フォトアルバム

最近のつぶやき

The HERO

名人戦 対局日程

モバイル棋譜中継

最近のトラックバック

ブログ内検索?


  • このサイトを検索
    WWW を検索 Google

永田さん Feed

2010年5月29日 (土)

それではごきげんよう

人間のなかにはよく似た顔の人がいて、それが話題になることがある。
得てしてこうした話題は友達どうしのなかでの格好のネタになるのだが、
幸いにも私の場合、自分の顔に似た人というのはいないようで、
このような話題のネタからは外れてばかりだった。

しかし、似た人が誰もいないというのも寂しい。
「なあ、オレって有名人でいうと誰に似てる?」
こんな言葉を吐いたのは、生まれてこのかた、たった1回。
おそらく中学1年か2年のときだったと思う。
友人から帰ってきた回答は「ラッシャー木村」orz

・・・ちょっと待て。それはないだろう。
確かに体も大きいし、当時丸刈りだった頭も相当にでかい。
体そのもののでかさに、体と頭の大きさのバランスも合わせると
なるほどシルエットはラッシャー木村のような風情でもある。
でもなあ、もうちょっと個々のパーツを見てくれよと。
絶対にラッシャー木村じゃないだろう。
私は思わず叫んだのだった。
「オイ、待てコノヤロー!!」

 
 

国際プロレスが崩壊し、ラッシャー木村、アニマル浜口、寺西勇の
「はぐれ国際軍団」が新日に“殴りこみ”をかけた1981年は、
ちょうど初代タイガーマスクが新日のマットに上がり始めた頃で、
小学生だった私の注目と熱狂は、すでに猪木よりも
躍動感がほとばしるタイガーマスクに向いていた。
ましてや、猪木相手のよくわからないヒール軍団などに興味はなかった。
9・23田園コロシウムのこともよく覚えていない。
ただ、同じクラスにものすごくプロレスが好きな奴がいて、
あの9・23のことをいつも面白おかしく語っていた。

あの“殴りこみ”の場面、何をやっても、何を言ってもOK。
でも「こんばんは」だけはアカンて。普通に挨拶て。
どうやって団体対抗戦というストーリーにつなげるねんな。

いや、いま振り返ってもまさにそうだと思う。
でもあの時、自分たちのことを「わたくしたち」と言うほど
ラッシャー木村は真剣だった。
それは本当にすごいことだと思った。
ラッシャー木村が新日マットに上がっていた時期は
ちょうど初代タイガーマスクが新日で活躍していた時期とかぶっていて、
初代タイガーこと佐山聡が新日マットを去ると、
私の新日への熱狂も急激に冷めてしまった。
しばらくして、ラッシャー木村の新日での活動も終焉を迎えた。
その間のラッシャー木村は猪木にいいように扱われていた印象だ。

プロレスへの熱狂が冷めたとはいえ、
それでも時間が合えば新日と全日のTV中継は観ていたわけで、
全日に移籍したラッシャー木村の活躍は、
そのマイクパフォーマンスを中心に面白おかしく眺めていた。
とくに、“ファミ悪決戦”が始まってからの一連のムーブは芸術的で、
その締めを務めるラッシャー木村のウィットに富んだマイクは絶品。
訃報が届いたあと、動画サイトでかつての雄姿を随分と見たが、
哀しいはずなのになぜか笑ってしまう。そんな力があるマイク。

大学生の頃、友人とひどい喧嘩をした。心底腹が立った。
数日後、大学内でバタリと出くわした喧嘩相手はこう言った。
「オイ、お前のことをな、兄貴って呼ばせてくれっ!!」
なんだよ、いきなりラッシャーかよ。そんな謝り方ってありか?
私は拍子抜けするとともに、すっかりうれしくなってこう返したのだった。
「オイ、こちらこそ兄貴と呼ばせてくれよっ!!」
それから2人でラッシャー木村に関する笑い話をしあって、
すっかりわだかまりは消えた。プロレスが好きな奴に悪い人間はいない。

 
 

