、
話題は後ほどにでも。

今回の渡航では油揚げと高野豆腐を大量にもってきましたw
さすがにこちらでは手に入らず困っていたけれど
これからはちょくちょく味わえる予定です。

2012年2月10日 (金)

セブンイレブンの豚まんが美味しい日

2月10日

ハッシーがA級八段? マジやべえ!!

世間を騒がしたビッグニュースからほぼ1週間経ち、
人々の話題も、友近ねえさんの恋の行方と
芸能界での中田氏大活躍に移った如月真っ只中、
日々の気温変化の激しさに体調が優れない毎日です。
みなさまもどうぞお体にはご自愛ください。

冒頭のとおり、順位戦B級1組は最終戦を残して
橋本七段が深浦九段とともに昇級を決めると同時に
2月3日付けで八段への昇段となっています。
以下、B1・B2・C1とラス前を終わっての結果を羅列。

【B級1組】
畠山鎮七段○-●木村_八段
藤井_九段●-○中村修九段
深浦_九段○-●鈴木_八段
松尾_七段●-○橋本_七段
山崎_七段●-○阿久津七段
中田宏八段○-●井上_九段

8-3 深浦(3)【昇級】、橋本(12)【昇級】
7-4 阿久津(13)
6-5 木村(1)、行方(5)、山崎(6)
6-6 井上(9)
5-6 松尾(4)、中田宏(8)、畠山鎮(10)
4-7 鈴木(7)
3-8 藤井(2)、中村修(11)【降級】

【B級2組】
9-0 広瀬(21)【昇級】
7-2 飯塚(16)
6-3 中川(3)、北浜(4)、戸辺(6)、飯島(7)、畠山成(8)、
  ▼森下(23)【降級点消去】
5-4 島(5)、堀口一(10)、野月(11)、南(12)
4-5 杉本(2)、阿部隆(9)、窪田(14)、泉(18)、田村(22)
3-6 豊川(1)、先崎(15)、安用寺(19)、▼田中寅(24)
2-7 ▼桐山(20)【降級】
1-8 神谷(13)【降級点】、青野(17)【降級点】

【C級1組】
8-1 佐藤天(27)【昇級】
7-2 稲葉(29)
6-3 小林裕(4)、豊島(5)、高崎(8)、真田(10)、平藤(12)、千葉(15)、
  ▼大平(19)【降級点消去】、浦野(24)、▼塚田(33)【降級点消去】
5-4 村山(3)、長沼(20)、日浦(22)、▼近藤(31)
5-5 ▼高野(23)
4-5 佐藤秀(2)、佐々木慎(6)、宮田敦(7)、脇(9)、片上(13)、加藤(16)、
  金井(17)、糸谷(28)、▼森けい(30)、▼福崎(32)
3-6 小林健(11)、北島(14)、▼中田功(18)
2-7 土佐(1)、▼田中魁(25)【降級】
1-8 富岡(21)【降級点】、内藤(26)【降級点】

B級2組では広瀬七段、C級1組では天彦六段が
それぞれ1期抜けの連続昇級を決めています。
C級2組のフナエもんの結果次第では、
B級1組以下のすべてのクラスで1期抜け発生もありえます。
B2とC1の昇級2席目はまだまだ混戦ですね。

・・・A級? 対局ありましたっけ?
とりわけ書くこともないので、
←左欄を参照してください。(不貞腐れ中)

帰国してから、現地の問題が山積みであることを再認識し、
かなり気苦労しています。非力ですね・・・
できるだけはやく現地に戻って
正確な情報を把握したいというのが本音です。

2012年1月31日 (火)

ヤマザキしっとりサンドが美味しい日

1月31日

ファンのほうがよっぽど恋愛禁止のルールを守っているあたりに
日本の組織社会の律儀さを感じる今日この頃。
それにしても寒いですねえ・・・
ノドの痛みがまったく治りませんorz。
いつの間に龍角散と味覚糖の提携が解消されたんでしょうか?

今日は自分メモとして順位戦の状況をまとめておきます。
A級は7回戦が終わって、羽生二冠が星2つの差を付けています。
もう決まったも同然orz
挑戦争いだけでなく、降級枠2つを巡る争いも
場合によっては「将棋界の一番長い日」を待たずに
決定してしまう恐れもあります。
メンバー全員がタイトル経験者ということで、
相当な盛り上がりが予想された今期のA級順位戦、
こんなショボい展開になるとは思ってもみませんでしたorz
とにかく、「将棋界の一番長い日」が盛り上がるためには、
明日の8回戦一斉対局で、谷川先生が羽生二冠を倒すしかない!!