ラッシャー木村のプロレスラーとしての詳細な活動の足跡は
基本的に新日ファンである私が語るべきでないと思う。
全日やノアの試合はそれほどきちんとは見ていないし、
本当にラッシャー木村のプロレスを愛していた多くの方が、
それぞれの立場で熱く彼の業績を語っているのを目にした。
6月2日に発売になる次号の週プロでは追悼特集が組まれるだろう。
あるいは緊急別冊の追悼号が出るかもしれない。出てほしい。

それでもここに何か書き残そうと思ったのは、
やはり私にとって特別なプロレスラーだから。
びわ湖放送ではラッシャー木村を起用したCMも流れていたっけ。
近江八幡にある丸中製麺の静止画像CM。これも随分とネタにしたような。
なぜか身近なレスラーだったんだよな。

冒頭の内容に戻る。
ラッシャー木村に似てると言われたことは、
あまりにも恥ずかしくていままで公言したことはない。
何度も書いて恐縮だが、そもそも似てないんやもん。
しかし今回、ラッシャー木村の愛され具合をあらためて知るに至り、
四半世紀ほど前の「ラッシャー木村」という回答に対し、
ものすごく誇らしく感じるような自分がいる。
やっぱり似ているんでしょうかねえorz

ラッシャー木村さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
向こうでは、兄貴と仲良くやってください。
それではごきげんよう。さようなら。

2009年12月 6日 (日)

永田さん、真輔の踏み台にorz

IWGPヘビー級選手権試合(2009年12月5日)

×永田さん   しんすけ○
        19分39秒
     ボマイェ→片エビ固め

永田さん、 IWGPベルト奪取に失敗orz

無念じゃあ・・・

2009年6月14日 (日)

哀しみを、そのまま

6月14日

文章をまとめる気力が出ないので、
時系列に沿って適当に記す。

ここには「心配です」と書いておきながら、
“受け身の天才”という根拠に基づいて
実は楽観に満たされていた。

本当に冷酷な奴と思われるかもしれないが、
三沢個人への心配よりも、
もっと大きな枠組みについて心配していた。
それでなくてもノアはちょっとたいへんなのに、
“しばらく”三沢がリングに立てないようだと
結構厳しいだろうな。
そして、いまの日本のプロレスは
三沢と武藤と蝶野が屋台骨であり、
その三沢に万が一のことがあったら、
プロレスはどうなっていくんだろう。

そんな“仮定の話”を嘲笑うかのように、
携帯のネットニュースから「三沢さん死亡」という見出し。
とてつもないショックを受けた。
くだらないことだが、「ああ、敬称なんだ」と思った。
三沢が亡くなったことを受け入れざるを得ないのか。
この日、リングドクターが居なかったことにも驚かされた。

2時前に帰宅し、布団に包まって思いをめぐらせる。
タイガーマスクの頃、川田との三冠戦、ノアの旗上げ。
ZERO-ONEの旗上げ戦(橋本・永田さんvs三沢・秋山)。
そして、冬木の引退興行を取り仕切ってくれたこと。

三沢という男は本当にいい奴だ。
何か困ったことがあったときに、
惜しげなく自分の体を張ってくれる男だ。
虎のマスクを被ったのもそう、
橋本の旗上げに助力したのもそうだし、
冬木の最期は本当によくしてくれた。
表面的には馬場さんに対する“不義”と見える行動も
多くの仲間のことを思ったうえでの選択だった。

新聞配達のバイクの音がする。
きっとそこには三沢が亡くなったことが
記事として大きく採り上げられているんだろうな。
携帯電話の画面からの情報はともかく、
新聞上に活字となっているのは見るに耐えないと思った。
布団の中で丸くなって、少しだけ泣いた。

昼前に起き出して、恐々と朝刊をのぞいてみると、
三沢が亡くなったという記事は予想よりはるかに小さな扱いで、
世間的にはこんなものなんかなと思った。
日本のプロレスの屋台骨がボキッと折れても、
普通に日本は動いていく。

昼過ぎに仕事場へ行くために家を出て、コンビニに寄ると、
スポーツ各紙の見出しはタイガースの話題。
右横に小さく「三沢心肺停止」。敬称ではない。
このまま時間が止まってくれたらいいのに。
そんなことを考えてると、コンビニにサンスポの重版が届く。
見出しというより、一面に大きく「死」という字。
現実に振り戻された。