一方、B級1組の昇級争いは大混戦。
今月13日に11回戦が行われています。

木村_八段○-●藤井_九段
畠山鎮七段●-○深浦_九段
松尾_七段○-●中村修九段
中田宏八段○-●行方_八段
井上_九段○-●鈴木_八段
橋本_七段●-○阿久津七段

7-3 深浦(3)、橋本(12)
6-4 木村(1)、山崎(6)、阿久津(13)
6-5 行方(5)、井上(9)
5-5 松尾(4)
4-6 鈴木(7)、中田宏(8)、畠山鎮(10)
3-7 藤井(2)
2-8 中村修(11)【降級】

最終戦に▲橋本-△深浦戦があるため、
3番手の木村八段も自力ですね。ラス前は2月3日。

B級2組は広瀬七段の連続昇級がほぼ確実。
2席目の昇級枠争いが混戦です。こちらもラス前は2月3日。

8-0 広瀬(21)
6-2 畠山成(8)、飯塚(16)、▼森下(23)【降級点消去】
5-3 中川(3)、北浜(4)、島(5)、戸辺(6)、飯島(7)、南(12)
4-4 堀口一(10)、野月(11)、窪田(14)、泉(18)、田村(22)
3-5 豊川(1)、杉本(2)、阿部隆(9)、▼田中寅(24)
2-6 先崎(15)、安用寺(19)、▼桐山(20)
1-7 神谷(13)、青野(17)

C級1組も前期昇級組がリードする展開。
天彦六段が連続昇級のチャンス。ラス前は2月7日。

7-1 佐藤天(27)
7-2 稲葉(29)
6-2 小林裕(4)、真田(10)、平藤(12)、浦野(24)
5-3 豊島(5)、高崎(8)、千葉(15)、▼大平(19)、日浦(22)、▼塚田(33)
4-4 佐藤秀(2)、村山(3)、佐々木慎(6)、片上(13)、加藤(16)、長沼(20)、
  ▼森けい(30)、▼近藤(31)
4-5 ▼高野(23)
3-5 宮田敦(7)、脇(9)、小林健(11)、北島(14)、金井(17)、糸谷(28)、
  ▼福崎(32)
2-6 土佐(1)、▼中田功(18)、▼田中魁(25)
1-7 富岡(21)【降級点】、内藤(26)【降級点】

C級2組は依然全勝者が3人。昇級争いは上位4人に絞られた感じ。
船江四段の1期抜けなるかに注目。ラス前は2月14日。

8-0 阿部健(5)、中村太(20)、船江(41)
7-1 菅井(6)
6-2 中村亮(8)、田中悠(28)、村中(32)
5-3 勝又(1)、横山(7)、▼西川和(9)、佐藤慎(21)、阪口(25)、大石(26)、
  石川(30)、村田顕(31)、▼▼増田(36)
4-4 澤田(4)、牧野(10)、佐藤和(12)、永瀬(14)、西尾(19)、矢倉(24)、
  佐々木勇(40)、吉田(42)、門倉(43)
3-5 西川慶(2)、▼遠山(3)、▼松本(13)、神崎(15)、佐藤紳(16)、小倉(18)、
  ▼▼藤原(22)、▼長岡(27)、▼岡崎(34)、▼上野(37)
2-6 及川(11)、伊奈(17)、中座(23)、瀬川(29)、▼村田智(35)、▼▼島本(38)、
  阿部光(44)
1-7 ▼川上(33)、▼室岡(39)

こんな感じで、A級・B1・B2・C1はラス前を日本で観戦できる予定。
とにかく明日ですわ。まだ確率の上では谷川名人あるで!!

2012年1月29日 (日)

トップバリュのバニラ味のソフトが美味しい日

1月29日

26日の夜に日本に帰ってきました。
3ヶ月ぶりの日本、それほど変わったところもないのですが、
友近ねえさんの変貌ぶりには驚かされました。
時の流れの切なさを、あらためて実感しているところです。
シルク姉さん路線だなんて、とんでもない!!