三沢のプロレスが見たいと思えば、
ちょっと動画サイトをのぞくと簡単に見ることができる。
そんな環境になったのも、ここ数年の話。
いつでも三沢のプロレスが見られると納得しつつも、
在りし日の躍動を見ていると、
やはりそんなに簡単に亡くなったことが嘘のようで、
死の事実を信じたくない気持ちが膨れ上がっていった。

気の毒なのは斎藤だ。
自分を責めなくていい。深く考え過ぎるな。
これからも一生懸命プロレスを頑張って
ノアを支えていくことが最高の供養になるはず。




本当にまとまりのない文章になった。
三沢さん、こんな事態になってから
あなたについてあれこれ語るのは
失礼にあたると思います。お許しください。
ただ、「上に立つ者はこうあるべき」という点においては
あなたは私にとってまさに理想の人でした。

三沢がいた幸せ
プロレスがある喜び

三沢光晴さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2008年10月 9日 (木)

永田さん、あやしいブログを始める

天山とバスが衝突したとのこと。
・・・バスは大丈夫だったんでしょうか?

幸いにもバスの乗客は無事、天山本人も右肩打撲の軽傷ですんで
試合には差し支えないとのこと。よかったよかった。
我々も交通事故には気をつけないといけません。

主題について。
永田さんの日記はナガタロックのTOPICSから楽しめるわけですが、
新たに永田さんのブログが始まっています。
題して、「永田裕志のサンダーデスブログ」・・・サンダーデスktkr
どうやらパチンコパチスロ動画配信サイトとの連動みたいですね。

2008年8月 6日 (水)

マジックスクリュー

夏といえばGI。
GIに向けて、永田さんが練習を公開。
デイリーニッカンスポニチ



どこからツッコんで欲しいんだ、永田さん。

どうでもいいが、エアロビといえば
濱中のオカンを思い出してしまうトラウマ。

Yulyo8jm

2008年4月18日 (金)

5・2に永田さん復帰

Qmqedloo
昨日、永田さんの復帰戦についての発表がありました。
5・2、後楽園ホールに帰ってくるとのこと。
とりあえず、何事もなく無事に復帰できてよかったよかった。

ちなみに本日、新日の京都大会がありますが
なんと会場は蹴上の「ウェスティン都ホテル京都」!!
“プロレスディナーショー”という形態のようです。
無茶もほどほどにし(ry

当日券は15:00より発売ということらしいので、
興味ある方は冷やかしがてら覗いてみるのも一局でしょう。

2008年3月 1日 (土)

へなちょこプロレスに行ってきました

既報のとおり、2/23はへなちょこプロレス第17回大会に行ってきました。

以前から“ミスター6号”や“チンギス・力ーン”の名前は聞いていましたが
実はあっさりと聞き流していたのです。
ところが、今年の1/13に行われたDDT『NON-FIX 1・13』のレヴューを見て、
「これはすごい」と。
慌ててネットで動画を探すと、これがまた凄かった。
いてもたってもいられなくなり、へなちょこプロレスのウェブを見ると、
2/23にレギュラー大会があるという。これはもう行かなあかんなと。
そこでプロレスをこよなく愛するイトウちゃんを誘って
一路ナゴヤへと向かったわけです。

会場となる公武堂“タイガーホール”は、
地下鉄・矢場町駅からしばらく歩いたところ。
“タイガーホール”は Tiger Hall ではなく、
Tiger Hole だそうな。“虎の穴”かよorz
つまり、Hall = “会館”というようなたいそうなものではなく、
格闘技用品店の3階が“タイガーホール”なのだ。

公武堂の建物に到着してみたものの、3階への行き方がわからない。
とりあえず、1階の店舗に入って目が合った店員に
「今日、3階でやるプロレスの当日券が欲しいんだけど・・・」と
尋ねてみたところ、「えっ、今日ってプロレスありましたっけ?
明日はなんかやるみたいですけど」という寝ぼけた回答orz
ともかく3階に行く道筋を教えてもらって、会場に向かう。
3階のエレベーターが開いて、思わずひとこと「せまっ!!」
確かにこれは Hall でなく Hole だわorz
まだまだ何かと準備中で、レスラーも誰もがマスクなし(汗)
レスラーに「開場の時間にまた来てください」と言われて一旦外へ。
どうやら非常階段に会場への入り口を設けるようだ。