日本滞在は残り2週間ほど。
体調もかなり崩している状態だけれど、
ここでしか食べられないものをしっかり食べて、
調子を上向かせていきたいです。
その他、諸々の話題はボチボチと触れていきたいと思います。

2012年1月17日 (火)

17年

あの日のあの時刻が、
こちらでは1月16日なのが
不思議な気がします。
まるで17という数字を避けるように。

17年が経ちました。
この1年は、本当にいろいろなことがありました。
あの日のことを思い出さずにいられない、
悪夢のような悲劇もありました。
自分にとって、大きな挑戦もありました。

遠く離れていても、固く繋がっていることを
しっかり感じ取っています。
日々の後押しを感謝して、
大切なことを1つ1つ思い出しながら、
静かに祈ります。

合掌

2012年1月 3日 (火)

冷凍魚のムニエルが美味しい日

1月3日

あけましておめでとうございます。
今年は書き初めをしたくても周りに習字セットがなく、
悶々としているところです。
ただ、今年の場合、何を書いてしまうか怖いです。
勢い余って担当者の名前など・・・ (恐ろしいorz)

とはいえ、年明け早々何かと忙しく、
正月気分とは程遠いのが実情。
「今年の目標」というのも具体的に浮かびませんが、
引き続き、周囲に迷惑をかけないように頑張るのみです。

そんなわけで、正月に何もネタがなく、
ただただ1/7の関西奨励会での吉報を祈願して
2012年もスタートです。

2011年12月31日 (土)

大晦日2011

12月31日

大晦日だそうです。
確かに昨日にKEIRINグランプリがあったので、
当然ながら今日は大晦日なんだけど、
いまだにアタマの中では
今すぐに take out 声かけて take out
誰にでも take out ご自由に take out

などとヘビーローテーションしているので、
本当に2011年が終わってしまうのか不思議なくらいです。
結局、今年は美少女時代にお熱を上げた1年ということで
結論付けられてしまいそうです。
ヤマコー支部長、おめでとうございます。

とにかく、こちらでは元日といえども
1 of 366(2012年は閏年ですね)でしかないわけで、
年末もしっかり出張があって昨日帰ってきました。
元日の街の様子も普段と全く変わらないそうです。
1年前、まさか海外で年越しをするとは思ってもいませんでした。
オファーを受けたのが成人の日、
腹を括って回答をしたのが革命の真っ只中でしたか。
今年の1月の日記を読み返すと、結構迷っていたのがわかります。
こちらで生活するようになってまだ3ヶ月しか経っていませんが、
いまのところは「来てよかったな」という想いでいっぱい。
サポートいただいている周囲の方々には本当に感謝です。

仕事の課題はいろいろな面において山積みで、
これからますますハードになるはずです。
なんとか周囲の方々から信頼されるように
日々努力したいと思っています。
真剣に課題に向き合うことで、きっと寂しさも紛れるでしょう。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

超主観的・棋界ニュース2011

2011年の棋界について、今年も羅列。

第1位 コンピュータ将棋の進化止まらず!?

第2位 渡辺竜王が羽生王座20連覇を阻止、竜王8連覇

第3位 日本将棋連盟が公益社団法人に

第4位 里見女流が奨励会挑戦、女流と奨励会の掛け持ち復活

第5位 女流王座戦の創設、初代女流王座に加藤奨励会員

第6位 加古川青流戦創設、地元の船江四段が初代チャンピオン

第7位 若手の躍進は小休止、羽生世代再浮上

第8位 長谷川女流が鮮烈デビュー

第9位 久保二冠がダブルタイトル防衛も・・・

第10位 B級1組が面白い!!

それぞれ寸評を書いたのだけど、消えちゃった_| ̄|○
(メイドがネットケーブルをいじりよったorz)

2011年12月22日 (木)

オニオンスープが美味しい日

12月22日

プレマッチとはいったい何だったのか・・・
いや、ネット環境が脆弱になった隙に将軍様がポックリ逝って、
世界の動きがよくわからないまま過ごす慌しい年末。
こちらでは十何人か亡くなったようですが、
とりあえず生きています。ありがたいです。忙しいですが。
とにかく命あってナンボなので、
八ッ場ダムのしぶとさを見習いたいところです。

マイナビの▲里見-△加藤戦は里見さんの勝ち。いい対局でした。
往年のタイトル戦の進行を、前例を知らず辿る2人に
「時代は巡る?」と感慨深いものがありました。
いいライバル関係が続いていくといいですね。

昨日にA級順位戦の6回戦がすべて消化。
久保二冠が初白星、三浦八段と佐藤九段が3勝目を挙げています。
1-5の3人は苦しいですね。
B級1組の10回戦は、上位勢が少し崩れました。