開場が17時なので17:15頃に公武堂に戻り、非常階段で受付をして会場へ。
先日にも書いたとおり、出場選手たちがリング上で最終調整をするなか、
ミスター6号はオレの足下に転がっていたw とにかくちっちゃい。
試合が始まる前に、先に4階のトイレへ用を足しておく。
トイレは選手控室の隣にあった。
その際、とある人物を発見・・・あれ? マンモス半田がいるやん。

3階に戻って当日のプログラムをもらうと、
第3試合でのレスラー名に「X」とある。見どころには、
「“X”はこの地元で絶大なる人気を誇る“M.H”が緊急参戦する。」
・・・_| ̄|○ もうまるわかりだよ。

17:30に照明が変わって、いよいよスタート。
当日の出場レスラーがリングに揃って挨拶するなか
「ちょっと待った〜!!」と一人の男が乱入。
日の丸ジャージ(レスリング日本代表のジャージらしい)を着ている。
その男は“佐倉プロレス(?)の鈴木けんご(研吾?)”と名乗り、
学生時代に“マッチョ・ひでみつ”から「かわいがり」を受けたとして
仕返しにきたのでマッチョとの試合を組めと要求。
当日のメインであるタイトル戦を控え、鈴木との試合を嫌がるマッチョ。
そこで突然、6号が「ぼくがやる〜」と立候補し、
力ーンも「じゃあ、俺が」と挙手。他のレスラーも「俺が」「俺が」となって、
マッチョの「じゃあ俺もやるよ」との挙手に「どうぞどうぞ」の上島ネタ。
しかし、各レスラーの「どうぞどうぞ」のタイミングがバラバラで大失敗orz
この一連のムーヴは全員でしっかり練習したほうがよいぞ。

以下、週プロばりに各試合を採点。

第0試合(エキシビジョン) マッチョ・ひでみつ vs 鈴木けんご

エキシビジョンマッチとしては秀逸な内容。
基本的なレスリング技から壮絶な張り手合戦まで楽しめた。
とりわけ、マッチョの張り手技「マッチョもみじ」の鈍い音と、
鈴木の体に鮮やかすぎるほどくっきりと残ったマッチョの手形は
演出として素晴らしい。最後はマッチョが鈴木をピンフォールして快勝。
マッチョ○−×鈴木
鈴木が退出するときの負け犬っぷりも良かった。
現場実況付きのプロレスははじめてだったが、いいもんですね。
【採点>>>>> 7.5】

第1試合 ロードどえりゃ〜ず vs ロッキー水谷&キャット岡本


“ロードどえりゃ〜ず”はヒール風のタッグチームで
“クレイジーどえりゃ〜”と“アニマルどえりゃ〜”のコンビ。
ロッキーはプロレスデビュー2戦目、体は細いがかなりの筋肉質だ。
キャットは柴田プロレスからの参戦で、
劇団四季の「CATS」に出ているかのようなメイクw
実況の“もりやん”は、なぜかキャットの話題になるたびに
「いいカラダだ」と絶賛指摘。
クレイジー○−×ロッキー
試合のほうは、タッグマッチのルールを結構遵守するなど、
ヒールとしてのロードどえりゃ〜ずのクリーンな試合展開に不満。
それと、もう少しロッキーを引き立てても良かったね。
「技が中途半端だ!! クックックッ(失笑)これは痛いぞ〜
中途半端な技は痛いんです」
のような、失笑交じりの実況に萌え。
【採点>>>>> 5.5】

第2試合 ブラックデビル vs チンギス・力ーン


“ドラ・スポルティオ”に抱きかかえられながら、
鎖に繋がれたブラックデビルが登場。ちょっとしたデジャヴに陥るが、
ああ、これは・・・バラクーダ&ウォーズマンの画だわw
ブラックデビルの凶暴さを示す演出だが、でもスタートの挨拶のときは
むっちゃ愛想良かったやんかw
試合は冒頭から体力差をいかして、ブラックデビルが暴れまくる。
力ーン(ちからーん)に殴る、蹴る、押さえ込んで噛み付く、などなど。
しかし一通り二通り大暴れすると、「さあブラックデビル、
もう出す技がなくなったか!!」という実況とともに力ーンが反撃開始。
あまりにも見事なヘッドシザーズホイップなど大技を連発し、
フィニッシュは体力差を跳ね除けて、しっかりとしたブレーンバスター。
ブラックデビル×−○力ーン
まともにブレーンバスターを喰らったブラックデビルに向かって、
「これは痛い!! 受け身ができていないぞ!!」と実況が絶叫w
いやすごいねえ、力ーン。1/13のDDTでもヘッドシザーズホイップから
ロープに飛んでのデジャヴという一連の流れを絶賛されていたけど、
本当に将来が有望ですね。
【採点>>>>> 7.5】

第3試合 クボタブラザーズ vs ゼビウス&マンモス半田


こちらは「スポルティーバ」からの提供試合。
はいはい、“X”はマンモス半田orz
マンモス半田といえば、一昨年5月の『マッスルハウス2』ですね。
「えーるえる、ぴーだぶりゅ!!」のときの。
自分をひっかける“どっきり”のあとに「知ってました」と居直るという、
プロレスラーとしてあるまじき言動は記憶に新しいところ。
“12ヶ月を英語で言ってみて”との問いに対する回答、
「ジューンブライド、ツーブライド、スリーブライド」
オレの一生のトラウマでもある。
3/1に同じ公武堂3階リングで自主興行『マンモス2』をやるということで
宣伝がてらの参戦でしょうね。
クボタブラザーズは「これぞヒール」という迫力があった。
リング入場のときには顔を隠していたのでわからなかったが、
リングに上がると同じ顔。双子だ!!
双子ならではの入れ替わり攻撃など、見せ場もよくわかっているし、
場外乱闘もマジだ。空気が引き締まるヒールっぷり。
二人がかりの技(サタンクロスの技みたいなの)も息がピッタリ。
ゼビウスは、思いっきり腹が出ているが、身のこなしは軽やか。
いかにも「バックグラウンドはルチャリブレです」という感じ。
ヒールっぷりを見せ付けたクボタブラザーズが快勝。
クボタブラザーズ○−×ゼビウス
兄弟のどちらがフォールを奪ったのかはわからずw
試合後にクボタブラザーズが『マンモス2』参戦に向けての
マイクパフォーマンスを行うも、不発。よく聞き取れないよorz
とはいえ、試合は面白かった。クボタブラザーズ買い。
ちなみにマンモスは見せ場なし。
【採点>>>>> 8】

第4試合 ミスター6号 vs 学級委員 青山くん


10分間の休憩を挟んで、いよいよミスター6号の登場。
青山くんの入場曲が流れるなかで
もりやんがミスター6号の入場を告げる大失態でスタート。
青山くんは“優等生キャラ”ということらしい、そうか、学級委員だもんなw
そして「残酷な天使のテーゼ」が流れて6号が入場。
試合はレスリングの基本を中心にクリーンに進みつつ、
時折青山くんが戸惑いながら6号を痛めつけるという展開。
バックの取り合いなどはなかなか見応えたっぷりで、
「さすが6号、基本ができているぞ!!」と実況の連呼。
腕十字、キーロックなどを混ぜながら、6号のマスクが脱げるムーヴも入れ、
その際に青山くんが逆向きにマスクをかぶせたために、
前が見えなくなった6号が救出に入った力ーンやレフリー(ジョーみちる)を
一本背負いで投げ飛ばしてしまう場面もあった。
最後は6号が青山くんを丸め込んで無事に試合終了。
ミスター6号○−×青山くん
正直、6号の対戦相手はドラ・スポルティオのような
ヒールキャラのほうが盛り上がるわね。
まあ、今回のは「正統派レスリング」を披露する目的だったんだろうけど。
試合後にリングを降りるときの青山くんの礼儀正しさに萌え。
【採点>>>>> 7】

第5試合 タイガーマスダ vs シュガー2号


6号のすぐあとはやりにくいだろうなあw
空中殺法を得意とするマスダに対し、パワーのシュガー2号という試合。
序盤はマスダの攻勢が続くも、中盤に逆転。
シュガー2号がジャイアントスイング(何回転したかは失念)を決めて
そこから一連のムーンサルトプレス誤爆ムーヴに。
それはそれでなかなか楽しい。
最後はムーンサルトプレスをマスダがきっちり決めた。
マスダ○−×シュガー2号
なんとなく盛り上がりに欠けた試合だったが、6号のすぐあとでは仕方なし。
マスクマン同士ではどちらの表情もわからないところもマイナス。
【採点>>>>> 6.5】