鈴木_八段●-○木村_八段
藤井_九段○-●松尾_七段
深浦_九段○-●山崎_七段
阿久津七段○-●行方_八段
中村修九段○-●井上_九段
橋本_七段○-●中田宏八段

7-2 橋本(12)
6-3 深浦(3)
6-4 行方(5)、山崎(6)
5-4 木村(1)、阿久津(13)
5-5 井上(9)
4-5 松尾(4)、鈴木(7)、畠山鎮(10)
3-6 藤井(2)、中田宏(8)
2-7 中村修(11)

ハッシーは2敗キープで昇級へマジック2。
2番手には深浦九段が浮上しています。

C級1組の8回戦では天彦六段が首位に浮上。
連続昇級に視界良好です。

6-1 佐藤天(27)
6-2 浦野(24)、稲葉(29)
5-2 小林裕(4)、高崎(8)、真田(10)、平藤(12)、▼大平(19)、日浦(22)、
  ▼塚田(33)
4-3 豊島(5)、千葉(15)、▼近藤(31)
4-4 ▼高野(23)
3-4 佐藤秀(2)、村山(3)、佐々木慎(6)、宮田敦(7)、脇(9)、小林健(11)、
  片上(13)、北島(14)、加藤(16)、長沼(20)、▼森けい(30)、▼福崎(32)
2-5 土佐(1)、金井(17)、▼中田功(18)、▼田中魁(25)、糸谷(28)
1-6 富岡(21)、内藤(26)

C級2組の7回戦は全勝の3名が白星を伸ばしています。
フナエもんの1期抜けに期待大ですね。

7-0 阿部健(5)、中村太(20)、船江(41)
6-1 菅井(6)、田中悠(28)、村中(32)
5-2 横山(7)、中村亮(8)、大石(26)、石川(30)、村田顕(31)、▼▼増田(36)
4-3 勝又(1)、澤田(4)、西川和(9)、牧野(10)、佐藤慎(21)、阪口(25)
3-4 ▼遠山(3)、佐藤和(12)、永瀬(14)、神崎(15)、佐藤紳(16)、小倉(18)、
  西尾(19)、▼▼藤原(22)、矢倉(24)、▼長岡(27)、▼上野(37)、
  佐々木勇(40)、吉田(42)、門倉(43)
2-5 西川慶(2)、及川(11)、▼松本(13)、伊奈(17)、▼岡崎(34)、
   ▼村田智(35)、 ▼▼島本(38)
1-6 中座(23)、瀬川(29)、▼川上(33)、▼室岡(39)、阿部光(44)

こちらでも随分と寒くなり、断続的に風邪気味です。
日本はもうすっかり寒いのかもしれません。
みなさまもお体にはくれぐれもご自愛ください。

2011年12月13日 (火)

永谷園のお味噌汁が美味しい日

12月13日

総帥が推定年俸2000万円でまろやかに更改しているのを知り、
日本の平和とDeNAの太っ腹を感じる今日この頃。
みなさん、皆既月食は楽しまれたでしょうか。
おかげさまで、私も皆既月食時から食の終了まで
ずっとお月さんを眺めることができました。
寒かったですorz

すでに大きく報道されているように、
第1期女流王座戦五番勝負は3-2のスコアで
加藤奨励会1級が制しました。
対局の内容も、五番勝負が進むにつれて
百戦錬磨の清水さんを飲み込むような形となり、
初代の女流王座を名乗るのに相応しいものでした。
完全オープン棋戦の船出としては
素晴らしい結果になったのだと思います。
加藤さん、おめでとうございます。

加藤さんのタイトル獲得は実力からすれば当然であり、
非常にめでたいことではあるのですが、
マスコミが過敏に騒がないことをただ祈るばかりです。
静かに奨励会の対局や将棋の勉強に打ち込めるように
連盟もしっかり配慮してほしいものです。
(既に“プロ”デビューしていた里見さんとは立場が違います。)
それでなくても、今後は数多の奨励会員によって
オープンになったいくつもの加藤さんの棋譜の分析が
進んでいくのだと予想されます。
これからしばらく踏ん張りどころになるんでしょうね。

今年の漢字は「絆」だそうです。
新しい土地で、周りの人たちといい関係が築けているのか、
あらためて自問してみるとかなり厳しいように感じます。
細かい箇所のコミュニケーション・意思疎通が不十分。
こんなにも上達しないものかと呆れるほどの語学能力の低さが
本当に恨めしい・・・
とにかく前向きに努力するしかありません。