第6試合 HWP認定世界ヘビー級チャンピオンシップ
     ダイナマイト多分 vs マッチョ・ひでみつ


HWPとは Henachoko World Pro-wrestling でファイナル・アンサー?
もりやんが赤コーナーと青コーナーを間違うというgdgdでスタート
ダイナマイト多分(「だいなまいときっと」と読む)は
全く“ヘビー級”の体ではないが、
力ーン&6号の師匠というギミックのようでなかなかの実力者らしい。
マッチョのほうは名前のとおりだが、実はかなりの有名人のようだ。
リングインのときに、入場曲をお客さんにも一緒に歌ってもらうように
クロッキー帳に書いた歌詞を見せているのだけれど、
そんなに飛び跳ねながら見せても、全然読めないってorz
試合は見応えのある攻防の連続。
何回攻防が反転したかわからないほどの熱戦で
“チャンピオンシップ”に相応しい大満足の試合だった。
多分×−○マッチョ
HWP世界ヘビー級の防衛に多分が失敗、マッチョがベルトを奪取。
防衛戦の相手として、マッチョは「どインディー博士」DDTの飯伏を指名。
飯伏も「へなプロのマットに上がりたい」と言っていたので、
次回に実現するんでしょうね。
非常に密度の濃い試合で評価も高いです。
【採点>>>>> 8.5】

最後に「ゴー!ゴー!へなちょこ!!」でお開き。
全体の評価として、やはりすぐ目の前のリングで展開されることに
ものすごい迫力を感じました。観客数は70人くらいでしたが、
じっくり楽しむのにはちょうどいい人数かもしれません。
催す側の立場なら、もっとお客に入って欲しいところでしょうがねorz
そして、実況付きのプロレスというのも新鮮でよかったです。
力ーンと6号のお祖母さんらしき方も会場に来ておられ、
帰路に付くお客さんに丁寧にお礼の挨拶をされているのも印象的でした。

2008年2月19日 (火)

脳も頚椎も異常なし!?

大本営デイリーニッカンスポニチサンスポ放置

とりあえず最悪の事態は避けられたとのことで
本当に良かったです。敬礼!!
別の検査や複数の医師の診察を受けることで
無事を確認する流れのようです。

NJCに強行出場するとかの話も出てますが、
まずは養生しないと!!
これ以上中途半端な永田さんは見たくないので
万全を期した上での復帰をめざしてほしいと思います。

2008年2月18日 (月)

負けるな永田さん!!

大本営デイリーニッカンスポニチサンスポ放置

昨夜にメールで知りました。
日記更新もできないくらいショックでした。
ようやく気持ちが落ち着いたところです。

でも、ミスターIWGPは必ず帰ってきてくれるはず!!
病気なんか殺っちゃってください、永田さん!!
9lrjs04u

2008年1月 5日 (土)

永田さん、アングルに屈する

いっせーのーでっ
スペシャルローリングサンダーデスドライバー
スペシャルローリングサンダーデスドライバー
スペシャルローリングサンダーデスドライバー

・・・引き分け?


2008年1月4日

×永田さん   K.アングル○
      18分29秒
     アンクルロック


永田さん、 IWGP 3rdベルト争奪に失敗orz

“揚げずにからあげ”のように3回言うのはちょっと難しいSRTDD
あっさり受けきったアングルが1・4ドームを貫禄の勝利。
永田さんは善戦及ばずも、アングルから
「中邑より棚橋より、永田の方がテクニックもハートも上」
なる言葉を引き出せたのは、永田さんヲチャーとして喜ばしいこと。

ついでに行われたIWGPヘビー戦では、
真輔が棚橋を降して4年ぶりの奪冠。
個人的に棚橋より真輔のほうを肩入れしており、
今回のチャンピオン返り咲きを好意的に受け止めている。
会社としては、棚橋vs真輔のライバルストーリーを中心にして
興行を引っ張っていこうということなんでしょう。
そのなかでアングル一人、空気が読めなかっ(ry